« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月29日 (金)

君は僕だ

words

 「Flower」について書いたのが、ちょうど1年前。
 その時、秋元康は前田敦子にあふれるほどの感謝と愛を込めてflowerを贈った。彼と彼女の夢は、大輪の花を咲き誇っていた。


 それから1年、前田敦子はAKBを去ることになった。
 どんな花も咲いたら散らなければいけないわけだ。

  初めて会った時/目も合わせなかった
  人見知りと知るまで/君を誤解していた

 彼女は会う人会う人にお愛想の笑顔を振りまく女の子じゃなかった。ソロに近いユニット曲を与えられて、歌うのが嫌だと泣いた。
 頑固と呼ばれ気まぐれと呼ばれ、およそアイドルの資質なんかゼロのように見えた。でも、彼女しかいなかった。


 彼のことを、取り巻きは天才作詞家、敏腕プロデューサーと褒めそやした。でもそうじゃないのは自分が一番よくわかっていた。
 金の匂いに敏感な「業界の鮫」とけなす者もいた。でもそんな大層なもんじゃなかった。どんなに成功しても「ここは自分のいるはずだった場所じゃない」という思いが、いつも彼につきまとって離れなかった。


 そういう二人だった。

  君は僕だ/そばにいるとわかる
  みんなのように/上手に生きられない

 作詞家、プロデューサー、そして何よりも現役のアイドルを嫁さんにしちゃうほど生粋のアイドルヲタである秋元康の夢の結晶であるAKB48。そのコアにはいつも前田敦子がいた。
 そして夢は花開いた。ように見えた。

 
 秋元康は、前田敦子のことを「目の中に入れても痛くないくらいかわいい」と表現しようとして言い直した。「目の中に入れたら痛かったよ」と。
 そう、どんなに痛いとわかっていても、目の中に入れずにはいられないほど、前田敦子は愛おしかったんだ。


 その前田の「卒業」。


 2012年3月25日、さいたまスーパーアリーナ。
 突然の「卒業宣言」に「業界」は文字通り震撼した。
 秋元は関係者に事前の告知も、根回しも、相談も一切していなかった。あの瞬間、SSAの関係者席で秋元の周りにいた「大人たち」はみな一斉にひっくり返ったという。

  君は君だ/好きなように生きろ
  まわりなんて/気にしちゃつまらないよ

 なあに、大人の事情なんざ知ったこっちゃない。君が好きなようにしたらいい。


 その後どれだけのトラブルが秋元を襲ったのだろう。
 「AKB48不動のセンタ-前田敦子」の名前には巨額の値札がついている。毛一筋の傷がついただけでも億単位の金が吹っ飛ぶ。それが卒業とは。


 「代理店の人が謝って回ったんじゃないですか」と彼はこともなげに言う。でも防波堤となってこのトラブルの波から前田を守れたのは秋元以外にはいなかったろう。

  君は君だ/自由でいて欲しい
  悲しみに出会っても/すぐそばに僕がいる
  どんな時も/心配しなくていいよ

 卒業が決まって、彼女はすっかり明るくなったと人々は言う。センターの重圧がどれほどだったのか、改めて思い知ったとも。


 一方、卒業が決まって、彼もちょっと変わった。
 彼は彼女のことをずっと「前田」と呼んでいた。どんなに痛くても目に入れずにはいられないほど愛する少女を、ことさらに突き放すように。
 卒業が決まってから、彼はいつの間にか彼女を「あっちゃん」と呼ぶようになった。人一倍自意識の強い彼が無意識のうちに、「あっちゃん」と。
 彼女はその瞬間を憶えていた。

前田:私は憶えてるんです。この間の総選挙が終わった後に、みんなでご飯を食べている時に、秋元さんが、ちょっと立って、向こうの大人の人たちの中に混ざろうとした時に「あっちゃんちょっと後ろごめんね」って。それがきっかけで…
秋元:何かさ、すごい娘と和解した感じだよな…
オールナイトニッポン 2012/6/15

 二人の関係が変わった瞬間。それは和解というよりも、新たな出会いじゃなかったのかな、と思う。
 その時秋元もまた、ずっと背負っていた重い荷物のひとつを降ろしたのに違いない。

