« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月29日 (木)

ライダー2

words
video

 「ライダー」の記事を書いたのはたった半年(略。


 A1「PARTYがはじまるよ」から時系列に沿って曲を見聞きし、感じたこと考えたことを書く、というのがこのブログのそもそもの趣旨だったのに、どういうわけか先走りしてA3の「ライダー」について書いてしまった。


 この曲にまつわる「伝説」について、おそらく半年前の僕は書きたくて仕方なかったのだと思う。AKBというプロジェクトを知り始めたばかりの僕は、いろいろなことを誰かに話したかったのだ。どの分野でも初心者にはありがちな心根である。
 それでも歌詞を引用し、コメント一行だけにとどめたのは、大人の自制心というヤツ。今は書くべき時ではない、A3まで行ったらちゃんと調べて書こう、と。


 この半年、短い間ではあるが、「彼と彼女たち」のプロジェクトの「森」に分け入り、僕なりにいろいろな景色を眺めてきた。


 その結果知り得たことは、「伝説」について僕は何かを語るべきではない、ということだ。それを語るべき人はすでに語っている(もしくは語らないことを選んだ)。
 「ライダー」のエピソードについては、それで必要にして十分なのだ。僕が新たに書き加えるべきことは何もない。 
 それに気づくことができるくらいは、この半年で僕は「彼と彼女たち」と親しくなったと言っていいのかな?
 

 その代わり備忘録としていくつかのリンクを張ることにしよう。

AKB48黎明期を支えたファンの"夭逝" NMB48が歌い継ぐ「ライダー」誕生秘話

 関係者にきちんと取材をして書かれた記事(当たり前のことのようだが、そうでないことがはるかに多い)。「伝説」のサマリーとして。


本日のゲネプロについてのお知らせ

 A3のゲネプロについての公式のアナウンス。


・若くして逝きし友のこと
事実と物語、もしくはあの曲について
まだ公演を見ていないので

 「ライダー」氏の友人であったカギさんの当時の記事。


・ライダー
・ライダー2010
・ライダー2011

 プライヴェートで「ライダー」氏の親友だったという方のブログ。「ライダー」氏のご家族のコメントもある。


・悲しみを忘れず。
・そしてこの日がやって来る

 斯界の古参、◎◎みすと氏のエントリー。墓参の記事も。


 「伝説」は風化していくだけ、と思いきやNMBによる「誰かのために」公演によって甦った。「ライダー」氏とは縁もゆかりもない子たちが、みごとに新たな命を吹き込んだ。
 かくして「ライダー」は歌い継がれる。

NMB48のお気に入り

 大阪朝日新聞がNMBのメンバーを取り上げたコラム。
 NMBで「ライダー」を歌ったユニットのメンバーの一人、森彩華の回。


・AKB48劇場★あいにゃん(´`)★
・千秋楽 ** けいっち(っ・ω`*)っ☆
・にゃん×3★あいにゃん(´`)★

 「ライダー」を歌ったNMBのメンバー公式ブログ。こうやって眺めると賑やかなタイトルだよね。つーか、今はこっちがデフォか。
 ナンバの子たちがこの曲を大事にしていることがよくわかる。
 うん、いい子たちじゃん、みんな。と、おっさんはすぐにころっと行っちゃうんだよね。
 でも、実際の所毎年何百何千という歌がつくられ、消費され、消え去っていくいくなかで、こうやって新たな歌い手を得た歌のなんと幸せなことか。


卒業曲としてのライダー

 NMBの森が卒業にあたって「ライダー」を歌った。それについてのカギさんの記事。


 秋元康は、亡くなってしまった一人のファンのエピソードを「サヨナラも言わずに遠くに行ってしまっけど、いつまでも自分を支えてくれるトモダチ」の歌へと昇華させてステージにのせた。


 その歌は年月を経て、新たな歌い手と普遍性を得て僕らの前に現れた。


 A3のステージでは、ご存じの通り間奏でステージの明かりが消え、9名のメンバーが一列になって客席下手方向を見つめ、右手を左胸に当てるいわゆる「Hand on Heart」のポーズを取る。
 この歌で「ライダー」氏のエピソードを思い起こさせるのは、この場面だけだ。 

Ridera3


 N1でも間奏の時に横一列になるのだが、この時彼女たちはHand on Heartではなく、両手でマイクを握ったポーズだ。ステージもやや光量を落とす程度で、A3ほど暗くはない。

Ridern1

 そう、これでいいのだ。
 NMBの子たちは逝ってしまった人への哀悼の意を表す必要はない。
 彼女たちは今、現にここで自分たちを支えてくれている人たちへの愛情と感謝を表していればいいんだ。

手拍子している/君のその姿は
永遠の味方さ

 ナンバのステージを経て「ライダー」は、夢を追いかけ続けるみんなの味方になった。
 

 おまけ。
 ありし日の「ライダー」氏が写っているといわれる動画。確認は取れていない(どなたかご存じでしたら教えて下さい)。

2011年9月26日 (月)

蜃気楼3

words
video

「蜃気楼」が「禁じられた2人」の続編ではないか、という説について。
 前回は衣装や演出、つまり外見の面から見てみた。


 では、歌われている詞の世界、つまり内面はどうだろう。


 言うまでもなく、「禁2」は女性同士の恋愛とその悲しい結末(おそらく心中)を歌った曲である。「蜃気楼」はどうだろう。 

心 ゆらゆらゆら/揺れながら
あなたの前から消える
愛をごめんね/愛をごめんね

 別れを選んだのは、愛が失われたからではなく、愛ゆえ。
 「ゆらゆらゆら」と3回も繰り返す揺らぎは、別れを選んだ心の動揺だけでなく、幻のように消え去らざるを得ない自分のはかなさを表しているようでもある。


