« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年8月

2014年8月18日 (月)

桜の花びらたち2014

words


 「桜の花びらたち」の話。
 まだお前は公演の余韻に浸っているのか、と言えばその通りなんですスミマセン。
 

 Team 8の公演を見て、この曲を聞いて、頭の鉢がまたぞろ開いてしまったみたい。
 

 僕、この曲好きなんですよ。「桜の花びらたち」。
 そりゃアヤをつけることもできますよ。秋元康だし。


 そもそも「花びらたち」ってなんだ「たち」って。
 「たち」ってのは人につける複数を表す接尾語であって、ものに「たち」をつけるのはおかしいだろ。
 百歩譲って、この「花びら」は「去って行く人」を象徴しているのだから、あえて人っぽく「たち」を付けました、てへ、というのならそれを受け入れてもいいが、「花びらが咲く」ってのはどういうことだ咲くのは「花」だろ花びらは咲かないだろ。


 なーんていろいろ文句言ってても、現場じゃでれっと見とれてたんですけどね、ちっちゃくフリコピしながら。


 そう、フリの話。


 この曲のフリは、比較的易しそうに見えます。というかハード的に難易度の高そうな動きはない。
 だから客はフリコピがしやすいよね。


 ただやる人にとってカンタンなフリなのかというと、ホントはそうじゃないのね。
 動きが速くて大きくて派手なダンスは、とにかく動きを憶えてその通りに動いてりゃまあ踊ってる風に見える。「フラゲ」のあっちゃんの真似とかね。
 反対に「桜の花びらたち」の所作は緩やかな分、粗が見えやすい。
 袖を通して帯を結べば浴衣着てますってことにはなるけど、要所がちゃんとしていないと、だらしない姿にしか見えないのと同じ。浴衣のだらしないのって、うんとカッコ悪いでしょ。
 

 でなきゃ夏先生に泣かされないよ。


 指でオーケーサインを作って、左右上下に振る、ってフリがあるでしょ。
 カンタンそうだよね。でもあれを雑にやると、指にばっちいのがついたのを振り払ってるように見えちゃう。
 この歌のPV、カットの半分くらいが練習風景なんだけど、この部分をみんなで真剣に合わせてるシーンがある。
 きっと夏先生に怒られたんだよね。
 「これは指で持ったベルを鳴らしてるの。そんなんじゃきれいな音しないでしょ!」って。


 僕が一番好きな部分は、ここ。 

   新しい世界のドアを/自分のその手で開くこと

 にも書いたけど、ここは手の動きで「扉」を開くところを表してる。


 スタンドマイクを使ったパフォーマンスの時は、「自分のその手で」のところで両手の甲を客席に向け、少し斜めに重ね合わせる。これが「扉」ね。
 その後手を下にくるりと回して、今度は客席に向かって手のひらを向けます。
 そしてさっき作った「扉」を開くように両手を広げる。この時歌詞はちょうど「開くこと」に当たってる。


 ハンドマイクを使っている時は、左手にマイクなので右手だけでこの動作をやります。


 いろんなTeam、いろんな人の「扉」を見たんだけど、僕がイチバン好きなのは、B2「会いたかった」公演での渡辺麻友。
 もしお手元に公演DVDがあれば、是非見て頂きたい。
 42分47秒あたり。左手にハンドマイクを持ってますので右手だけなんですけど、その所作の美しいこと優雅なこと。上手どなりの人(たぶん柏木)と比べると、その丁寧さがよく判ります。
 この場面だけ何回見直したことか。


 この部分、SKEバージョン(S1「PARTY」公演)では、最初から手のひらが客席に向いていました。これじゃ「扉」にならないじゃん。でもKII1「会いたかった」公演の「桜の花びらたち」ではちゃんと手の甲で「扉」を作ってたし、後にSKE全体で歌う時も、ちゃんと「扉」になってましたから、修正されたんでしょう。
 

 他のTeamではどうでしょう。
 

 難波では、二期生公演が「PARTYが始まるよ」でしたが、これは確認できませんでした。
 後のBII1公演につながる三期生公演が「会いたかった」で、この中で「桜の花びらたち」が歌われています。
 「会いたかった」の「桜の花びらたち」は、オリジナルではハンドマイクを使うのですが、BII1ではスタンドマイクを使っています。


 定跡通り手の甲を客席に向けて「扉」を作ります。
 作っているのは加藤夕夏。
 ずいぶん頑丈そうな「扉」ですよね、うーか。

Bii1


 ここから手を下にくるっと回して、

Bii2


 客席に向かって手のひらを開きます。

Bii3


 そこから両サイドに「扉」を開いて行く。

Bii4


 うーかは開くというより、「こじ開ける」感じ。


 次に博多。
 博多の研究生公演が「PARTYが始まるよ」でした。
 僕これ現場で見たもんね-。
 Team Hも、一周年記念公演で「桜の花びらたち」をやってます。宮脇が涙を必死にこらえながら歌った「桜の花びらたち」。
 その時の兒玉遥の「扉」。門扉が水平ですね、この「扉」。
 隣の村重がちゃんと斜めの「扉」を作ってますから、これははるっぴのクセなんでしょう。

