« チャンスの順番2 | トップページ | 蜃気楼 »

2011年9月22日 (木)

投げキッスで撃ち落とせ!3

words
video
 
 この間はTeam 4のみなさんに、ついとても乱暴な口をきいてしまいました。
 会ったこともないお嬢さんたちを捕まえて、「お前ら」とか「小娘ども」とか。
 ごめんなさいです。


 ところでTeam 4の公演決定おめでとうございます。名作「僕の太陽」。
 大場は初日に間に合いませんが、刻苦勉励粉骨砕身臥薪嘗胆で備えてくださいね。


 じゃんけん大会、楽しかったです。でも河西をにらみ付ける大場の姿を見たかったな。


 ずいぶん寄り道をしてしまいましたが、「投げキッス…」についてもう少しだけ。


 「投げキッスで撃ち落とせ!」が、フィンガー5という1970年代前半に一世を風靡したアイドルグループの「本歌取り」であるという妄想を前に述べた。


 この「本歌取り」、一般には「オマージュ」とか「リスペクト」いう言葉を用いることが多い。「オマージュ」とは元来は騎士が忠節を誓う儀式の事だし、「リスペクト」は文字通り「尊敬」。
 いずれにしてもその行為の根底には敬意がこめられている。


 秋元が敬意を抱いた相手。


 もちろん、それが記録的なヒットを飛ばしたフィンガー5に対しての敬意であることは間違いないのだが、これらの曲の歌詞を書いた作詞家は誰かと見れば。


 そう、日本レコード大賞受賞5回、日本レコード大賞作詞賞受傷7回、日本作詞大賞受賞8回、贈従四位旭日小綬章深田公之、筆名を阿久悠。
 2007年8月に他界するまで、阿久悠は文字通り「作詞の神様」だった。


 放送作家を経て作詞家となり、アイドルから演歌歌手まで幅広く詞を提供してきたというキャリアは、秋元とよく似ている。


 でも受賞歴について言えば、秋元は阿久の足下にも及ばない。トータルのシングル売り上げも今のところは阿久悠が勝っている。

 作詞以外、小説家としても評価された。「瀬戸内少年野球団」は直木賞候補で映画化されてヒットした。推理小説も書いて、こちらは横溝賞を受賞してる。「さらば、メルセデス」秋元も小説を書いてはいるのだが、実績はちょっと残念。


 アイドル発掘のオーディション番組を企画し、当時の業界の地図を塗り替えたのもこの人。秋元もこの分野ではガンバってるよね。


 晩年は「歌謡曲」の衰退や秋元ら若手の台頭のせいもあってか作詞からやや遠ざかっていたけど、亡くなった時は大きな衝撃だった。いくつもの追悼番組が流され、勲章が贈られ、故人を主人公としたドラマも作られた。


 秋元康も阿久悠についてNHKの番組で語っている。番組の導入部は秋葉原を歩く秋元康。撮影もほとんどAKB劇場で、当時の公演の様子が(阿久悠とは関係ないのに)挿入されている。


 これ多分あれだね、秋元さんとこに局からオファーが来た時、「阿久先生について語るのはいいけど、その代わりAKBの話もさせてね。で、ちょっと絵も流してね。あとインタヴューはシアターでやってね」くらいの交渉をしたんだろう。どんな機会を捉えてでもAKBを世に送り出そうと必死だった秋元康の執念がうかがわれる(でもこの年は紅白出らんなかったんだよね。大晦日の夜オカロが渋谷のNHK放送センターに行って、翌年のリベンジを誓った年)。

 
 「投げキッス…」が書かれたころ阿久悠は存命ではあったが、秋元にとって阿久は尊敬すべき/超えるべき/打ち倒すべき先達であったのは間違いない。

投げキッスで撃ち落とせ!/空飛ぶハートを

 の中に、阿久悠のあまたある代表作のひとつ

弓をきりきり心臓めがけ/逃さないパッと狙い撃ち

 の匂いを感じることができる。


 阿久悠の影響はそれにとどまらず、「せんせい」「個人授業」に比して秋元の「およしになってねTEACHER」「DMT」を論じることだって出来そうだ。


 ということで妄想の展開オワリ。
 秋元先生、早くレコード大賞とってよね。


 たかみなが言ってたよ。秋元先生のために獲りたいって。

« チャンスの順番2 | トップページ | 蜃気楼 »

A3」カテゴリの記事

N1」カテゴリの記事

School days」カテゴリの記事

片思い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480163/41917461

この記事へのトラックバック一覧です: 投げキッスで撃ち落とせ!3:

« チャンスの順番2 | トップページ | 蜃気楼 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