 2人が出会えて、一時だけでも結ばれたことに後悔はない。でも別れなければならなかった理由はわからない。
 ただ、「愛をごめんね」と言い残し、相手が好きだから、全てを捨てて旅に出る、というのだ。


 ここにはAKBのお別れの歌にありがちな「サヨナラはまた会う日までの云々」的な留保は、ここには一切ない。
 この2人はもう会えない。金輪際会えない。なぜなら、

ああ/今でも/好きだから
このまま/いなくなる/永遠に

 主人公は相手と離れるだけではなく、いなくなってしまうのだから。


 おいおい、永遠にいなくなるなんて、穏やかじゃないぞ。まるでこのまま死んでしまいそうな…。


 そう、「蜃気楼」のお別れは明示されていないものの、死出の旅立ちを思わせる。
 そうすると第1スタンザの

夜明けのホームは/何も書かれていない
手紙のようで

 誰もいない早朝のホームをたとえた「何も書かれていない手紙」というのは、書こうとして書けなかったお別れの手紙—遺書—を暗示しているようでもある。

 「禁2」は、2人で別の世界、つまり来世へ旅立つことで愛を成就させることを予感させた。
 「蜃気楼」は、愛するゆえに自分一人が幻のように消えてしまう姿を描いた。 
 いったい愛し合う2人の間にいったい何があったのだろう?


 「禁2」の2人を苦しめたのは、「女性同士」という、世間からはまだ受け入れられることの困難な愛の姿だった。 
 「蜃気楼」では、2人の性別は示されていない。でも2人は一緒にいられなくなってしまう何らかの障害にぶつかってしまった。それも主人公が一方的に消え去ってしまうしかない程の障害。
 それは同性同士、という理由だったせいかもしれない。
 または、異性愛であったとしても、たとえば清き身でなければならないドルイド教の巫女の身でありながら侵略者のローマ総督を愛してしまい、彼に裏切られながら彼とその恋人(自分の部下のしかも巫女!)の命を助けるために自らを殺すことを決めたのかもしれない(こう書くとものすごいこみ入った事情だな)。


 いずれにせよ自分を滅ぼすことによって愛を貫く、というあり方は、異性愛でも同性愛でも変わらない。


 どちらも愛ゆえの愚かしさであり、愚かしさゆえの美しさであったわけだ。


 というわけで、「蜃気楼」は「禁2」の続編かどうかはわからないけど、どちらも同じ愛のあり方を歌った哀しい曲だった、というのが結論です。


 「愛をごめんね」という、秋元康が四半世紀前に小泉今日子に託した愛のカタチは、今でも不変なのだなあ。これについては「ごめんね、SUMMER3」でも考えたテーマでしたね。

蜃気楼2

words
video

 うわあああ。やっちゃった。
 山田菜々を山田奈々って書いちゃった。
 菜っ葉ね。菜っ葉のナね。菜菜菜菜ー、菜菜菜菜ー 、菜ー菜ー菜-、ね。
 でもあれな、山田菜々でつべあさっても、歌ってる絵はほとんど落ちてないのな。ヴァラエティ番組ばっかなのな。菜菜菜菜ーって。大丈夫かい菜、この子たち。ちょっと心配。
 

 えー前回はN1の、というか山田(菜)の歌声にメロメロになってしまいました。
 ただね、ちょっとだけ気になったところもあるの。
 小姑みたいなんだけどさ。


 菜々さんはほら、とってもよくやって下すってるのよ。 
 だからあたしも安心して隠居してられるんですけどね、ほら、年寄りってつまんないことに気がつくでしょ、ね、だからそんなに気にしないで聞いてほしんだけどね、

愛のいじわる

 のところのフリ、ね、ちょっと違うんじゃないかしらね。

 A3の小嶋お姉様とか中西お姉様は、マイク持ってるのと反対の手の親指を立ててコブシを握って、お顔の横で手首をぐりぐりとさせながら、「いじわる」って歌ってらしたでしょ。あの「ぐりぐり」が「いじわる」って意味なの。
 ほら、ご覧あっさっせ。りなてぃん、うんと「いじわるな感じ」でしょ。

Ijiwaru

 そこのところね、菜々さんたち、ちょっとフリがいいかげん。
 あら、あたし今ちょっと言葉きつかったかしら。ごめんあっさっせ。
 フリがちょっと甘くて、きちんと「ぐりぐり」できてない感じなのね。そこがちょっと気になるの。


 ここってほら、特徴的な、いわば「キャラの立った」フリだから。
 AKBのお姉様方の曲って、一曲に最低一カ所はキャラ立ちした「フリ」があるのよ。秋元のおじさんがうるさいのよ、「印象に残るフリを最低ひとつは入れろ」って。だからね、今度から考えて貰ったらいいかなって…。
 細かいことごめんなさいね、年寄りの繰り言と思ってあきらめてね。


 って小芝居は置いといて。


 A3上演当時、「蜃気楼」はK2の「禁じられた2人」の続編ではないか、という説が囁かれたことがあったらしい。


 伝聞の伝聞でソースが確認できないんだけど、うーん、言われてみれば似たイメージのある曲だよね。この2つ。
 人気で言うと圧倒的に「禁2」なんだけど。
 前にもちょっと書いたけど、K2とA3って、構成が似ているところがあるよね。「Blue rose」に「Bird」が対応しているように、「禁2」には「蜃気楼」が対応している感じ。
 

 「禁2」と「蜃気楼」。どちらも2人だけによるデュエットのパフォーマンス。
 デュエット曲と言えば、A1に名曲「あなたとクリスマスイブ」があるんだけど、あれはキーボード弾き語りでちょっと違う印象。「禁2」「蜃気楼」みたく情感と緊張感をもって2人だけでステージを2人だけで支配するって感じじゃないね。


