« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月27日 (土)

くまのぬいぐるみ

words
video


 ただいま恋愛中、もしくは愚かにして切ない恋愛の諸相・第1幕第2場
 「女の友情」


 昼下がりのカフェのテーブル。女性が二人会話している。
 会話といってもさっきから話をしているのは片っ方の子だけ。
 長いソバージュの髪をいじりながらしゃべって食べて電話して、まことにもって忙しい。
 それを微笑みながらじっと聞いているのは、大柄な女の子。組んだ細い指の間に、ときおり漏らすため息に、しゃべり続ける彼女は気がついていない。


 (まったく、あんたったら)。

  幼稚園から変わらない/ずっとあんたは忙しない
  Boo!

 「え? 何か言った?」
 「何にも」。
 心の中でちょっとブーイングしただけよ。
 「あらそう。だからね、あたし言ってやったの。そんな風にしか女を見られないようじゃいつになっても…」


 いつからだろう、彼女と私の関係。何かトラブルがあると私を呼び出して、マシンガンのように愚痴をこぼし、泣き、笑い、怒り、全てが済んだらさっさと風のように去っていく。


 幼稚園からの幼なじみ。
 小学校の時はライバルだった。勉強でも運動でも、男の子でも。
 勉強も運動も、たいていは私が勝ってた。でも、男の子の人気を集めるのはいつも彼女だった。
 中学生になると、競い合うのが馬鹿馬鹿しくなるくらい彼女は美しくなっていった。


 もちろんずっと一緒だったわけじゃない。高校の時、思い出すこともできないほど些細なことで喧嘩して、半年くらい口をきかないことだってあった。仲直りのきっかけも憶えてない。


 ただ思い浮かぶのは、彼女の胸に顔を埋めて泣いている私。そして「バカ」と言い続けながら自分より背の高い私を抱え込むように抱きしめている彼女。
 

 私にも人並みに彼氏がいたこともある。
 男の子たちと遊ぶのはそれなりに楽しかった。
 でも。


 一度だけ、彼女の唇にキスをしたことがある。


 眠っているはずの彼女は、むにゃむにゃ言って私の首にかじりついてきた。
 そのまま私たちは抱き合ったまま朝まで眠った。
 ああそうだ、あれは最後に父と母がひどく罵りあった夜だった。
 大雨の中、家を飛び出して来た私に「大丈夫、あんたにはあたしがいるわ」と真顔で言っておきながら、さっさと先に寝てしまった彼女。


 「ところであんたはどうなの?」
 「どうなのって?」
 「どうして次の人探さないのよ?」
 「あのね、世の中にはね、よその人がたくさん食べてるのを見てるだけでお腹いっぱいになっちゃうって人もいるの」。
 「そういうこと?」
 そう。そういうこと。

  色褪せたくまは/耳が破れているのに
  愛着があるから/捨てられない

 ウィニコットによる「移行対象」よね、結局。ちぇ。アキモト先生、てっきりユング派だと思ってたのに。


 私に足りないものは、全て彼女が持っている。
 彼女が必要とするものは、全てではないけれど私の中にある。
 完璧に満たされることはなくても、それでも十分ハッピーじゃない?
 

 「ねえ、あんた人の話聞いてるの?」
 「ごめんごめん、全然聞いてなかった。それで?」
 「それでじゃないわよ。とにかくあたしは今すぐ決めて欲しいって言ったわけ。もし決められないのなら…」


 大丈夫。私があんたを守ってあげるわ。たった1人っきりになっても。
 一緒じゃなくてもずっと一緒よ。

2012年10月19日 (金)

ただいま恋愛中2

words
video


 A4の公演タイトルにして公演の1曲目。

 ここんところずっとA4の映像をDVDで見てたんだけど、その度によくできたセットリストだよなあ、と思うことしばしば。名曲佳曲が多い、ってのもあるんだけど、セトリ全体を「ただいま恋愛中」というテーマが貫いている感じがするのもその理由の一つでしょう。


 アイドルなんだから色恋沙汰の歌が多いのは当たり前だって言っちゃえばそれまでなんだけど。でも通して見ると、恋愛という人類普遍のテーマにいろんな方向から光を当てたスケッチ集みたいな印象を強く受けます。
 曲間に寸劇をはさめば、たちまちちょっとしたミュージカルに仕立て上がっちゃう、みたいな。たとえばサブタイトルを添えるなら「ただいま恋愛中 もしくは愚かにして切ない恋愛の諸相」とでも。ね。パルコ劇場辺りでかかってても不思議はない感じ。
 

 で、タイトル曲。
 前にセットリスト歌仙説ってのも唱えたことがあるんだけど、発句としては申し分なしの「めでたい挨拶」。


 シンバルのカウントに続いて照明がつくと舞台いっぱいに広がったメンバー(センター峯岸だよね?)が振り返り、ノリのいいCall & response。
 You say ってくらいなんだから、当然客席はきばって「愛してる!」って叫ばなきゃお嬢さん方に失礼ってもんでショ。


