« 投げキッスで撃ち落とせ!3 | トップページ | 蜃気楼2 »

2011年9月24日 (土)

蜃気楼

words
video


 秘かにお気づきの人もおいでになるかもしれないけれど、僕のTeam Aに関する評価には少なからぬバイアスがかかっている。
 だから他のTeamがAオリジナルのセットリストを演っているときの採点は少々辛めになっている。


 だってしょうがないじゃない。僕にとって彼女たちは「最初」で「特別」なんだから。


 駄菓子菓子。おっとだがしかし。


 ことこの曲に関して言うならば、A3よりもN1のパフォーマンスに軍配を上げざるを得ない。
 A3の6曲目。デュエットの「蜃気楼」。


 もちろんA1オリジナルの小嶋中西は魅力的だ。でもそれを凌駕するものがN1にはあった。
 有り体に言うと、 N1で小嶋パートを演じている山田菜々の歌声にしびれたというわけだ。


 N1はDVDは出ているものの、スタジオレコーディングのCDは出ていない。
 NMBヲタの熱狂ぶりをみると需要はあると思うんだけどなあ。権利問題があるのかしら。


 だから仕方なくDVDからサウンドをリップしてmp3にして聴いている。ここ数日の間、何度も何度も、繰り返し繰り返し。だから現時点で、僕にとっての「蜃気楼」はすっかり小笠原・山田(菜)の曲になってしまった。
 ぱるさん、りなてぃん、ごめんなさい。って言うか、ごめんなさい。


 NMBの映像とか音声は、なかなかネット上に落ちてはいない。つい先日、不祥事続きのNMBに立ちこめる暗雲を吹き飛ばすとて、アカバン覚悟でN1全曲をアップしたカミカゼ野郎がいたが… あえなく予定通りバンされました

 
 ウィスパーボイスと言っていいのだろう。
 ここでジェーン・バーキンとかフランソワーズ・アルディーを引き合いに出してしまっては山田(菜)を持ち上げすぎなのはわかっている。


 でも彼女の歌声を聴いて思い浮かんだのが実際バーキンや「私のフランソワーズ」のあのささやき声だったのだから仕方ない。

ああ/あなたが/好きだから
私は/すべて捨て/旅に出る

 下線は山田(菜)のパートであるが、特に「捨て」の「て」の囁くような、おののくような、ふるえるようなはかなさは尋常じゃない。

窓にゆらゆらゆら/蜃気楼
過ぎゆく時は 幻/夢を見られてよかったわ

 そう、「蜃気楼」という文字通り幻のような愛の歌には、山田(菜)の声がまことに似つかわしい。

« 投げキッスで撃ち落とせ!3 | トップページ | 蜃気楼2 »

A3」カテゴリの記事

N1」カテゴリの記事

サヨナラ」カテゴリの記事

コメント

蜃気楼はAKB曲の中で一服の清涼剤です
先ほど、NMBを聞きましたが、子供っぽい声かなと思いました
この曲は妖艶な2人が歌うのがいいみたいです
今度発売される、見逃した公演のDVDではA3rdはNMBがやりますね
これでやっと聞けます

>先ほど、NMBを聞きましたが、子供っぽい声かなと思いました

そうですね。小嶋中西のペアと聞き比べるとそれが目立つかも知れません。
ただ山田はもっと「できる子」のように思います。
「小池」の篠田ポジションを演じるのですが、独自の世界をつくれています。
もちろんセリフは麻里子様よか上手(ま、誰がやっても麻里子様よりはうまいという意見もありますが)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480163/41966263

この記事へのトラックバック一覧です: 蜃気楼:

« 投げキッスで撃ち落とせ!3 | トップページ | 蜃気楼2 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

無料ブログはココログ