 この2つの曲を比べて、まず気づくのは見た目の共通点。


 「禁2」では「姉」と「妹」のパートがはっきりわかれており、衣装も異なっている。
 それに対し「蜃気楼」の2人は歌詞の上での役割分担はなく、衣装もほぼ同じものを着けているようだ。
 しかしよく見てみると、「禁2」も蜃気楼」も、要所要所で演じる2人があわせ鏡に写った像のような印象、つまり「鏡面対称」を作り出すように演出されていることがわかる。


 「禁2」では以前も書いたように、衣装こそ違え、フィンガーレスグローブやアームバンドといった装飾は共通で、かつそれぞれ左右反対の腕につけている。しかも肝心なフリではわざわざマイクを持ちかえることによって「鏡面対称」になるようにしていた。


 一方「蜃気楼」では2人の衣装はほぼ同じなのだが、装飾品はあえて左右反対につけるという工夫が見られる。
 A3の小嶋は帽子と腕飾りは左、足飾りは右につけ、マイクはほぼ右手。中西は小嶋と反対側に装飾品をつけている。

Miragea3

 N1の山田(菜)小笠原も同様で、装飾品は左右が逆になっており、さらにマイクを持たない方の手、山田(菜)は右手、小笠原は左手の人差し指に指輪をしている。

Miragen1_2

 こういう見た目の演出の類似点も、「蜃気楼」が「禁2」の続編じゃないのかしら、という説の源泉だったのかもね。
 

 じゃ、詞の世界は?

2011年9月24日 (土)

蜃気楼

words
video


 秘かにお気づきの人もおいでになるかもしれないけれど、僕のTeam Aに関する評価には少なからぬバイアスがかかっている。
 だから他のTeamがAオリジナルのセットリストを演っているときの採点は少々辛めになっている。


 だってしょうがないじゃない。僕にとって彼女たちは「最初」で「特別」なんだから。


 駄菓子菓子。おっとだがしかし。


 ことこの曲に関して言うならば、A3よりもN1のパフォーマンスに軍配を上げざるを得ない。
 A3の6曲目。デュエットの「蜃気楼」。


 もちろんA1オリジナルの小嶋中西は魅力的だ。でもそれを凌駕するものがN1にはあった。
 有り体に言うと、 N1で小嶋パートを演じている山田菜々の歌声にしびれたというわけだ。


 N1はDVDは出ているものの、スタジオレコーディングのCDは出ていない。
 NMBヲタの熱狂ぶりをみると需要はあると思うんだけどなあ。権利問題があるのかしら。


 だから仕方なくDVDからサウンドをリップしてmp3にして聴いている。ここ数日の間、何度も何度も、繰り返し繰り返し。だから現時点で、僕にとっての「蜃気楼」はすっかり小笠原・山田(菜)の曲になってしまった。
 ぱるさん、りなてぃん、ごめんなさい。って言うか、ごめんなさい。


 NMBの映像とか音声は、なかなかネット上に落ちてはいない。つい先日、不祥事続きのNMBに立ちこめる暗雲を吹き飛ばすとて、アカバン覚悟でN1全曲をアップしたカミカゼ野郎がいたが… あえなく予定通りバンされました

 
 ウィスパーボイスと言っていいのだろう。
 ここでジェーン・バーキンとかフランソワーズ・アルディーを引き合いに出してしまっては山田(菜)を持ち上げすぎなのはわかっている。


 でも彼女の歌声を聴いて思い浮かんだのが実際バーキンや「私のフランソワーズ」のあのささやき声だったのだから仕方ない。

ああ/あなたが/好きだから
私は/すべて捨て/旅に出る

 下線は山田(菜)のパートであるが、特に「捨て」の「て」の囁くような、おののくような、ふるえるようなはかなさは尋常じゃない。

窓にゆらゆらゆら/蜃気楼
過ぎゆく時は 幻/夢を見られてよかったわ

 そう、「蜃気楼」という文字通り幻のような愛の歌には、山田(菜)の声がまことに似つかわしい。

2011年9月22日 (木)

投げキッスで撃ち落とせ!3

words
video
 
 この間はTeam 4のみなさんに、ついとても乱暴な口をきいてしまいました。
 会ったこともないお嬢さんたちを捕まえて、「お前ら」とか「小娘ども」とか。
 ごめんなさいです。


 ところでTeam 4の公演決定おめでとうございます。名作「僕の太陽」。
 大場は初日に間に合いませんが、刻苦勉励粉骨砕身臥薪嘗胆で備えてくださいね。


 じゃんけん大会、楽しかったです。でも河西をにらみ付ける大場の姿を見たかったな。


 ずいぶん寄り道をしてしまいましたが、「投げキッス…」についてもう少しだけ。


 「投げキッスで撃ち落とせ!」が、フィンガー5という1970年代前半に一世を風靡したアイドルグループの「本歌取り」であるという妄想を前に述べた。


 この「本歌取り」、一般には「オマージュ」とか「リスペクト」いう言葉を用いることが多い。「オマージュ」とは元来は騎士が忠節を誓う儀式の事だし、「リスペクト」は文字通り「尊敬」。
 いずれにしてもその行為の根底には敬意がこめられている。


 秋元が敬意を抱いた相手。


 もちろん、それが記録的なヒットを飛ばしたフィンガー5に対しての敬意であることは間違いないのだが、これらの曲の歌詞を書いた作詞家は誰かと見れば。


 そう、日本レコード大賞受賞5回、日本レコード大賞作詞賞受傷7回、日本作詞大賞受賞8回、贈従四位旭日小綬章深田公之、筆名を阿久悠。
 2007年8月に他界するまで、阿久悠は文字通り「作詞の神様」だった。


