« 7時12分の初恋7 | トップページ | うおおおおおおおおお »

2013年4月 4日 (木)

2人乗りの自転車

words
video

 苦い酒を飲んだ。


 言いたいことを言わずにぐっとこらえ、言いたくもないことをにこやかに言い、こみあげるものをネクタイで食い止めて、苦い苦い酒を飲んだ。


 花冷えの深夜。泥酔してふらつきながら明かりの消えたビル街をとぼとぼ歩き、ようやくホテルの部屋にたどりついた。
 冷たい水をひとくち飲んで再生ボタンをクリック。
 パソコンの小さなモニターの中、なつかしいシアターのステージに彼女たちはいた。

  ちょっと見逃してよ このまま/Go to どこへでも
  Heaven 君となら/走り続けたい
   'Cause I'm loving you!

 たわいもない、片思いの「僕」の歌。
 秋元先生お得意の、せつない物語を載せたはじけるように明るいメロディー。 
 ノンストップの4曲目ともなればへとへとかもね。
 息を切らせながら、それでも満面の笑みを絶やすことなく踊り続ける彼女たち。


 ああ、そうだね。
 笑顔は伝染するね。


 その時、不意にわかった。
 どうして僕がこんなにあの場所に行きたくて仕方ないのか。


 僕が会いたいのは彼女たちだけじゃなかった。僕が会いたいのは、あの頃の僕自身なんだ。
 夢中になって夢を追いかけてる彼女たちを夢中になって応援しているまだ叶えるべき夢が人生の先にあることを微かに予感していた頃の僕。


 シアターに行けば、あの頃の僕に会える。


 今ごろ気がついたの?
 鈍いなあ。
 そんなこといっとう最初に言ってたじゃない。
 「時間のない国」って。

  勝手な想いに/代償は要らない
  ペダル漕いでいるのは/そこに道があるから

 確かな重みを後ろに感じているのに、ことさらに前を向いて何でもないふりをしながらペダルを踏み込んでいるのは、あの頃の僕。


 さっきまで笑ってたのに、モニターの中のラインダンスを見つめなが涙が止まらない理由は、秋元先生ならよくご存じですよね。


 それにしても西野(ハッピーバースデイ!)の足はよく上がるなあ。
 でもあの衣装はダッセエよなあ。


 ちきしょう。
 また会いに行きたいぞ。

« 7時12分の初恋7 | トップページ | うおおおおおおおおお »

B3」カテゴリの記事

School days」カテゴリの記事

「僕」の歌」カテゴリの記事

片思い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480163/51092444

この記事へのトラックバック一覧です: 2人乗りの自転車:

« 7時12分の初恋7 | トップページ | うおおおおおおおおお »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

無料ブログはココログ