« Bird2 | トップページ | Bird4 »

2011年9月 6日 (火)

Bird3

words
video


 前回はA3のコスチュームについて、その意味するところについて考えた。
 今回は、A3と同じセットリストであるN1について。


 N1、すなわちNMB48のメンバーによる「誰かのために」公演は2011年1月1日から開始された。
 この時点では彼女たちは研究生の身分のままだったようだ。正式にTeam Nの名乗りを上げるのは、同年の3月10日になってからであったという*1


 ユニットソングのメンバーが固定されていたのかどうかはわからないが、公式のDVDで見ることのできる「Bird」のメンバーは、トップが山本、向かって左の「白い鳥」が岸野、右の「黒い鳥」が木下とい
う構成になっている。


 歌については、うーん、ちょっとN1の3人には音域が低すぎたのかも知れないが、どのメンバーも声量が足りないようだ。それともNMBのシアターには妖精の粉が足りないのかな。
 もっともA3の篠田もちょっと粉が足りてなかった感じではあるよね。


 一方これは全体曲でもそうだったのだけれど、衣装やライティングなど、N1はA3よりもカッコいいと言わざるを得ない。
 A3の衣装がシンプルだったのに対し、N3では3人ともドルマン(肋骨服)風の装飾のついたヴェストを着ている。山本はその上からスワローテールのついたジャケットを羽織り、クロスのペンダントをしている。両手につけた黒のフィンガーレスグローブが、シャープな印象を強めている。


 「白い鳥」岸野は白いハットに白いロンググローブで、A3では中途半端だった「黒い鳥」との対称性をより際立たせている(ここまで白で揃えておいて、どういうわけかブーツは黒なのね)。

 
 山本を中心に左右に羽根を広げた姿が一幅の絵のように美しい。
 こんな感じ。
Birdn1


 ダンスやフリについても、N1はA3よかキレがいいかも。


 「Bird」のダンスで特徴的なのは、両手の指を胸の前で細かく震わせてから、手を前後に動かし、胸を開け閉めするようなフリなのだが、N1の3人はこれをとても際立たせて演じている。


 このフリ、勝手に大胸筋運動と呼んでいるのだが、これって鳥が羽ばたく動きなんですね。
 鳥は羽ばたくとき 強大な大胸筋(胸肉だね)を使って空気を下に叩きつけ、揚力を得る。
 それをシンボライズした、というか実際にこの動きをすると背中のギミックの羽根がパタパタと羽ばたく(ように見える)。


 このフリに限らず、広げた羽根を表す手の動きやターンなど、「シュッ」とか「キリッ」とか音が聞こえてきそうに動く。ライブで見たらきっともっとカッコよかったんだろうなあ。


 と、べた褒めのNMB版「Bird」なんだけど、トータルの印象でいうと、「歌の心」を含めてやっぱりA3に一日の長ありと言わざるを得ない。


 「Bird」は「許されない愛」に向かい合った女性の心の中の「白」と「黒」がせめぎ合い苦悩する歌である。
 同じ苦しみでも「思春期の恋の悩み」とは明らかに世界観を異にしている。


 2006年、この歌をセンターで歌い上げた高橋は、当時わずか15歳。しかしA1、A2の修羅場を乗り越えた経験からか、年齢以上の凄みをもってこの難しい世界観に対峙している。


 その高橋を、当時20歳の篠田と18歳の大島がしっかりと支えている。2人とも高橋より長身でステージのバランスもいい。
 特に「黒い鳥」大島は、可愛らしい顔で声もソフトなのだが、「黒」を引き立てる存在感がゆるぎない。あれだよね、このころ内緒で恋愛してたんだっけね、まいまいさんは。


 翻ってN1。初演当時17歳で、「Bird」初演時の高橋よりも年上であったトップの山本が時折見せる目の強さは特筆ものではある。しかし全体のバランスでいうと、彼女が強すぎる。
 後ろ2羽を従えて飛ぶ鳥、とでもいうか。でもこの「鳥」は飛べないんだってば。


 「白い鳥」岸野は初演当時16歳。
 「黒い鳥」木下にいたっては、当時13歳の小学生だった。
 もちろん小学生と言っても松井Jのような怪物もいるわけだし、木下の熱演は否定すべくもないのだが、当時の彼女に「許されない愛に引き裂かれた心の片がわ、しかも黒い方」を演じろ、というのは酷ってもんだろう。


 そういうテーマに向き合う前にさあ、後ろの2人には「ガラスのI LOVE YOU」とかを演らせてあげるべきだったんじゃないかなあ。


 とは言え、NMBの「Bird」がすごくカッコいいことは間違いない。SKEみたいにベスト30とかをNMBでやったら、きっと上位にくるんだろう。是非やってほしいなあ。


 話違全然うけどこの曲で「超絶カワイイ」ってコールしてる人って何なの?
 バカなの?
 死ぬの? 


 AX2011の「てもでも」で「みかちぃ」の名を呼ばずして「超絶カワイイゆきりん」とコールした人もな。あ、AXのことも書きたくなっちゃった。


« Bird2 | トップページ | Bird4 »

A3」カテゴリの記事

N1」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480163/41529759

この記事へのトラックバック一覧です: Bird3:

« Bird2 | トップページ | Bird4 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

無料ブログはココログ