 放送作家を経て作詞家となり、アイドルから演歌歌手まで幅広く詞を提供してきたというキャリアは、秋元とよく似ている。


 でも受賞歴について言えば、秋元は阿久の足下にも及ばない。トータルのシングル売り上げも今のところは阿久悠が勝っている。

 作詞以外、小説家としても評価された。「瀬戸内少年野球団」は直木賞候補で映画化されてヒットした。推理小説も書いて、こちらは横溝賞を受賞してる。「さらば、メルセデス」秋元も小説を書いてはいるのだが、実績はちょっと残念。


 アイドル発掘のオーディション番組を企画し、当時の業界の地図を塗り替えたのもこの人。秋元もこの分野ではガンバってるよね。


 晩年は「歌謡曲」の衰退や秋元ら若手の台頭のせいもあってか作詞からやや遠ざかっていたけど、亡くなった時は大きな衝撃だった。いくつもの追悼番組が流され、勲章が贈られ、故人を主人公としたドラマも作られた。


 秋元康も阿久悠についてNHKの番組で語っている。番組の導入部は秋葉原を歩く秋元康。撮影もほとんどAKB劇場で、当時の公演の様子が(阿久悠とは関係ないのに)挿入されている。


 これ多分あれだね、秋元さんとこに局からオファーが来た時、「阿久先生について語るのはいいけど、その代わりAKBの話もさせてね。で、ちょっと絵も流してね。あとインタヴューはシアターでやってね」くらいの交渉をしたんだろう。どんな機会を捉えてでもAKBを世に送り出そうと必死だった秋元康の執念がうかがわれる(でもこの年は紅白出らんなかったんだよね。大晦日の夜オカロが渋谷のNHK放送センターに行って、翌年のリベンジを誓った年)。

 
 「投げキッス…」が書かれたころ阿久悠は存命ではあったが、秋元にとって阿久は尊敬すべき/超えるべき/打ち倒すべき先達であったのは間違いない。

投げキッスで撃ち落とせ!/空飛ぶハートを

 の中に、阿久悠のあまたある代表作のひとつ

弓をきりきり心臓めがけ/逃さないパッと狙い撃ち

 の匂いを感じることができる。


 阿久悠の影響はそれにとどまらず、「せんせい」「個人授業」に比して秋元の「およしになってねTEACHER」「DMT」を論じることだって出来そうだ。


 ということで妄想の展開オワリ。
 秋元先生、早くレコード大賞とってよね。


 たかみなが言ってたよ。秋元先生のために獲りたいって。

チャンスの順番2

words 
video


 「チャンスの順番」の記事を書いたのは、たった半年前だったんだ。あのころは前田と篠田と大島(優)と高橋くらいっきゃ知らなかったんだよな。


 あれから半年。
 残り少ない海馬の神経細胞のキャパシティをAKB関連に大盤振る舞いですよ。
 人の顔と名前が一致しないでおなじみの僕が、いったい何人の顔を憶えちゃったんだ?
 島田島崎を除く現役全部と、ひまわり1stまでの歴代(上村を除く)メンバー、SとKIIも数名、NはBird組と山田が個体識別できるようになっちゃった。
 

 どうかしてるよね。


 それはさておき。
 第2回じゃんけん大会。


 たまたま、後ろのスケジュールが空いた。
 で、ちょっと試しに映画館の座席表見たら、空いてた。
 そりゃまあ、ポチっとなだわな。大スクリーンの一番前の席だけどな。


 18時ぎりぎりに入館。ほどなく中継開始。


 いきなり「ジャストミート」福澤が煽りはじめる。でもなぜ彼が「ジャストミート」を自称しているのかを記憶している層って少数派だよなあ。


 ソファにかなり深くすわり、仰ぎ見るような姿勢。最初福澤の顔形が歪んでいたが、みているうちに自然に見えてくる。人間のプロセッサにはデフォルトで台形補正がビルトインされているんだね。


 オープニングアクト、舞台下から内田が現れ、ソロで「チャン順」を歌う。

チャンスの順番/次は君に来る
どんなに負けてても/今度は勝ちに行こう

 やっぱりここのところで涙腺がゆるむ。
 字幕には「どんなに負けても」と出ていたが違う。ここは「負けてても」だ。
 一度や二度の負けではないのだ。ちょっとやそっとの負けではないのだ。
 それでも、今日は勝ちに行こう。運の力を出し切って。

 
 この一曲を聞けただけで、ここに来てよかったと思った。HD撮影大スクリーン投影最前列視聴内田皮膚コンディション詳細判明だったし。 


 出てくるメンバーの表情はみな晴れやかだった。島田と島崎の区別はつかなかったが。もう誰が勝っても誰が負けてもいいや。
 

 そろそろ出なければならない時間が近づき、それでもあとひと試合、もうひと試合(まあ試合って言ってもじゃんけんなんだけどね)と見続け、ついに登場したのは真紅のロングドレスの小嶋とBirdの高橋。


 ぱるさん鮮やかな勝利。
 

 センターどころか選抜も決まっていないのに不思議な満足感とともに映画館を出る。
 ああ、ぱるさんがいるのだから大丈夫だ。
 この子たちがいれば大丈夫だ。


 あとはどうやって島田と島崎を見分けるかだけだ。

2011年9月16日 (金)

黄金センター

words
video

センター 行くぜー!!