 作曲は井上"よすす"ヨシマサアニキ。A4ってよすすアニキの曲がぐっと増えるんだよね。A3やK3でいろんなコンポーザーが鎬を削ってたところが、A4でアニキがぐっと頭角を現したって感じなんでしょう。


 A4全体で「恋愛の諸相」って書いたけど、この曲の中だけでも恋愛のいろんな局面が現れててて、やすす先生の引き出しを、フラゲしてちょこっと覗いたカンジ。
 まさに「ただいま恋愛中」。

  太陽の下/大きな声で
  言葉にしよう/今のこの気持ち

 はい、「大声ダイヤモンド」ですね。

  愛しあえる確率/天文学的だね

 これは「隕石の確率」ですか? 「天文学的」なのはものすごくでかい数だけど、「天文学的確率」はものすごく小さくなるのね。

  恋はいつでも/綱引きになる
  どちらが強い?

 あまり強さが偏っちゃうと、「涙のシーソーゲーム」になっちゃうんですよね?

  淋しさはきりがないものね

  きりがない寂しさに耐えられないのは「フリしてマネして」。

  一年中/私は手がかかる

 そんな彼女はきっと「ツンデレ」。

 
 ああ、しんど。
 恋愛って大変だわねえ。


 ステージに目を転じると、水玉の衣装がとてもキュート。
  A3でも書いたけど、この頃の小嶋って、バクハツ的に、ボウリョク的に、ハカイ的にかわいくねえ?  そう思うの俺だけ? 
 もちろん今だってベッピンさんだし、公演で会った時(えっへん。A6行ったんだもんねえ。これであと5年はご飯が食べられます)も見とれちゃったんだけどさ、この頃のかわいらしさって、何か神がかってるように思えます。


 もっとも「ただいま恋愛中」の小嶋の衣装は、ハイウエストで、「カッコイイ」と「ダサイ」の、ぎりぎり「ダサイ」の方に一歩踏み込んじゃってるんだけどね。それでもかわいい。


 ところで衣装と言えば、水玉は共通なんだけど色違いカット違いアクセ違いと、メンバーごとに全く同じコスのメンバーはいない。エナメルベルトのあるメンバーとないメンバーがいるんだけど、ベルトありのそのベルトだって最低2種類はあるんだぜ。近くで見たらもっと種類あるかもだもの。


 「制服が邪魔をする」のところでも書いたけど、「似てるけどお揃いじゃないユニフォーム」ってのはホントAKBにおける強固な意志なんですね。金も手間もかかるだろうに。


 ただでさえ「十把一絡げ」「ひと山幾ら」と揶揄されがちな大人数「束アイドル」のAKB。


 それでも束の中でも目立つ子「推され」の子はまだいいです。
 「推され」がいれば、後列で端が定位置の「干され」のメンバー出て来るのは世の常。年端も行かない女の子たちには厳しい現実です。
 そんなAKBで、衣装が頑なに「似てるけどお揃いじゃない」のは、当時の衣装デザイナー(しのぶ嬢だよね)の、メンバーひとりひとり、なかんずく「干され」の子への強い愛情の現れなんじゃないかしらん。
 「この子たちの中に『その他大勢』は一人もいない」。
 

 ちょっとふっくらしすぎの妖精さんが縫う衣装からは、そんな声が聞こえて来るようでもあります。うわ、こんなこと書いてたらウルウルしちゃうからやめよ。

2012年10月15日 (月)

ただいま恋愛中

words
video
Tag:恋愛

  You say, “愛してる”
  I say, “もっと! もっと!”

 ずいぶんよりみちしてしまいましたが、今日からA4「ただいま恋愛中」公演に突入です。


 まずはA4の基礎知識。
 自分でもよくわかっていないところがあるので整理しますね。


 初日は2007年2月25日。A3「誰かのために」公演の千秋楽からちょうど1ヶ月。
 スターティングメンバーは、A3「誰かのために」公演の20人から最後にAKBを卒業した「あゆ姉」こと折井、それにTeam Bに異動になったCinDy(ん? 異動の時点ではMIHOとすべき? とにかく敬愛すべき浦野一美嬢)、なっちゃん、渡邊の計4人を除いた16人でした。Team Aにとってはじめての16人体制の公演、というわけです。


 当時演出・振付を担当していた夏まゆみ先生をして、

 「これ以上できない」

 と言わしめたというほど完成度の高いセットリストでした。


 それなのに初日からわずか4ヶ月後、公演回数にして31回目の6月26日にいったん千秋楽を迎えます。
 うへ、もったいないの。A3が83回、K3だって64回もやったのに。
 でもしょうがなかったの。すぐに「ひまわり組」公演が始まっちゃったから。


 ひまわり組はH1「僕の太陽」、H2「夢を死なせるわけにいかない」の2公演の後解散(ってことですよね?)し、メンバーはもとのTeam AとTeam Kにもどりました。 


 H2の千秋楽が2008年4月19日、早速翌20日からは、Team Aによる「ただいま恋愛中」のリバイバル公演はじまってます。31回でお蔵入りにするのはやっぱもったいなかったからかしらね。
 リバイバル公演では、研究生が舞台に立つことが多くなっています。


