« RUN RUN RUN | トップページ | 7時12分の初恋 »

2012年11月15日 (木)

RUN RUN RUN2

words
video

 つづき。


 当日。
 右手に付ける蛍光色のタグは廃止になったんですね。その代わりチケットにしっかり名前と郵便願号が記載されてやんの。


 まずは恒例の光宗大明神へのお礼参り&次回のお願い。
 研究生の募金箱にお賽銭を入れて「誰かのために」ステッカー4枚目ゲット。
 係のお兄さんが「いつもありがとうございます」って言ってくれました。おお、お兄さんに認知されたか? 写メ撮れる日も近いか?

 Photo

 今日はお賽銭箱右から撮ってみました。ちょっとブレちゃったけど、12期のサインが見えますね。りかちゃんえれちゃんのも…。


 そして抽選。
 観戦場所? 
 初会が立ち見3列め、裏が2列め。馴染みの三夜めはいよいよお床入り座れるかと思ったら甘くはないね。抽選ではいつまでたっても呼ばれず。シングルの順番で言ったら「桜木」(インディーズ含む)あたり。


 結局また立ち見中央3列めですよ。1列め2列め前におっきなおっさんが立っててねえ(ま、僕も後ろの人からすりゃおっきなおっさんだが)。わずかな隙間から覗くと両目じゃ見られないの。
 

 それでも楽しいからシアターは不思議。
 うん。楽しかった。「負けないで、僕の太陽」まであっと言う間。


--


 印象など。


 自己紹介でいちばん大きな声援が飛んだのは佐々木。
 推されない儚げな美少女。
 何かが傑出しているわけではなく、自分から前に出ることができず、どうも一歩引いちゃう。「ヒグラシ」の白が一等似合う子だと思うんだけど、村山に取られちゃった。
 でもみんなゆかるんが大好き。幸せになって貰いたいってみんな思ってるんだなあ。
 

 佐々木を含めて12期研究生3人が出演。なんか平田のプレゼンスが薄くなっている感じ。前回の研究生公演(RESET)では、平田相笠で全体を支配している(それを藤田森川が支える)印象だったのだが。
 主導権はもう13期にあるみたい。
 しかも村山と茂木のヘゲモニー争いがあるような(おっさんはすぐ政治的見方をしちゃうのね。でも人が集まるところには必ず何らかの「政治」は出現するんだよね)。
 

 こういうのは転がりようによってはすごく組織を活性化するのだけれど、村山も茂木もどちらもちょっととっ散らかっている感じがして、少し心配。大場島田の轍を踏まないか? 


 新々Team が内部で出演者のやり繰りをするってことは、彼女たちはよそのTeam を体験することができず、スーパーバイズを受けることもできないということを意味する。
 これってTeam 4の状況より閉鎖的なんじゃないかな。


 平田だけでなく相笠も一歩引いてるようにも見える。


 相笠。少し背が伸びた?
 「defense」「UZA」ではさすがのパフォーマンスだが、全体曲では埋没しちゃってる。最初見た時のような、いつでもどこでも目を惹くというのでは無い。演目があわないのか、疲れてるのか。ひょっとしたらこの子は先輩がいる環境の方がいいのか。


 岩立。自己紹介MC、「ヤッホー」のフライングが定番化。でも上手に捌いていました。この人がもうちょっと前に出た方ら(もし研究生をTeam として見るなら)、Team は安定するんだろうなと思うんだが。


 茂木。自信にあふれた様子がカッコいい。が、「流している」とは言わないが、「流れている」様子が散見。ただこの人の「跪きな!(Lay down)」は絶品。


 14期岡田(奈)。山猫のようなしなやかさと荒々しさ。見た目の印象のせいか。でも卵アレルギーなのね。


 14期西野。昨日の観戦で最大の収穫はこの人。
 頭の全体曲では「お、元気のいい子がいるな」程度の認識だったのだが、ユニット曲「向日葵」の初っぱな、手を挙げ天を仰ぐ彼女の視線の先に、一瞬確かに青空が見えた。
 そんな表現が随所にある。楽しさ、切なさ、恨みがましさ。歌の心にしっかり寄り添おうとしているのがわかる。
 その上よく動く。相笠のように上手くはないが、端っこでも後列でも動く動く。見てて爽快。
 後半はこの人をずっと追っかけてた。さすがに「UZA」は荷が重かったみたいだけど。


--


 「楽しい時間てあっと言う間ですね」という、「夕陽を見ているか」の前フリのセリフが身に沁みました。お見送りのハイタッチが始まって、お客が徐々に減る中、流れに逆らって最前列へ。ちょっとだけ「夢のシート」に座って誰もいないステージを眺めてました。

  風のように/飛んでいきたい
  この場所から/あなたのもとへと…

 明日っから、またここに来る日を楽しみにしましょう。


 帰り際、出口のところに見覚えのある小柄な女性が穏やかな微笑みを湛えて立っていらっしゃった。恐らくサルオバサンこと西山さん。AKBを支え続ける僕らにとっても大切な方の1人。
 目が合って黙礼。


 ホントは「素晴らしい舞台をいつもありがとうございます」って言って、握手したかったんだけど。
 残念、握手券持ってなかったもので。


« RUN RUN RUN | トップページ | 7時12分の初恋 »

H1」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480163/47852069

この記事へのトラックバック一覧です: RUN RUN RUN2:

« RUN RUN RUN | トップページ | 7時12分の初恋 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

無料ブログはココログ