  僕は僕だ/勝手にさせてくれ
  強がりのすぐそばに/いつだって君がいる

 歌はこう結ばれている。でもあっちゃんは去って行くだろう。秋元もそれは知っているだろう。


 先生も男の子なら、最後までカッコつけなくちゃね。

2012年6月26日 (火)

ファースト・ラビット

words
video

 祭りを終えて日常生活、と思っていると、また次の祭りがはじまってしまうのがAKBの恐いところ。ね、「第1回ゆび祭り」無事終了でご苦労さまでした。
 ゆび祭りってあれだろ、6月14日が初日だったんだろってくらい祭りでしたね。


 そう、指原莉乃のこと、今さらだけどやっぱ言っておこう。
 いや、僕にしたら指原先輩と呼ばにゃいかんか。

 
 指原先輩、急な転勤ご苦労様です。関東のもんにしてみれば、福岡も大分も九州だろ? くらいの認識なんだろうが、全然違うよねえ、群馬と茨城くらい違うよねえ。群馬じゃこんにゃく喰って「そうだんべ」だけど、茨城じゃ納豆喰って「そうだっぺ」だもんねえ。
 大変だろうと思います。どうか心身をお大切に。


 研究生時代にヲタとつるんでやらかしちゃったなんてどうだっていいじゃんか、と思うんですよ。
 「誤解を招くような行動をした」なんて、全然誤解なんかしてないし。
 ヲタとつるんでやっちゃったんでしょ。あってるでしょ。誤解じゃないじゃん。
 

 文春はしょうがねえや、身過ぎ世過ぎのショウバイだから。
 よくわかんないのは、指原先輩のヲタと称する輩が、何か悲憤慷慨してるんだよね。
 「お前は多くのファンを、仲間を裏切った 」とか。


 今、現在進行形でヲタとつながってた、というのならまだわからなくもない(わかんないけどね、ホントは。全然わかんない)。
 4年前くらいのことだろ、これ?


 お前ら指原先輩知らなかったろ、この頃。
 お前ら「AKB1じ59ふん!」なんか見たことないだろ(ま、僕もないけどね)。
 AKBなんかいつ潰れてもおかしくなかった頃なんだよ。メディアの連中が薄ら笑い浮かべて「アキバ枠で紅白ですか、すごいっすね秋元さん」ってバカにしてた頃のことなんだよ。


 アイドルヲタしか取り柄のないいじめられっ子の田舎のガキが夢だけ抱えて上京して、明日の行方もわからない中でやっと舞台に立った頃の話なんだよ。生まれて初めてモテて舞い上がっちゃったってしょうがねえだろうが。

 考えようによってはこの男がいたから、先の見えない研究生生活を何とか踏ん張れたのかも知れないんだぜ、指原先輩。お得意のヘタレが出ちゃってたら、お前ら金輪際指原先輩に会えなかったんだぜ。


 「研究生時代は指原がお世話になりました。ありがとうございました」くらい言ってやってもいいんじゃねえの? もちろん「この先莉乃ちゃんは俺らが支えますから薄汚い写真と一緒に地獄に堕ちて下さい」ってことでもあるんだが。あ、莉乃ちゃんっていうのはイヤがらせね、指原先輩への。それくらいは許容範囲。


 それを「お前は多くのファンを、仲間を裏切った」だと。
 バッカじゃねえの。
 薄気味悪いったらありゃしない。


 あと博多のヲタのみなさん。
 左遷だ植民地だ太宰府だ菅公だって言われて複雑なのはわかりますけどね。
 でも指原先輩が来るのはビッッッグチャンスだと思うんですよ。
 

 自力でやりたいのわかりますけど、使えるもの何でも使って這い上がった方がいいと思うんです。
 怒んないで聞いて下さいね。


 HKT、このままだったら埋もれちゃいます。
 「6635票 第47位 宮脇咲良」。
 ただのお祭りとお思いかも知れません。「選抜総選挙 ファンが選ぶ64議席」。
 確かにただのお祭りでしたが、ものすごい力のこもったお祭りでした。
 宮脇、立派なお嬢さんだと思いました。こういう人を上げてくるヲタもエラいと思いました。でも悲しいかな博多のプレゼンスはたったそれだけだった。


