« ANN2013/01/11 | トップページ | 良席ktkr »

2013年1月22日 (火)

Dreamin' girls3

words
video


 「Team 4 1st Stage 僕の太陽 ~Studio Recordings コレクション~」
 センパイたちのCDに遅れて本日到着。
 Team 4ったら、最後の最後までちょっとみそっかす扱いでしたね。


 2011年10月10日。
 お約束を破って、「AKB48、Team 4です」と高らかに声を上げた初日。
 その後その名を名乗ることは、ずっと許されなかったけれど。


 2012年10月25日。
 もう一度だけお約束を破って、「AKB48、Team 4です」と挨拶をした千秋楽。
 そのTeam の名は、今日届いたCDの中にずっと留まっています。


 全部の公演を見ることはできなかったけど、そして現場では無くモニターを通しではあったけれど、間違いなく今までイチバン見続けた公演でした。
 

 うん。ヒョーバンはよくなかったよ。知ってる。
 僕もどうかなあ、と思うことがあったよ。
 でもね、それでも僕はTeam 4(と、Team には入れなかったけど、ずっと一緒にやってた子たち)が大好きだった。
 恥ずかしながら「うちの子たち」とまで言ってしまった。
 

 だってしょうがないじゃん。
 ほとんど全然知らない子たちを1人1人憶えていく、それが楽しくてしかたなかったんだもん(同じことはTeam Eにも言えるのね。どうして僕が好きになるTeam はこうなんだろ)。
 

 いろいろあって、Team 4は無くなってしまった。
 彼女たちは悔しかったろう。
 でもひょっとしたら、少しほっとしたところもあったかも知れない。新々Teamで、センパイたちと伸び伸びとやってる「うちの子」たちを見ると、そう思うこともある。


 でもねえ、君たち。
 僕はTeam 4が大好きだったよ。
 ぽんこつでもへなちょこでも
 たくさんの人がTeam 4のことが好きだったよ。
 胸を張ろう。
 君たちは新人水夫だけで船を出した。
 それはたった7人しか観客がいない劇場でのスタートに比べて、勝るとも劣らない(いや、そりゃあちょっと言い過ぎか。勝らないし、ちょっと劣るかも。でもちょっとだけ)出来事だった。
 船は蛇行し難航し座礁しかけて大変だったけど、それでも君たちは船を進めた。


 ごくろうさま。よくやった。つらかったろう。
 その1年とちょっとのこの日々は、君たちの大事な糧だ。

  AH あぁ私のことを/ずっと 見守って
  ほんの少しずつ/手を伸ばし/夢が叶うまで

 言うにや及ぶ。
 見守るぐらいお安いご用。 


 なんてね。
 紛う事なき「うちの子」たちの声が刻まれた「僕の太陽」を聞いていたら、こんなよしなしごとを書きたくなりました。

« ANN2013/01/11 | トップページ | 良席ktkr »

4-1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480163/48890643

この記事へのトラックバック一覧です: Dreamin' girls3:

« ANN2013/01/11 | トップページ | 良席ktkr »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

無料ブログはココログ