 オオバ。
 オオバカヤロウ。
 センター行くんだろ。
 みんな待ってるんだぜ。

 
 オオバ。
 鋭い眼光と赤子の微笑みを併せ持ち、
 キャプテンの称号を剥ぎ取られた躾のなってないキャプテン。
 

 Team 4の悪ガキどもよ。
 小娘どもよ。
 

 お前らのキャプテンは
 最初のオーディションを落ち
 二度目のオーディションをまた落ち
 崖っぷちの三度目の正直で蘇った
 踏んでも蹴飛ばされても蘇る
 ヤツしかいないだろ。


 Team 4よ。
 オリジナルのセトリを貰えない継子たちよ。


 センパイたちが、渋谷で、お台場で、赤坂で、汐留で、六本木で、
 (あと虎ノ門でもね)、
 オシャレな予定調和と薄い哄笑を売っている時、
 秋葉原の狭苦しいステージでぐだぐだのMCと汗水を流している
 お前らよ。


 お前らが本当のAKBだ。


 だって謎の女がそう言ってたもの。
 誰よりもずっと強いグループが、秋葉原と呼ばれる街にいるって。


 それがAKBだ。
 それがお前らだ。


 オオバと「10粒の種」よ。
 高らかにTeamの名を歌うことを許されない丁稚どもよ。


 あどけないフリをして、ナイフを隠し持て。
 運営の地図なんかあてにするな。
 血を、鮮血を流した後にもっと強くなれ。


 いつの日か、
 スポットライトが一番似合うのは、お前らだ。
 ミュージックビデオにいっぱい写るのは、お前らだ。
 生写真トレード、一番人気は、当然お前らだ。

目指せ! センター

 センパイを引きずり下ろし、
 仲間を蹴落とし、
 いつの日か立ち位置0に立つのは、お前らだ。


 AKBとはお前らのことだ。


 さあこれから忙しくなる。
 年頃の女の子なら
 恋のひとつもしてみたいだろうが
 生憎そんな暇もなくなるだろう。


 みんな待ってるぜ。

2011年9月13日 (火)

投げキッスで撃ち落とせ!2

words
video

妄想の話の続き。


 「投げキッス…」の歌い出しを聞くと、曲調から秋元康を含むアラウンド&オーバーフィフティーのみなさんはもれなくフィンガー5の「恋のダイヤル6700」を思い出す、というのが前回の妄想。


 作曲は岡田実音さん。「DMT」、「すかヒラ」、「涙の湘南」等初期のAKBのキラーチューンを書いてる人。その後も「初日」「パジャマドライブ」「夕陽」といった名曲や、最近では「炎上路線」をものしている。


 で、この曲と「恋のダイヤル…」との関係。パクリなんて野暮なことをいうつもりはありません。こういうのは日本文芸の伝統、「本歌取り」と呼ぶべき。


 このメロディを聴いて「恋のダイヤル」やフィンガー5を思い出すことによって、「投げキッス…」の世界観にも奥行きがでるってもんです。


 本歌取りは、ただメロディをなぞるだけではいけません。
 藤原定家のいわく「本歌取り侍るやうは、(中略)春の歌をば秋・冬などによみかへ、恋の歌をば雑や季の歌などにて、しかもその歌を取れるよと聞こゆるやうによみなすべきにて候ふ」。


 すなわち「ちゃんとアレンジ(よみかえ)を加えておいて、かつ元ネタのリスペクト(その歌をとれるよと聞こゆる)を忘れずに」というのが本歌取りのマナー&テクニックというわけ。


 で、「投げキッス…」を聞いてみる。
 確かにメロディは「その歌をとれるよと聞こゆ」。

 でも詞の世界は?

 比べてみると二つの歌は、「学校を舞台にした恋愛話」という基盤は相通じるものの、内容はずいぶん異なっている。「恋のダイヤル…」が描くのは卒業式前日の男の子の葛藤。


 じゃあ本歌取りっていうのは弱いんじゃない? と言いたいところだけれど、実はもうひとつ仕掛けがある。


 「投げキッス…」の歌詞をもう一度見てみよう。

学校中の女の子が/狙っているの
上級生も下級生も/クラスメイトも
目の色が違う/みんながライバル イエーイ!

 この歌詞を読むと、アラウンド&(略 が思い出すのはこの

あいつもこいつもあの席を/ただひとつ狙っているんだよ
このクラスで一番の美人の隣を
ああー みんなライバルさ/ああー いのちがけだよ

 そう。やはりフィンガー5の3枚目のミリオンセラー、後に「なんてったってアイドル」コイズミをはじめ、たくさんのアーティストによってカバーされ愛され続けている「学園天国」。


 ね。よく似たシチュエーションでしょ。


 しかも歌の後半、「投げキッス…」では、

そんな人気者/一人いるだけでも
退屈な学校が/バラ色天国

 と言い、学園天国」では

ああーあの横顔を/ああー見つめられたら
授業中天国だよ

と歌う。


 ねね。とってもよく似た世界でしょ。


 元歌の「学園天国」は「たくさんのライバルの中で、女の子を狙っている男の子の歌」だった。
 これに対し、本歌取りの定跡通りアレンジを加え、「たくさんのライバルの中で、男の子を狙っている女の子の歌」にしたのが「投げキッス…」。


 つまり秋元御大は、「投げキッス…」のメロディで「恋のダイヤル…」を、詞で「学園天国」をなぞって見せた。
 つまるところ、御大は「投げキッス…」という曲によってフィンガー5という1970年代に一世を風靡したアイドルグループそのものを「本歌取り」したんじゃないかなあ、というのが僕の妄想。


 え? そんなの偶然かもって?


