« 小池 | トップページ | オキドキ »

2011年11月 7日 (月)

月のかたち

words
video

 新しいタグつくっちゃった。
 「A dark side of AKB」。


 地下アイドル板の楽曲スレで、ときどき話題になるAKBの暗黒面。


 AKBっていうと、世間的には明るくてポジティブで前向きで「努力は必ず報われる」歌ばかりって印象が強いんだろうけど、ちょっと詳しく聞くようになると、決してそんな曲ばかりじゃないってことに気づく。
 これまで聞いてきた曲の中にも、かなわない片思いをネガティブに歌ったA1の「星の温度」とか、結末に心中を暗示するK2の「禁じられた2人」とかがあった。


 そりゃそうだよねえ。人間明るくポジティブだけで生きてけるわけじゃないもんねえ。
 フランツ・カフカは「僕の人生は、自殺したいという願望を払いのけるためだけに、費やされてしまった」んだそうだ。
 ま、今カフカが生きてても、AKBは聞かねえだろうなあ。でも秋元康はカフカにもマーケッティングをかけるんじゃないかしら。


 カフカほどではないにしろ、誰でも心に暗黒面を持っている。そこに語りかけるような曲。
 秋元先生はちゃーんと用意してくれてます。ケッコウみんな好きだよね、そういうダークな曲。


 で、「月のかたち」。


 作曲は秋元先生のかつての盟友ゴッキーこと後藤次利。
 A2で「リオの革命」を提供しA3では「田中角栄音頭月見草」も書いてる。その後もぽつぽつと楽曲を提供していくんだけど、井上ヨシマサほど重用はされなかった。秋元先生のリテイクの嵐についていけなかったのかしら。

「アイツはやめとけ!」/誰もが言うでしょう?
悪い噂/Bad girl!

 余談だけどこの「Bad girl!」って、ずっと「ばっかー」とばっかり思ってた。DVDでもCDでもエルは聞こえないんだもん。


 悪い噂を立てられちゃった女の子。ぱっと見が派手で、行動も目立つんだろうね。だから「悪い子」って思われちゃってる。
 でも他人の目に見えない部分、月で言ったら日が当たらなくて見えない部分をわかって欲しい。

月のかたちのように/欠けるけれど
闇に隠れた自分は/そう 変わらない

 若さってのは、決して素晴らしいだけのもんじゃない。
 未熟さゆえに、自分やまわりを傷つけないではいられないことってたくさんある。この子のように

誰か 私にかまって!

誰か 弱さをわかって!

 と、隠れた部分では悲鳴を上げているのに声を出せない。


 かまって貰いたいならば、まずは自分から近づかなきゃいけない。傷つくかもしれないけれど。
 わかって貰いたいならば、わかって貰えるように隠れた部分も見せるしかない。それがどんなに苦痛でも。
 ついでに言えば悪い噂を立てられたくなかったら、まず悪く見えないようなカッコをしなきゃいけないよねえ。たとえそれが気に入らなくても。
 いや、ホント、見た目って大事よ。ヤング諸君が思ってるより。


 ってのがオジサン的アドバイスなんだけどねえ。


 でもそういうのって、年取らないとわかんないし、わかってても出来ないのが若さなんだねえ。まさに

大人は(大人は)/汚れた分だけ
気軽に(気軽に)/生きられるのね/I can't do it.

 ってこと。
 いやいや、決して気軽に生きてるわけじゃないですよ。
 汚れたってのは否定しませんけれど。


 「努力は必ず報われる」って、高橋は言う。
 「私がそれをみんなに証明したい」って。でも誰も彼もがたかみなになれるわけじゃない。秋元はそれも知っている。
 秋元はそんなこと百も二百も承知の上で、女の子の現実を歌い上げる。


 「ぼくは人生に必要な能力を、なにひとつ備えておらず、ただ人間的な弱みしか持っていない」と言ったカフカも、この曲なら聞いてくれるかもだよね。

« 小池 | トップページ | オキドキ »

A dark side of AKB」カテゴリの記事

A3」カテゴリの記事

N1」カテゴリの記事

天文」カテゴリの記事

コメント

月のかたちはいいきょくですよね 自分もこんな感じの曲は明るい曲よりはなぜか惹かれてしまうんですよね。きっと他のアーティストではこういった曲をあまり聞かないからかもしれませんが。カフカはうつ病かなにかですか?カフカの言葉、深いです

以前から拝読させてもらってます。
「月のかたち」、高橋みなみがラジオでAKBのなかで一番好きな歌と公言してたのを思い出しました。
AKB=高橋みなみと豪語する秋元康の言わばダークサイドな世界に魅入られたのが高橋というのも面白いですよね。

>教えて 命の使い道 さま

いつもありがとうございます。

AKBの曲をいろいろ聴いていくうちに、ダークサイドの曲が好きになるって人、多いと思うんですよね。
誰でもみんな多かれ少なかれ心に暗黒面を抱えて生きているのだから。

ただ明るく元気できゃぴきゃぴしただけのアイドルこれだけ多くの人の心を揺さぶることは出来ないと思っています。

カフカは… やっぱり鬱気質だったんでしょうね。

>okdさま

そうですか。たかみながそう言っていましたか。

彼女はふつうの女の子(またはふつうのアイドル)では考えられないような、濃い経験を積んでいるんですよね。

あのちっちゃい体で、楽しいことばかりでなく、どれほどつらい体験や残酷な現実を、どれだけくぐり抜けて来たんでしょう。
それを思うと「誰か わたしにかまって」はともかく「弱さをわかって」というのは、彼女が口に出さない心の叫びなのかも知れません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480163/42912568

この記事へのトラックバック一覧です: 月のかたち:

« 小池 | トップページ | オキドキ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