 「6335票」。


 「次回頑張る」。そう思ったかも知れません。でも「次回」なんてない。
 少なくとも「次回頑張る」と思う人に「次回」はやってこない。AKBってどうやらそういう場所なんです。「私たちに次回なんかない」と思い切れた連中だけが上がれる場所みたいなんです。


 あれだけ可愛がっていた指原先輩を送り込む、秋元康は博多に相当危機感を感じているんだと思います。
 だから「余計なお世話だ」とおっしゃるでしょうが、指原先輩でもなんでも使い倒して下さい。
 博多にとって彼女は「最初のうさぎ」になるんです。

  何故だかドキドキしてきて/僕は一番目に走る
  傷つくことを恐れはしない/何があっても怯まずに

 「傷つくこと」? そんな生やさしいことを歌わせたつもりじゃないでしょ秋元先生。
 ドキドキするのは、「生きるか死ぬか」だから。


 そう、「最初のうさぎ」とは「生け贄」のこと。
 鷹の爪か狼の牙かライフルの銃弾か、それらのどれかにかかって赤い血を流す、最初の犠牲のうさぎ。

  誰も赤い血を流して/生きてることを実感するんだ
  命を無駄にするな

 「命を無駄にするな」とは「死に場所を選べ」ってことでもあるわけです。


 指原先輩にとって博多がよき死に場所となりますように。

2012年6月11日 (月)

片思いの卒業式

words
video

 お祭り騒ぎはもうこの辺でお終いにして、日常生活に戻りましょう。
 僕の日常はまだK3あたりを漂っていたはずなんですが、もう1ヶ月以上もお留守にしていました。それくらお祭りが楽しかったってわけ。


 前曲「シアターパイレーツ」について書き残したことが三つ四つ二つくらいあるのだけれど、今更感がハンパないので、別の機会があればという大人の逃げ足でヨロシクです。


 と言うわけで、何事もなかったかのように「片思いの卒業式」。
 6月だというのに「片思いの卒業式」。
 アンコールはお約束ではあるものの、正規の曲はこれでお終い、区切りとなるM12。


 「シアターパイレーツ」の終り、「ヘイヘイヘイー」と拳を突き上げたメンバーは10人。気がついたらいつの間にか6人消えてます。全員曲のお終いのところで、何人か早退して裏で着替えてるの。A2であったよね、「JESUS」→「だけど…」のところ。
 急いで着替えた衣装はセーラー服。ここもA2の「だけど…」に似ている。アップテンポな曲の後の、ちょっと切ない学園ソングへの切り替え。


 ただ「だけど…」が服があくまでも「制服風」の衣装だったのに対して、「片思いの…」は間違えようのないセーラー服。Team Aよりは直球の学園メタファー。


 「友よ」のところでも触れたけれど、こういう衣装のちょっとした差違の中に、「お互いがライバル」からスタートしたTeam Aと、「Aチームに追いつくためのチームメイト」からはじまったTeam Kの違いが表われているようでもある(もっともTeam Aではわざわざデザインから起こして衣装を作ったが、Kではありもののセーラー服を使って経費を抑えた、という見方もあるけど。せめてスカーフ止めの刺繍くらい吊しのままじゃなく花文字のKとかにしてあげればよかったのにね)。


 歌い始めは上手から増田。それを受けて下手から大島(優)。

  目の前にいるのに/あなたは気づいていません
  こんなに大好きなこと/少しもわかっていません

 もうこの歌い出しだけで状況がわかる。まだ告白していない、すぐ近くにいる思い人。
 ちょっと引っ込み思案な女の子。いやいや、いつもは元気いっぱいな子なのに、自分の気持ちに気づいてから変わっちゃった? ひょっとしたら「彼」は「気になる転校生」だったのかも知れないね。
 なつかしのA1で言えば、「星の温度」(誰ですか、泣いている人は)。近くにいるのに気づいてくれない秘めた恋。