 じゃあこれはどうだろう。

放課後にはアメフト部が/練習をしてる
スタンドには ファンクラブが/大集合で
タックルする度/黄色い歓声 イエーイ

 「投げキッス…」の第2スタンザ。
 どうやらお目当ての彼はアメフトの選手のようです。


 フィンガー5は「個人授業」「恋のダイヤル6700」「学園天国」の3作の印象が強烈なんだけど、もちろんその後も曲を発表している。「学園天国」の次のシングルは、「恋のアメリカン・フットボール」。あんまし売れなかったけど。


 歌詞はこんな感じ。

あの娘がみている スタンドをちらちらみてたら
猛烈タックルくらった もうこの世は終わりさ

 「投げキッス…」では、女の子が「スタンド」から「タックル」を見てた。で、「恋のアメリカン・フットボール」では、男の子が「スタンド」の女の子を見てたら「タックル」をくらった。これぞ視点の変換。


 ね。見事なアレンジの本歌取りじゃない?
 ここまで偶然ってことはないでしょ。


 これなら定家も合格点くれるんじゃないかな。


 妄想はさらに発展します。

投げキッスで撃ち落とせ!

words
video


 あっちゃんどーん!


 やっぱアイドルこう来なくっちゃだわ!!


 いや、
 その4まで語ってしまうくらいですから、もちろん「Bird」は好きですよ。
 でもさあ重苦しさはイナメないわけですよ。曲が終わってうわーっと言うのではなく、ふうーって感じ。


 で、投げキッスがそういう空気ををばーんと吹き飛ばすわけ。これぞ構成の妙。

学校中の女の子が/狙っているの
上級生も下級生も/クラスメイトも
目の色が違う/みんながライバル イエーイ!

 どうですかこの「イエーイ!」。
 これぞアイドル。
 

 歌の内容はたわいもないんです。女の子が投げキッスでアメフト部のモテモテの男の子をゲットするぞ!っておハナシ。


 ここまでの4曲がくせ者ぞろいだったから、NMBのみなさんもやっと伸び伸び歌えた感じ。


 というわけで、いつどこで聞いても楽しい曲でした。
 おしまい。

--

 ここから先は妄想(ってか妄想ばっかなんだけどさ)。


 この曲を聞くと、アラウンド&オーヴァーフィフティーの人ならば高確率で思い出す歌がある。
 「投げキッス」の歌い出しは、「La La La La・・・」なんだけど、それは「リンリンリリンリンリンリリンリン」ではじまる。


 そう、「恋のダイヤル6700」。歌ったのはフィンガー5。沖縄出身の5人兄弟。
 実際に聞くかい?


 フィンガー5が大ブレイクしたのは1973年。デビューシングルはあまり流行らなかったけど、2枚目の「個人授業」がヒット。男の子の女教師に対する禁じられた恋愛感情を歌った曲は、一部の「良識ある大人」の顰蹙を買いながらミリオンセラーとなった。
 

 「先生に恋をする」っていうのに、ちょっと不道徳っぽい匂いを感じ取ったんだろうね、小学生だった僕は大人の前でこの歌を聴くのが少しはばかられるような感じがした。でも30数年経った今でも、第1スタンザだったら全く歌詞を見ずに歌うことができる。
 当時の「ミリオンセラー」というのはそういうモノだった。


 この年、テレビをつけるとかなりの高確率で彼らに出会った。


 リーダーで長男のカズオは、1955年生まれで当時18歳。
 同じ年、大学受験を控えた秋元康少年、1956年生まれで御年17歳は、受験勉強の片手間に書いた原稿をラジオ深夜放送に送った。
 才気溢れるその原稿は放送作家の目にとまり、「天才」秋元康の伝説が始まる。


 そんな時代、一世を風靡した彼らの活躍を、大学受験と業界活動の狭間で屈託をもてあましていた秋元少年は、どんな気持ちで見ていたのだろう。


 つづく。

2011年9月10日 (土)

Bird4

words
video
 やっぱ「超絶カワイイ」コールには反対論があって、曲の雰囲気をぶちこわすとか、ユニゾンで歌ってるときに誰に向かってコールしてんだゴルアという非難の声があった。ったりまえだよな。


 その中で「超絶というほどカワイイわけではない子に『超絶カワイイ』とコールするのはいかがなものか」という、至極正論なのだが論旨がどこか明後日に向かって羽ばたいている意見があってワロタセブン。


 いわく「若干カワイイ 萌乃」。


 いやいやいや、僕、仁藤に含むものは一切ないですよ。
 好きですよ萌乃さん。対角線しびれてますよ。
 多少漢字読めないのもいかしてます。だから握手会でパンチしないでね(←行かないけど)。


 「Bird」のはなし。よしなしごとを思いつくままに。

--

 この曲は、2008年のAXでは9位に選ばれたのだが、翌2009年には、前年上位だった曲が軒並み順位を落とす中、4位と、むしろ順位を上げている。この年のAXは「初日」がシングル曲を押さえて1位になったことが象徴するように、ヲタの愛する曲が上位にランクされる誠に初期のAKBらしいイベントであった。


 4位ということもあり、この時の「Bird」はフルコーラス歌われた。高橋の表現はA3のころより深くなっているようにも見える。歌の心に年齢が追いついて来たということかもしれない。


 この時篠田は白いグローブをつけているが、ハットは黒のままなのね。
 これあれかな、篠田のセンスが白のハットを許さなかったってことなのかもね。うん。正直に言うと、B1の岸野の白いハット、ちょいブスかも。

 AX20102011でも順位は下げたものの、「Bird」は選ばれ続けている。2012(はAXじゃなくなったんだね)でも是非見てみたい曲のひとつ。


--

 「Bird」って言えば、後半の「マイクスタンド足がらめ」が見せ場の一つ。右足を鳥が枝にとまるところを模しているのだと思うのだが、あれって結構はっとする動きだよね。ちょっとポールダンスのニュアンスもあって。


