« 蜃気楼 | トップページ | 蜃気楼3 »

2011年9月26日 (月)

蜃気楼2

words
video

 うわあああ。やっちゃった。
 山田菜々を山田奈々って書いちゃった。
 菜っ葉ね。菜っ葉のナね。菜菜菜菜ー、菜菜菜菜ー 、菜ー菜ー菜-、ね。
 でもあれな、山田菜々でつべあさっても、歌ってる絵はほとんど落ちてないのな。ヴァラエティ番組ばっかなのな。菜菜菜菜ーって。大丈夫かい菜、この子たち。ちょっと心配。
 

 えー前回はN1の、というか山田(菜)の歌声にメロメロになってしまいました。
 ただね、ちょっとだけ気になったところもあるの。
 小姑みたいなんだけどさ。


 菜々さんはほら、とってもよくやって下すってるのよ。 
 だからあたしも安心して隠居してられるんですけどね、ほら、年寄りってつまんないことに気がつくでしょ、ね、だからそんなに気にしないで聞いてほしんだけどね、

愛のいじわる

 のところのフリ、ね、ちょっと違うんじゃないかしらね。

 A3の小嶋お姉様とか中西お姉様は、マイク持ってるのと反対の手の親指を立ててコブシを握って、お顔の横で手首をぐりぐりとさせながら、「いじわる」って歌ってらしたでしょ。あの「ぐりぐり」が「いじわる」って意味なの。
 ほら、ご覧あっさっせ。りなてぃん、うんと「いじわるな感じ」でしょ。

Ijiwaru

 そこのところね、菜々さんたち、ちょっとフリがいいかげん。
 あら、あたし今ちょっと言葉きつかったかしら。ごめんあっさっせ。
 フリがちょっと甘くて、きちんと「ぐりぐり」できてない感じなのね。そこがちょっと気になるの。


 ここってほら、特徴的な、いわば「キャラの立った」フリだから。
 AKBのお姉様方の曲って、一曲に最低一カ所はキャラ立ちした「フリ」があるのよ。秋元のおじさんがうるさいのよ、「印象に残るフリを最低ひとつは入れろ」って。だからね、今度から考えて貰ったらいいかなって…。
 細かいことごめんなさいね、年寄りの繰り言と思ってあきらめてね。


 って小芝居は置いといて。


 A3上演当時、「蜃気楼」はK2の「禁じられた2人」の続編ではないか、という説が囁かれたことがあったらしい。


 伝聞の伝聞でソースが確認できないんだけど、うーん、言われてみれば似たイメージのある曲だよね。この2つ。
 人気で言うと圧倒的に「禁2」なんだけど。
 前にもちょっと書いたけど、K2とA3って、構成が似ているところがあるよね。「Blue rose」に「Bird」が対応しているように、「禁2」には「蜃気楼」が対応している感じ。
 

 「禁2」と「蜃気楼」。どちらも2人だけによるデュエットのパフォーマンス。
 デュエット曲と言えば、A1に名曲「あなたとクリスマスイブ」があるんだけど、あれはキーボード弾き語りでちょっと違う印象。「禁2」「蜃気楼」みたく情感と緊張感をもって2人だけでステージを2人だけで支配するって感じじゃないね。


 この2つの曲を比べて、まず気づくのは見た目の共通点。


 「禁2」では「姉」と「妹」のパートがはっきりわかれており、衣装も異なっている。
 それに対し「蜃気楼」の2人は歌詞の上での役割分担はなく、衣装もほぼ同じものを着けているようだ。
 しかしよく見てみると、「禁2」も蜃気楼」も、要所要所で演じる2人があわせ鏡に写った像のような印象、つまり「鏡面対称」を作り出すように演出されていることがわかる。


 「禁2」では以前も書いたように、衣装こそ違え、フィンガーレスグローブやアームバンドといった装飾は共通で、かつそれぞれ左右反対の腕につけている。しかも肝心なフリではわざわざマイクを持ちかえることによって「鏡面対称」になるようにしていた。


 一方「蜃気楼」では2人の衣装はほぼ同じなのだが、装飾品はあえて左右反対につけるという工夫が見られる。
 A3の小嶋は帽子と腕飾りは左、足飾りは右につけ、マイクはほぼ右手。中西は小嶋と反対側に装飾品をつけている。

Miragea3

 N1の山田(菜)小笠原も同様で、装飾品は左右が逆になっており、さらにマイクを持たない方の手、山田(菜)は右手、小笠原は左手の人差し指に指輪をしている。

Miragen1_2

 こういう見た目の演出の類似点も、「蜃気楼」が「禁2」の続編じゃないのかしら、という説の源泉だったのかもね。
 

 じゃ、詞の世界は?

« 蜃気楼 | トップページ | 蜃気楼3 »

A3」カテゴリの記事

N1」カテゴリの記事

サヨナラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480163/42027457

この記事へのトラックバック一覧です: 蜃気楼2:

« 蜃気楼 | トップページ | 蜃気楼3 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

無料ブログはココログ