 ワンコーラスずつメンバーが歌い継いで行ってサビはコーラス。
 卒業式の「答辞」を聞いているようでもある。
 でもよく歌詞を読むと、これって卒業式の歌じゃないんだよね。タイトルは「卒業式」だけど、歌われているのは「もうすぐ卒業式」のある日の一コマ。


 もちろん二人っきりじゃない。何人かの仲間たち。部室かな。帰宅途中の喫茶店かな。誰かがココアを飲んでいる。
 そんな中、彼女はやっとの思いで話しかける。

  「もうすぐ 卒業式だね」/それしか言い出せなかった

 「うん、そうだね、何だかあっと言う間だったね」
 そこから話の穂を接ごうと思ったのに、誰かが横から口を挟む。
 「そういや、お前転校してきたばかりのこと憶えてっか?」
 「何よ?」
 「年末の忙しい時期に転校して来て、間の悪いヤツだなあってみんな言ってたんだぜ」
 「ええーそうなの、ひっでえな」…
 彼女の言葉は雑談の中に埋もれて彼には届かない。


 「その恋をあきらめるな」でも「頑張って上に行こう」でも「努力は必ず報われる」でもない、派手では無く、何の事件も無く、何の決意表明があるわけでもない。実ることのない少女の片思いを巡る小さな小さな日常のスケッチ。

  落書きされた教科書/貸したままのハンカチ
  けんかした文化祭

 誰にでも心当たりのある思い出の断片が、ちくりと胸を刺す。誰の心の中にもしまってある、成就しなかった幼い恋。

  今なら言えるのに/心が叫んでる
  思い出は いつも忘れものばかり

 そう、今なら言えるのに、今ではもう遅い。
 秋元康のペンは、こんな時とても優しい。やっぱ先聖先生ってば非モテ系だったんじゃないの?

  「春には 会えなくなるんだね?」/もう一度 言ってみたけれど
  その旅立ちに大人の顔をした

 せいいっぱいの思いを込めて、もう一度問いかけてみた言葉。
 「何言ってるんだよ、また会えるって」。
 そう答えなかった彼は、ひょっとしたら少女の思いに気づいていたのかも知れない。


 K3公演のDVDには、別の日に撮影された映像がちょくちょくインサートされている。でもこの曲に関していえば、少なくとも客席が映っている場面の白いサイリウム、泣き声の小野などのシアターの様子はさむ氏による千秋楽の記述の通りだ。


 白のサイリウムはこの曲のためだけに、有志が用意したものだという。
 曲のエンディング、ステージ後方から射す白いピンスポットに浮かび上がる16本の白いスカーフと客席の白いサイリウム。まるで夢の中の一コマのように美しい。
 

 K3千秋楽、この歌の時ステージには、Team Kの全メンバーが揃っていた。
 その中には長期療養中で戦列から離れていた梅田、その日を最後にAKBを「卒業」することになる今井と高田もいた。


  この時、K3の後、Team KとTeam Aは合流して「ひまわり組」を結成することが決まっていた。Aのエースであった中西と、Bのツインタワー秋元(オ)と宮澤からなる3人組スピンアウトユニット、「Chocolove from AKB48」は、K3の千秋楽を待たずにデビューしていた。KとAの融合はすでに始まっていたのだ。


 その後の歴史を知る僕らは、H1、H2という壮大な実験を経て、Team Kが再び立ち上がり、K4、K5という花を咲かせたことを知っている。

 しかし当時のメンバー&ファン(おそらく秋元御大も)にとってみれば、この日がTeam Kにとって最後の日だった。

チームKとしての活動は今日で終わってしまうのは、正直寂しい。
メンバー個々も好きであったし、それ以上にチームとしてのチームKが好きだった。ファンや会場の雰囲気も含めて。
(中略) チームとしての活動は終わってしまうが、チームKは16人だったという事実は今後も変わらない・・・

  だからこそ「卒業」の二文字には万感の思いが込められていたのだろう。

2012年6月 6日 (水)

松村香織嬢の武道館登壇を言祝ぐ

ペトリ堂御堂主から御教示いただいたSKEの古参研究生、松村香織嬢が第4回AKB48 27thシングル選抜総選挙において総得票数9030票を獲得し、めでたく第34位当選を果たしました。


