« MARIA7 | トップページ | MARIA8 »

2012年2月14日 (火)

羊飼いの旅

 words
 video

 AKB27枚目(メジャー25枚目)シングル「GIVE ME FIVE!」通常版Type-B収録カップリング曲。
 今日はフラゲデーでしたね。

--

朝露と/思い出は
永遠のものじゃなくて/過ぎてく季節の恵み

 やすす、「羊飼いの旅」、いい曲だなあ、やすす。
 歌い出しは杜子春かと思ったぞ。
 でもなあ、やすす。「羊飼い」というと、僕はこの曲を思い出すんだ。
 この歌知ってるかな、やすす。


 そう、賛美歌200番だ。

  小さい羊が 家を離れ、
  ある日遠くへ 遊びにいき
  花咲く野はらの おもしろさに
  帰る道さえ 忘れました

  けれどもやがて 夜になると
  あたりは暗く 寂しくなり
  うちが恋しく 羊は今
  声も悲しく 泣いています

  情けの深い 羊飼いは
  この子羊の あとを尋ね
  遠くの山々 谷底まで
  迷子の羊を 探しました

  とうとうやさしい 羊飼いは
  迷子の羊を 見つけました
  抱かれて帰る この羊は
  喜ばしさに 踊りました

 なあ、やすす。
 近ごろ僕はこの歌を聴くと目がウルウルして仕方ないよ。  
 まあ主に年のせいなんだけどさ。
 でもなあ、寂しくて暗いところで泣いている子羊のことを思うといてもたってもいられない気持ちになるんだ。


 なあ、やすす。人生は大変だなあ。
 僕だってリッパな大人だから、いろんなことがあるのは知ってるよ。

羊飼いは語りはしない/夢では食べられない
生きていくために/歩き続ける先祖からの山

 羊飼いの旅は長くて遠い。群れを導くのは並大抵の苦労じゃない。
 道は平坦じゃないし狼だって狙っている。
 どんなに羊飼いが心を配っても、それでも時に子羊は迷ってしまう。
 子羊たちはきれいな花咲く野原が大好きなんだもの。


 傍で見てる者は勝手なことを言うよ。
 羊飼いの苦労も知らずに、ワガママを言うよ。
 言われなくても百も承知だよ。
 出来ることならとっくにやってるよ。
 そうだよなあ。

 
 でもなあ、それでもなあ、やっぱり羊飼いには情け深くあって欲しいんだ。
 どこかで泣いている迷える子羊を助け出して貰いたいんだ。
 山々の彼方、谷底の奥で、怯えてふるえている子羊を見つけ出してやって欲しいんだ。
 そして抱きしめてやって貰いたいんだ。


 傍で眺めているしかできない、僕らの代わりに。
 何も出来ない僕らの代わりに。
 勝手でワガママな願いであることは知っているんだけどさ。

--

 皆々様の益々のご発展をお祈り申し上げます。
 時節柄お風邪など召しませぬようご自愛下さいませ。

« MARIA7 | トップページ | MARIA8 »

single」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480163/44111019

この記事へのトラックバック一覧です: 羊飼いの旅:

« MARIA7 | トップページ | MARIA8 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