« とっておきクリスマス | トップページ | 7時12分の初恋4 »

2012年12月27日 (木)

7時12分の初恋3

words
video

 ええ、まだ「7時12分」すか。世の中動いてるんすよ。
 まあそう言いたもうな。動いているときこそ、故きを温ねて新しきを知るじゃよ(誰だお前)。


 未発売の音源の中でも、特にA4のスタジオ録音盤が期待されている理由の一つが、DVDの音質のアレさかげんだということは、衆目の一致するところですよね。
 アレったらアレ。あの騒音。うっせーたらない。そう、ヲタの大声。


 他の公演DVDにも、客席からの音は入っているんです。それがライブの醍醐味っちゃ醍醐味だもの。でもね、それにしたってA4のヲタ声はドイヒーすぎる。
 がなる。おめく。絶叫する。もうね、阿鼻叫喚。


 よくこれ音源に使ったよな。
 画像はところどころ別撮りをインサートしてるんだから、音だって工夫のしようがあったろうに。今だったら北川謙二が許さないよ!


 とまあずっと思ってたんですけどさ。
 DVDからリップした曲をずっと聴いてるうちにさ、「騒音」にもなんだか情が移ってきたというか、あんまし気にならなくなってきちゃうから不思議。
 てかたまにスタジオ録音聞くと、「あれちょっとサミシい?」なんてね。石原Pからもらった「ダルイカンジ」なんて、音はやたらいいんだけどさ、「メガネメガネ」コールが無いと妙に物足りなかったりします。


 あ、1月1日発売の公演CDが、完全オリメンの声だってわかって安心したから言う訳じゃないっすよ。それもちょっとあるけど。


 で、話は「7時12分」のヲタのみなさんの声。

  朝の駅で/斜め前に
  いつも見かける

 Aメロ4小節め「見かける」の「るー」の後、ひと休符置いて「あっちゃーん」と声が掛かります。ソロパートのある曲では定番のコールですね。


 「7時12分」、2012年の東京ドームコンでもやりましたけどなんか凄かったよね、ドームの「あっちゃーん」コール。広いドームだけあって、時間差で聞こえる地響きのような「あっちゃーん」。


 この後。
 A4のオリジナルで聞くと、

  学生服のあなたがいる

 「がくせーいーふくーのー」まではじっと聞いて、7小節めの「あーなーたがいるー」に被って、「あつあつあつあつ・あっちゃーん」と来る。


 最初これ何言ってるかわかんなかったんですけど、よく聞いてると、「あつあつあつあつ」なのね。で、「あっちゃーん」と。


 「あつあつあつあつ」ってちょっと言いにくそうなんだけど、当時こういう、メンバーの名前のあたま2音節を連呼するコールって、ちょくちょくあったみたいです。
 A2の「ガラスのI LOVE YOU」とか、K3の「MARIA」とか。


 でもこの「名前2音節」コール、最近はほとんど聞きません。
 こういうタイミング(Aメロ前後半にメンバーの名前を呼ぶ曲の、後半の直前)には、昨今ではたいてい「ちょーぜつカワイイ」ってコールがかかります。


 東京ドームコンの「7時12分」でもこの部分、「ちょーぜつカワイイ」でした。ドームが広くて、声が全然シンクロしてないから判りにくいけど。


 この「ちょーぜつ」コール、僕が最初に耳にしたのはSKEの松井Rに対するものでした。
 最初のころはもの珍しかったし、松井Rだったら「超絶可愛い」もありかな、と思いました。でもねえ、その後誰に対しても「ちょーぜつカワイイ」が使われるようになってゲンナリ。


 それに可愛いっちゃ可愛いけど、「超絶」は言い過ぎだろっあの子やこの子。
 「びみょーにカワイイ」ならわかるけど(いや別に萌乃さんのことじゃありませんって)。


 しかも「目撃者」で「ちょーぜつ」、「てもでも」でも「ちょーぜつ」。お前らちょっと曲調とか考えろよなんて事態も起こるようになって、今やすっかり「ちょーぜつカワイイ」反対派。


 何て言うか、「今まさに目の前にいる、まさにそのメンバーのために挙げている声」って感じがしないんだよね「ちょーぜつ」コール。オーダーメイド感が無いというか、「誰でもいいや」感って言うか。だったら言いにくても「あつあつあつあつ」の方が僕は好きです。


 「7時12分」もいつのころか、「あつあつあつあつ」コールが廃れて「ちょーぜつカワイイ」になっていました。これっていつからなんでしょ。


 「7時12分」は、2008年、2009年、2010年と3年連続でリクアワに登場しています。それぞれのコールを聞き比べてみました。


 まずは2008年のリクアワ
 当時は前年の6月にA4が最初の千秋楽を迎えて半年たっていて、シアターにはH2「夢を死なせるわけにいかない」公演がかかっていました。その状況で「7時12分」は第30位。結構な人気でしたよね。もっともこの頃は曲数がぎりぎり100曲くらいだったらしいけど、それでも30位は立派でしょ。


 メンバーは体調不良の大江に代わって中田ちさと、すでに卒業していた増山に代わって藤江れいな。
 この時のコールはもちろん「あつあつあつあつ」。キレイにそろったコールでした。


 その2年後のリクアワ2010年。順位はちょうど100位。この年を最後に「7時12分」はAKBのリクアワには登場しなくなります。


 当時「7時12分」のオリジナルメンバーはあっちゃん以外全員AKBを脱退していました。しかしイントロが流れると白い衣装のあっちゃんの後に飛び出してきたのはやはり白い衣装の大江。さらに黄色の増山、成田。駒谷(はもちろんピンク)が登場。オリジナルメンバーの勢揃いに場内は沸きました。加弥乃がでっけーの。


 しかも100位なのに曲はフルコーラス。せっかく来てくれた「卒業生」にたっぷり歌ってもらおうという配慮だったのかもしれません。
 でもこの時のコールはすでに「ちょーぜつカワイイ・あっちゃん」。
 大江に対するコールは昔と一緒だったのに。


 じゃあ2009年は?
 2009年のリクアワ、「7時12分」は38位でした。大江、成田、駒谷は前年の11月に脱退したばかりで、大江だけが出演しています。他の成田、駒谷、増山の代わりは藤江、宮崎美穂、ピンクの中田。
 ここでのコールも、「あつあつあつあつ」。
 ただちょっと「ちょーぜつ」の「ちょー…」が微かに聞こえるような気もするんです。でも大勢は「あつあつあつあつ」。


 ですから「7時12分」においては、2009年に「あつあつあつあつ」から「ちょーぜつカワイイ」への遷移が行われたものと思われます。


 2009年。


 はじめての「選抜総選挙」が行われ、3つのTeam が恒久的にシャッフルされ、「RIVER」で初めてオリコンの1位を獲得し、「笑っていいとも!」に大人数で呼ばれ、アキバ枠ではなく紅白歌合戦に出場した年。
 

 それはカギさんが「ルビコンを越えた」とおっしゃっている年でもありました。


 あれれ、まだ話が終わらないぞこれ。

« とっておきクリスマス | トップページ | 7時12分の初恋4 »

A4」カテゴリの記事

School days」カテゴリの記事

片思い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480163/48490975

この記事へのトラックバック一覧です: 7時12分の初恋3:

« とっておきクリスマス | トップページ | 7時12分の初恋4 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