« 夜叉ヶ池 | トップページ | 7時12分の初恋9 »

2013年6月30日 (日)

7時12分の初恋8

words
video


 くっそーやっぱり当たらんなあ。
 抽選申し込んだ直後は期待で一杯なんだけどなあ。いや、完全に希望が潰える直前まで当たる気満々。当たりメールがダウンロードされる予感がずっとしてるもん。我ながら前向きな性格だとは思うよ。
 でもね、当たらんものは当たらんのだよ。


 こういう時は、本筋に戻りましょう。


 そうそう、このブログの本筋はこっちでした。
 昔の曲のことあーだこーだごちゃごちゃ言うの。
 ずっとさぼっちゃってましたね。


 さぼってた理由ははっきりしてます。いろんな「現場」に出るようになったから。
 去年の7月から今日まで、公演が7回、コンサートが3回。
 こんなんヲタの皆さんからしたら小(ち)っちぇっ! と思うんでしょうが、自分にしてみれば小(ち)っちゃくないし!!


 それまでは曲を聴いて、歌詞を読んで、DVD見て、いろいろ調べて考えて書いてました。それはそれで楽しいことではあるのだけれど、現場の楽しさを知ってしまうとどうしても気持ちがそっちに引っ張られがちになっちゃう。
 今、起きてることについて語りたくなっちゃう。


 まあそれでもいいっちゃいいんですけどね。
 書きたいことを書きゃいいんだよ、別に。誰に頼まれた訳でもないんだから。

 
 さはさりながら。


 何だかんだで2年も書いてると、「書きたいこと」ではなくて「書くべきこと」を書くのが正しいんだなあ、ということを感じるようになって来るのが不思議。
 もちろん両者が同一なのがイチバンめでたいことなんですけどね。
 

 じゃあ「書くべきこと」って何? と自問すると明確にはわからないんですね。
 漠然とどっちの方向か、はわかるんですけどね。
 あ、あと「これは書くべからざることだ」というのはわかる。これは年の功ってヤツだね。


 でもって昔話。
 A4「ただいま恋愛中」の4曲目、「7時12分の初恋」その8。

 
 ちなみにその7は
 「7時12分の初恋7」。何と3ヵ月も前のこと。
 というか、もうこの曲の話ですらありませんね。


 「ガラスのI LOVE YOU」における「コール」の話をしていました。
 よく考えたら「コール」って何?
 「コール」だって立派なジャルゴン。文をものす時にはなるたけジャルゴンは避けてるつもりなんだけど、気がつくとついつい。


 ここで使っている「コール」とは、公演とかでお客がかけるかけ声のことです。
 メンバーのパフォーマンスが、お客に向けたメッセージだとしたら、「コール」(や拍手、歓声)はお客からメンバーに対する返答ということになります。だから「コール」について考えることは、公演における舞台と客席とのコミュニケーションについて考えることでもあります。


 なーんてね

  
 これまでのおさらいです。
 「7時12分」や「ガラス」で打たれていた「名前2音節コール(「あつあつあつあつ・あっちゃん」とか、「りなりなりなりな・りなちゃん」とかね)」は、「この曲のこの場所ではこういうコールをすることになってるんだよ」という「お約束」が観客に周知徹底してはじめてうまく機能する、個別性が高いコールと言うことができました。そしてそのお約束は主にシアターで培われたものでした。


 一方「ちょーぜつカワイイ」は、「お約束」を知らなくてもタイミングさえあっていれば誰でもコールすることができるものです。個別性は低い代わりにとても汎用性が高いコールです。


 「名前2音節コール」は、AKBでは2009年頃から打たれなくなって、代わりに「ちょーぜつカワイイ」コールが多くなりました。このことは、AKBでは2009年頃からシアターで培われてきたお約束がだんだん機能しなくなってきたことを表していると考えられます。言い換えれば「シアターの発信力」が相対的に低下したとでも。


 そりゃそうだよね。シアター行きたくても抽選めったに当たらないんだもん。たとえ当たっても、そこは同じような「めったにシアターには来られない人」ばっかり。「お約束」をちゃんと知ってて、それをさりげなく新参者に教えてくれる常連さんは少数派なんだもの。


 そういう状況でもAKBは2009年頃からどんどん売れ始めて、やがて「国民的アイドル」に育っていきました。
 その躍進の推進力の主体はすでにシアターではなくなっていました。だってシアター入れないんだもの。
 もちろんオンデマンドという、シアターの代替手段が現れ、たとえシアターに行かなくてもそこで起こったことを追体験ないし疑似体験することはできるようになりました。でもAKBがブレイクしたのは、オンデマという、ごくごくマニアックで限られた人向けのメディアのおかげ、ではなくて、言うまでもなくテレビやラジオなど、不特定超多数向けの「マス」メディアであったことは間違いありません。


 そういや「第1回総選挙」も2009年のイベントだったよね。

 
 その一方、同じ「ガラス」でもSKEにおいては、2009年になってもまだ「名前2音節コール」が残っていました。それどころか、2012年5月の段階でもキレイに揃った「りなりなりなりな・りなちゃん」コール。


 で、それは何で? というのが前回までのお話でした。
 あらすじ紹介で本編終わっちゃったよこれ。

« 夜叉ヶ池 | トップページ | 7時12分の初恋9 »

A4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480163/52237923

この記事へのトラックバック一覧です: 7時12分の初恋8:

« 夜叉ヶ池 | トップページ | 7時12分の初恋9 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