 で、A3の高橋。後ろの2人に比べて遙かにオーバーアクション。
 スタンドに足を絡める直前の様子はこんな感じ。

A3bird1

 ずいぶん足を振り上げてるなあ、過剰高橋。横綱土俵入りかと思ったぞ。


 ちなみにN1山本の足のあげ方はこれくらい。

Dvd_screensnapz003

 まあお上品。ここからすっとマイクスタンドに足を絡める。 
 で、キメのポーズ、歌舞伎で言えば見得を切る瞬間がこんな感じ。

N1bird2_2


 うん、カッコイイ。


 山本って人がNMBのリーダーで、一番スポットを当てられているのは知っていたが、正直なんでだろうと思ってました。そんなべっぴんさんってわけじゃないし。
 でもこういう一コマを見ると、確かに「絵になる人」なんだなあ、とは思う。


 こういうキャッチーなアクションがひとつあると、曲全体がすごく印象に残るよね。
 K2の「Blue rose」のマイクスタンドキックみたいなもんだね。


 「Blue rose」って言えば、「Bird」と「Blue rose」って共通点が多い気がする。
 公演では自己紹介あけの少人数のユニット曲であること、AKBにしてはややハードなロック調なこと、スタンドマイクを使ってのパフォーマンスなことなど。


 そんな目で両方のセットリストを眺めると、順序がアレだけど「雨の動物園」はこれから眺める「投げキッス」に相当し、「禁2」は「蜃気楼」なのかねえと思ったり。
 でどちらのセトリも要所要所にヨシマサtuneがちりばめられシングルカットを狙っている、と。


 このころのセットリスト構成の王道だったわけだ。

--
 
 最後に「鳥」が「Bird」を歌っている珍しい風景

 
 SKE48 2011年愛知県芸術劇場大ホール第1公演から。
 コスチュームはA3を踏襲している。でもちょっと高柳の羽根がちっちゃくない?
 大胸筋運動は鳥だけあって激しい。激しく羽ばたいて飛んじゃ困るから羽根がちっちゃかったのかしら。
 それにしても高柳、KII1「会いたかった」のころに比べると、すっごくいろんな表情が出るようになっててびっくり。


 怒ったような、すがるような、懇願するような、恨むような、挑発するような、哀しみに浸るような、自暴自棄のような、刹那の喜びに身を委ねるような、愛おしむような、憧れるような…。


 この人ひょっとして燕雀にあらずして鴻鵠

2011年9月 6日 (火)

Bird3

words
video


 前回はA3のコスチュームについて、その意味するところについて考えた。
 今回は、A3と同じセットリストであるN1について。


 N1、すなわちNMB48のメンバーによる「誰かのために」公演は2011年1月1日から開始された。
 この時点では彼女たちは研究生の身分のままだったようだ。正式にTeam Nの名乗りを上げるのは、同年の3月10日になってからであったという*1


 ユニットソングのメンバーが固定されていたのかどうかはわからないが、公式のDVDで見ることのできる「Bird」のメンバーは、トップが山本、向かって左の「白い鳥」が岸野、右の「黒い鳥」が木下とい
う構成になっている。


 歌については、うーん、ちょっとN1の3人には音域が低すぎたのかも知れないが、どのメンバーも声量が足りないようだ。それともNMBのシアターには妖精の粉が足りないのかな。
 もっともA3の篠田もちょっと粉が足りてなかった感じではあるよね。


 一方これは全体曲でもそうだったのだけれど、衣装やライティングなど、N1はA3よりもカッコいいと言わざるを得ない。
 A3の衣装がシンプルだったのに対し、N3では3人ともドルマン(肋骨服)風の装飾のついたヴェストを着ている。山本はその上からスワローテールのついたジャケットを羽織り、クロスのペンダントをしている。両手につけた黒のフィンガーレスグローブが、シャープな印象を強めている。


 「白い鳥」岸野は白いハットに白いロンググローブで、A3では中途半端だった「黒い鳥」との対称性をより際立たせている(ここまで白で揃えておいて、どういうわけかブーツは黒なのね)。

 
 山本を中心に左右に羽根を広げた姿が一幅の絵のように美しい。
 こんな感じ。
Birdn1


 ダンスやフリについても、N1はA3よかキレがいいかも。


 「Bird」のダンスで特徴的なのは、両手の指を胸の前で細かく震わせてから、手を前後に動かし、胸を開け閉めするようなフリなのだが、N1の3人はこれをとても際立たせて演じている。


 このフリ、勝手に大胸筋運動と呼んでいるのだが、これって鳥が羽ばたく動きなんですね。
 鳥は羽ばたくとき 強大な大胸筋(胸肉だね)を使って空気を下に叩きつけ、揚力を得る。
 それをシンボライズした、というか実際にこの動きをすると背中のギミックの羽根がパタパタと羽ばたく(ように見える)。


 このフリに限らず、広げた羽根を表す手の動きやターンなど、「シュッ」とか「キリッ」とか音が聞こえてきそうに動く。ライブで見たらきっともっとカッコよかったんだろうなあ。


 と、べた褒めのNMB版「Bird」なんだけど、トータルの印象でいうと、「歌の心」を含めてやっぱりA3に一日の長ありと言わざるを得ない。


 「Bird」は「許されない愛」に向かい合った女性の心の中の「白」と「黒」がせめぎ合い苦悩する歌である。
 同じ苦しみでも「思春期の恋の悩み」とは明らかに世界観を異にしている。


 2006年、この歌をセンターで歌い上げた高橋は、当時わずか15歳。しかしA1、A2の修羅場を乗り越えた経験からか、年齢以上の凄みをもってこの難しい世界観に対峙している。


 その高橋を、当時20歳の篠田と18歳の大島がしっかりと支えている。2人とも高橋より長身でステージのバランスもいい。
 特に「黒い鳥」大島は、可愛らしい顔で声もソフトなのだが、「黒」を引き立てる存在感がゆるぎない。あれだよね、このころ内緒で恋愛してたんだっけね、まいまいさんは。