 それから約半年、同じ年の10月11日に2度目の千秋楽。
 リバイバル公演の回数は86回でした。


 さらにこの「ただいま恋愛中」は、研究生公演として三度舞台に乗りました。初日は2008年5月22日、千秋楽は同じ年の10月7日。全41回の公演の中には、指原が再三ネタにした伝説の「アンコールなし」公演(2008年8月13日夜)もありました。


 そうやって勘定してみると、「ただいま恋愛中」は3回の初日と3回の千秋楽があったんですね。多くの人に愛された公演と言うことはできるでしょう。
 

 でもねでもね、みなさんご存じのように、CD(スタジオレコーディング)が発売されてないでしょ。A4。名曲揃いなのに。
 大人の事情だってことはわかります。
 だから僕はDVDから音だけリップして聞いてましたよ。あ、改正著作権法の話は別紙参照でよろしく。でもねえ、そんな風に苦労しても、音がねえ…。


 曲はまあまあなんですが、一部とても聞きづらい音声が…。


 まあぶっちゃけヲタの声なんですけどね。
 

 「俺が声を出さなきゃ、誰がともちんを、誰がみぃちゃんを、誰がおーいえを支えるんだ」って気概には頭が下がります。ホントです。
 でもあのがなり声。もうちっと何とかしてくれてたらなあ。 


 スタジオレコーディングのA4、出るってアナウンスがあったんですよね。去年の7月でしたっけ?

 ⑤未発売の劇場公演CDの発売はいつですか?

→このご質問が今までにで一番多かったかと思います。お待たせてしており、楽しみにされている方には申し訳なく思います。

そして・・・

ついに発売が決まりました!!

10月以降に販売予定ですので、詳細が
わかりましたら、ブログにて発表させて頂きます。

 まあね、大抵の人は忘れていると思うんですけどね、僕は憶えてるんですね。大事なことは結構忘れるんですけどね。
 ま、もっとも「10月以降」の10月が、2011年の10月とは書いてませんからね。
 とあきらめていたら

 ①未発売の公演CDの発売はいつになりますか?
⇨このご質問については、ずっとファンの皆様よりご要望として頂いておりましたが、既にレコーディング、ジャケットの撮影も行っており、来年の1月下旬以降でリリースすることが決まりました。お待たせしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。

 ですって。
 この件については、戸賀崎氏は「戸賀詐欺」呼ばわりですよね。
 彼の責任じゃないんだろうけどさ。
 あまり期待しないで待っているのが吉でしょうね。


 もっとも当時の音源はまるっと残っているはずなんですよね。去年7月の「今日は一日“AKB”三昧 IN 東京ビッグサイト」じゃ、A4だけじゃなく、同様にCDの出ていないK4やH1、H2の曲もさらっとスタジオレコーディングの音源流してましたもの。
 それまんまCDにすることって…「大人の事情」なんですかね。
 でもA4って、「この人にこそ!」って曲が多いんですけどね。
 ま、その話もおいおい、って言ってる間にA4CD発売時期になったりして。

2012年10月13日 (土)

羽豆岬

words
video


 いろいろあって、しばらくぐったりしてました。


 でもこういう小さな奇跡に触れると、ちょっと元気が出ますね。
 いやあ、ほんと輪っかの外側にいる人にとっては「なにそれ」ってな話でしょうね。「なに騒いでるんだヲタどもは」って。

  バスの窓を開けたとき/潮の匂いがしてきた
  師崎から向かってる/夏への一本道

 何て言うことのない歌詞ですよね。要はご当地ソング。曲はちょっと昔のフォーク調。


 この間の連休、名古屋に用があったんです。でも宿が取れなくて、名古屋周辺で探したら、知多半島まで行けばケッコウいい宿がありまして。「ああ、この先っぽに羽豆岬ってあるんだっけな」なんと思ったりしました。結局交通の便を考えて犬山方面にしたんですけど。
 ちょっとだけ心にひっかかった「羽豆岬」。
 この先の人生、この場所を訪れることは無いんだろうけどね。


 この何でもない、かわいらしい歌がSKEを「卒業」する平田への餞だったんですね。

  羽豆岬の展望台/海は大きくて
  私たちの未来みたい/どこまでも続く

 秋元先生だって若くはないんだから未来と言っても「残酷な未来」だってあることを百も承知でしょうに。それでもこんなことを臆面もなく書いて、彼女たちに歌わせる秋元先生。
 何よりも、限りなく明るい未来を信じるかのように、笑いはしゃぎ歌う、フレームの奥の彼女たち。
 

 年を取り人生の後半戦ともなると、「夢」とか「未来」などよりも、「貸借対照表」なんて言葉の方にぐっとリアリティを感じてしまうわけですが、そういう彼女たちを見ているとちょっとだけ心の中のfree childがうずうずして、涙腺が緩くなっちゃいます。お、それが年っちゃ年の証拠だ。


 去っていく平田と、小さな奇跡を現出させた栄ヲタのみなさんに心よりの感謝と敬意を捧げます。
 僕もガンバらなきゃな。


 僕の票? 諸般の事情で「あうん」。これもまあよかったよね。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