« 会いたかった3  | トップページ | あなたとクリスマスイブ »

2011年3月17日 (木)

クラスメイト

words
video
 A1のレビューにもどります。
 スカひらの5人がステージ奥に引っ込むのと入れ替わりに4人現れ、しっとりと歌うバラッド。
 
 世の中は相変わらず騒然としていて、なんだか不安が世の中を覆っているけれど、まあ明日原発がぶっ飛ぶとしても、今日は今日の分のリンゴを植えなければならないわけで。

 昨日は休み(ホントは休みじゃなかったんだけど諸般の事情で)。
 給油したかったんだけど、スタンドは朝早くの開店前から長蛇の列。約2キロ。開店してませんから当然列は動きません。いつ開店するかもわかりません。

 長期戦を覚悟してiPadを見てました。最近手に入ったS1のDVD。
 初期のAKBが試行錯誤、手探りでできあがっていったのに対し、SKEはすでにある程度フォーマットができているところに乗っかっていった感が強い。だからステージも「すでに完成している」印象。というか、「完成させなければいけない」。だってどうしたって先行のスタンダード(A1とK1)と比べられちゃうもん。それにAKBと違って、SKEの場合は最初っからメディアに大きく取り上げられて、注目も大きかったし。Team Aなんてしばらくはコアなマニアしか知らなかったもんね。その分自由度も大きかったろう。

 そのせいか、フィナーレの「青空のそばにいて」で、松井Jをはじめ、メンバーが落涙。
 そりゃそうだよな、こんなちっちゃい女の子たちだもの。前評判もすごかったし、「パーティーが始まるよ」は、今やある種伝説のような公演になっちゃってるから、失敗できないってプレッシャーも並大抵じゃなかったろう。
 ここまでステージを作り上げたら泣いちゃうよなあ。
 その分アンコールは、やり遂げた!って喜びがはじけていた。

 と止まった車の中でウルウルしながらS1を見ているとパトカーが回ってきて「今日はスタンドは営業しませんから移動して下さい」だそうな。
 しかたない、持久戦を想定して車に乗るのは極力控えましょう。

 ということで通勤のため電動アシスト自転車を購入。自転車のあるスーパーは15時開店ということで、やはり長蛇の列。開店とともにみな食料品、トイレットペーパー売り場へ猛ダッシュ。自転車屋さんはのんびり営業してましたが、パンク修理の依頼がすごく増えてるらしい。
 電動アシスト自転車、どれにしようか迷っていたら、指原が宣伝しているらしいのを発見。よしこれにしよう、と思ったところ、店の人が「それちょっとバッテリーに難があって....」とのこと。これがさすがの指原クオリティーか? 
 と思ったところ、指原が別に特定のメーカーの自転車を押しているわけではなく、AKBが自転車協会の宣伝をしているということが判明。自転車買う時はBAAマークをチェックしましょう、だって。誤解してすまぬ指原。

 いいね、電動アシスト自転車。ずっと移動には車を使っていたから、この風を切る感覚は久しぶり。
 自転車全力でペダル漕ぎながら坂を登る…って、電動アシストつきだけどね。
 先行き不透明で不安になりがちな時期に、ちょっと楽しみが増えた個人的なできごと。

 そういや夕べは久々にテレビでバラエティーやってて、SKE出てましたね。これもまた、一粒のリンゴの種でしょう。
(あれ、大矢と高柳じゃん。もう一人誰だろ。見たことあるな)と心の中でつぶやいていたら、妻が「SKEだって。人数多すぎて全然わかんないねー」というので「う、うん、そうだね」と答えざるを得ませんでした。職場の引き出しに「バンザイVenus」の初回限定CDが2枚あるのは誰にも内緒です。

ps. 2011/04/11
 はい、3人目同定できました。小木曽でしたね。
 士別れて三週なれば刮目して相待すべし、ですかね。

 で、クラスメイト。

 歌い出しは中西里菜-sigh-。
 恋になる一歩手前、お互いに気になっているけど踏み出せない。ひょっとしたら、このまま何もはじまらずに終わってしまうかもしれない、淡くて切ない思春期の一齣。

夕暮れの通学路/自転車を押して
君と歩く坂道/影が伸びてる

 自転車に乗らず、わざわざ遠回りして、一緒にいられる時間を少しでも延ばそうとしているのに、もうすぐ日が暮れる。

 そういや中学の時に僕が好きだったサッちゃんが好きだったのは、僕の仲良しのヤマナカくんだった。二人は別につき合っていたわけじゃないんだけど、お互いに気になってたんだ。ヤマナカくんは転勤族の息子で、転校することになっちゃった。
 で、今日でお別れという日、サッちゃんとヤマナカくんは二人っきりでゆっくりゆっくり歩いて帰っていったっけ。自転車を押しながら。
 僕? 僕はそれをちょっと離れたところで見てた。

クラスメイト/目立たない人
だけど 私には特別

 「目立たないけど自分には特別な人」に対する思いは、後に男の子の立場から僕だけのvalueでも歌われることになる、大事なモチーフのひとつ。
 
 それにしても、この曲を聞くたび、中西の歌をもっと聴いていたかった思いに駆られてならないよ、りなてぃん。

« 会いたかった3  | トップページ | あなたとクリスマスイブ »

A1」カテゴリの記事

School days」カテゴリの記事

片思い」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480163/39261173

この記事へのトラックバック一覧です: クラスメイト:

« 会いたかった3  | トップページ | あなたとクリスマスイブ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