 翻ってN1。初演当時17歳で、「Bird」初演時の高橋よりも年上であったトップの山本が時折見せる目の強さは特筆ものではある。しかし全体のバランスでいうと、彼女が強すぎる。
 後ろ2羽を従えて飛ぶ鳥、とでもいうか。でもこの「鳥」は飛べないんだってば。


 「白い鳥」岸野は初演当時16歳。
 「黒い鳥」木下にいたっては、当時13歳の小学生だった。
 もちろん小学生と言っても松井Jのような怪物もいるわけだし、木下の熱演は否定すべくもないのだが、当時の彼女に「許されない愛に引き裂かれた心の片がわ、しかも黒い方」を演じろ、というのは酷ってもんだろう。


 そういうテーマに向き合う前にさあ、後ろの2人には「ガラスのI LOVE YOU」とかを演らせてあげるべきだったんじゃないかなあ。


 とは言え、NMBの「Bird」がすごくカッコいいことは間違いない。SKEみたいにベスト30とかをNMBでやったら、きっと上位にくるんだろう。是非やってほしいなあ。


 話違全然うけどこの曲で「超絶カワイイ」ってコールしてる人って何なの?
 バカなの?
 死ぬの? 


 AX2011の「てもでも」で「みかちぃ」の名を呼ばずして「超絶カワイイゆきりん」とコールした人もな。あ、AXのことも書きたくなっちゃった。


2011年9月 5日 (月)

Bird2

words
video


 A3最初のユニットソングを歌うのは、高橋、篠田、大島の3人。しかし限りなく高橋のソロに近い曲。
 A2で言ったら「渚のCHRRY」。しかしあそこまで露骨ではない。


 A2の特徴だった格差志向は野心的であったがゆえに、メンバーに傷を残してしまった。それを考慮したかどうかはわからないが、「Bird」では第2スタンザでバックの2人にもソロのパートがわずかに与えられている。
 もっとも公演以外のコンサートで第2スタンザが歌われることはほとんど無く、実質ソロという演出となる。


 余談だが「本当の」ソロ曲は、大島(優)よってK3ではじめて演じられることになる。
 こんなことを書くと、ずいぶんフライングになってしまうけれど、あれを見て思ったのは、「実質」ソロと「本当の」ソロとは、全く違う、ということ。
 そしてそれをAKBでいちばん最初にやって、誰にも何も言わせないくらい圧倒的にやりとげることができたのは、大島(優)しかいなかったろう、とういこと。


 ということで、後ろで2人に支えてもらいながら高橋による「実質」単独飛行の「Bird」。


 ステージ上向かって左、右肩に白い片羽根を生やした篠田。
 細かなチェック柄の袖無しブラウス。縁には白い鳥の羽根。スカートはやはり白い羽根。
 左手上腕にも白い羽根飾り。右手には黒のフィンガーレスグローブ。
 ブーツも白だが、トップの編み上げの部分は黒。頭には黒のハットを被っている。
 イメージは「白い鳥」。


 向かって右には大島。左肩に黒い片羽根。
 ブラウスの柄は篠田と同じだが、縁取りは黒羽根。スカートも黒。
 黒のフィンガーレスグローブは左腕で、右手上腕に黒の羽根飾り。腕の装飾は篠田とは対称になるようにアレンジされている。「禁じられた2人」と同じ構成。
 ブーツは黒でトップは白。ハットは当然黒。
 「黒い鳥」。


 センターの高橋。両肩に白い羽根。
 スワローテールのついたシルクサテン風のロングスリーブのジャケットは純白だが、胸元には黒のインナーが垣間見えている。
 両手首には黒のブレスレット(シュシュ?)。ブーツは白でトップはグレー。頭には白い羽根と黒い花の髪飾り。
 「白黒ツートーンカラーの鳥」とでも。


 コスチュームデザインのコンセプトは、心の中に共存している「白」性と「黒」性のせめぎ合いと言ったところか。篠田の「白」、大島の「黒」、そしてその両者を兼ね備えた高橋。


 高橋を支える後の2人は、高橋の心の中の「白」と「黒」が人格を帯びたものと捉えることができる。
 たとえば自分の中の黒い悪魔が「やっちゃえよ。道徳なんか気にせずに欲望どおりに動けよ」と囁く一方、「そんなことをしてはいけません。それはいけないことです」と白い天使が釘を刺す、アニメでよくあるヤツに近い感じですかね。
 「天使」と「悪魔」って言っちゃうとちょっと薄っぺらくなっちゃうけど。


 「白い鳥」も「黒い鳥」も片羽根なのは、白黒どちらだけでも飛ぶことはできない、ということを象徴しているのでしょう。


 白黒兼ね備えた高橋は、「許されない愛」に葛藤し、飛ぶことをあきらめ自らを「心の籠」に閉じ込めてしまった。もし人の心が白一色または黒一色だったらこんな苦悩はは生じなかったろうに。


 ただ何で篠田のハットが黒いのか、とか、わざわざ左右対称になっている腕飾りなのに、グローブが両方黒なのは何故なのか、等の疑問が残る。
 ま、いいデザインの白いハットが見つかんなかったとか、もったいないので一組のグローブを二人で使った、くらいの理由なのかもしれませんけど。

2011年9月 3日 (土)

夏が行っちゃった

words
video

Summer has gone./大切な人をつれて
Summer has gone./切ない痛み残して
風が肌寒いね

 A3の9曲目。
 まだBirdも終わっていないのに、その前に夏が行っちゃった。

My lonely heart/愛は いつも はかなくて
My lonely heart/背中だけが美しい
風は知っているわ

夏が行っちゃったね

 Umi1 バイバイ。


« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

無料ブログはココログ