 松村嬢はメンバーではありますが、僕にしてみればAKBヲタとしては先輩筋にあたりますので、原則敬称略の当ブログでも特例として敬称をつけさせていただきます。


 松村嬢はAKBに憧れ、AKBに加入することを望みましたが果たせませんでした。夢已みがたく郷里を離れ、2009年11月13日、SKE48の第3期生オーディションに合格し研究生となりました。


 後に黄金の第3期とも称される多士済々の同輩に囲まれ松村嬢もその本領を発揮するかと思いきや、豈図らんや予想外の干されと格差を体験することとなりました。


 続く春秋、同期や後輩が次々と正規メンバーに昇格する中、松村嬢は黙々と(いや黙々じゃないけどね)研究生としての本務を勤め、公演ではその支柱となり続けながらも、注目されない不遇の日々を託っておりました。


 しかるにいかなる天の配剤か、Google+、いわゆるぐぐたす登場。
 松村嬢は爾来そこを主戦場とし、先聖先生に見いだされ、まさに八面六臂鬼神をも驚かす誠に見事な活躍ぶりを見せ続けました。それはあたかも新たな翼を得て大空を駆けるエースのごとくでありました。その姿は徐々にファンの心をつかみ、選挙では献身的なヲタ共に支えられ、速報第39位、最終順位34位を獲得し見事武道館ステージに登壇、「ネクストガールズ」の一員として選抜されるに至りました。
 

 時に2012年6月6日。
 松村香織嬢御年17歳と64ヶ月19日。
 SKE48オーディション合格から937日めの奇跡であります。
 

 下記は、松村嬢が所謂「ぐぐたす選抜」に選ばれた折り、某所に投稿したものであります。
 向後の更なる御活躍、特に今回の快挙が岩よりも鈍重な運営を動かし、正規メンバーへの昇格を果たされることを祈念して再録いたします。


 なお先輩と言い条、ドイヒーなワーディングだなおい、とお叱りの向きもありましょうが、目出度き良き日に免じて御寛恕御海容賜りますよう伏してお願い申し上げます。

恐惶謹言

--
松村。
ババア。
AKBが大好きで大好きで、りなてぃんに憧れて、
AKBに入りたくてでも入れて貰えなくて、
ついに年齢制限がかかっちゃって、
それでもAKBの夢に参加したくて、
栄までやってきて、やっと入れて貰って、苦労して、でも、
ババアでガチャ歯で、
上に上がれず下に追い越され、干され、
でも頑張って頑張って、
ダンスは切れなくて歌は上手くなくて、
ババアでガチャ歯でチビでかわいさは微妙で、
電話代に事欠いて、
でも頑張って頑張って頑張って、
「夢を死なせるわけにはいかない」
「夢を死なせるわけにはいかない」
「夢を死なせるわけにはいかない」
と今日も眠い目をこすりながらモニターに向かい続ける


松村。
ババア。
BBQ。
お前の夢は俺らの夢だ。
推されずセンターに立たず明日の行方も心細い、
でも
「夢を死なせるわけにはいかない」と、
お前とともにつぶやく
俺らの夢だ。


かおたん。
行け。解き放て。前だけ見続けろ。
運営の地図を信じるな。
後ろの俺らは500回のコメを上げ続けてやる。


かおたん、
ほんとうにおめでとう。
--
かおたん、
ほんとうに、ほんとうにおめでとう。

2012年6月 2日 (土)

Reset

words
video

 んもう、選挙にうつつを抜かしている合間にっ。

  仲間たちが/支え合った

  抜け出せない/生ぬるい水

 本来ならば全面的に肯定されるべき仲間の「支え」もここでは古きくびきでしかない。どこまで追い込むつもりだ先聖先生はっ!

  風を入れろ!/チームよ、目を覚ませ!


 なるほど、Resetとはこういうことだったわけだ。
 今ここでそれを背負えるのは、AでもBでもなく、やっぱチームKだな。
 だな。


 あああ、もうすでにJの「転石」が見たくてたまらない。こういうのって術中って言うんですよね確か。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

無料ブログはココログ