Hk1


 くるっと回して表を向けて開く。

Hk2
Hk3
Hk4


 定跡通りです。

 でもこないだのTeam 8の公演、シアターであれっと思ったんです。
 ちょっと所作が違う。
 「扉」が見えない。

 家に帰ってオンデマの画像を確認しました。やっぱ「扉」が無い。

 栄での人見古都音(岡山県)です。
 すらっとしたべっぴんさんですよね、この人も。でもどっちが名前でどっちが名字なのかちょっと区別が難しい。ひとみことね。
 確認して見ると、やっぱり「扉」になってない。「ちょうだい」みたいな手の形。

81


 こっからくるっと回って手のひらをこっちに向けて開くのは同じ。

82
83
84


 この人だけのヴァライアンスかとも思ったんですが、そうじゃりませんでした。
 今日までのTeam 8の全公演をチェックしたんですが、やっぱり「扉」じゃなくて、みんな「ちょうだい」になってる。

80813
80805akb


 何でなんだろ?
 これが最新ヴァージョンってことなのかしら。


2014年8月15日 (金)

PARTYが始まるよ9

words


 横道侑里(静岡県)から西野を連想したのは、僕だけではなかったようだ。
 ネット上には「横道侑里とかいう西野未姫の上位互換」などというちょっとシッケイなスレッドが見つかった。
 そっかー、西野も静岡県なのか。
 何かメンバーについてネットでムキになって情報をあさるのって久しぶりです。


 他に気になった人など。


 橋本陽菜(富山県)
 メガネ&ツインテールで強い印象がありました。
 「会いたかった」のPVであっちゃんにサムアップしてた頃の(会ったことないけどね)、まだちょっと垢抜けてない(ゴメン!)えれぴょんを思い出しました。


 永野芹佳(大阪府)
 センターポジションだった人。
 たぶんイチバン声援が多かったと思う。確かにべっぴんさんでしたね。
 垢抜けて破壊力が増進中の頃の(会ったことないけどね)、えれぴょんを思い出しました。


 大西桃香(奈良県)
 くりっとした目と、厚めの唇が印象的で、ちょっとエキゾチックなテイスト。
 「青空のそばにいて」では、感極まったように目に涙をためていました。
 ああそういや、Jも泣いてたっけ。S1の「青空」の時。

 
 山本亜依(三重県)
 「お色気担当」って言ってた三重県の人。
 うーん、オジサンは別にお色気は感じなかったけど、キレイな顔立ちのお嬢さん。
 すこーしJに雰囲気が似てるかな。
 お子ちゃまが多い中、貴重な人材かも知れません。


 藤村菜月(愛知県)
 「なちゅ」って愛称なんだけど、ホントにいいのか「なちゅ」で。
 頼りなさそうな自信なさそうな、そんな表情と、やり終えた時のホッとした笑顔が何とも初々しい人でした。つい声を掛けてあげたくなるような。


 濵咲友菜(滋賀県)
 自分で言ってたけど、確かにちっちゃい。12歳だってよおい。


 みんな総じて見場がいい。
 言っちゃなんだが、今、A1の「会いたかった」を見直すと、ダッサダサだったりするでしょ。
 ほら、磨かれた後をもう知っちゃってるから。
 それに比べるとTeam 8のみなさんは、最初っから小ぎれいですよね。


--
 

 幸福な疲労を感じながらの帰路、運営からメールが届いた。
 「公演観覧Webアンケートのお願い」。
 今日の公演の出演者のうち誰の出来がよかったか。ダンス、MC、総合評価の3つの観点から1人選べ、というもの。


 これまで9回公演に入ったが、こういうメールを受け取ったのは初めてだった。
 調べてみると、この4月からはじまった制度のようだ。
 このアナウンスによれば、「皆様のご意見・ご感想を受け付けるWebアンケート」となっているが、実際僕が受け取ったのは、要するに「誰がよかったか」を聞くだけのものだった。


 AKBの黎明期、アンケートの結果によってメンバーの地位を決めるいう構想があった。例によって構想で終わったのだが、この構想は後に形を変えて乃木坂46の「16人のプリンシパル」シリーズに採用された。似たようなシステムを採っているアイドルグループもある。
 

 このデータがどう使われるか、アナウンスには「劇場運営と劇場公演の更なる向上のため」とあるが、「誰がよかったか」だけ聞いても運営の向上にはならないよねえ。
 「また、回答内容は、AKB48グループペナントレースの個人賞の参考にもさせていただきます」ともあるけど、むしろこっちがメインのような気がするよねえ。


 要は個人の査定である。


 査定が悪いって言ってるわけではない。公演でのパフォーマンスをちゃんと評価するってのは、大事なことだと思う。
 「公演でガンバレば、上に上がれる」というのは、とってもいいニュースだよね。  
 

 でもTeam 8に限って言えば、事情は違うような気がする。
 

 トヨタのキャンペーンはいずれ終わる。
 その時Team 8がどうなるのか、僕は知らない。僕が知らないだけかもなのだが、巨大スポンサー抜きで47人のTeamを維持していくことはたぶん、無理だろう。


 メンバーもこの先ずっとアイドルとして活動していく気持ちがあるのか、今のところは分からない。たとえば藤村菜月(愛知県)は、「将来の夢はヘアメイクアーティスト検定合格」と述べていた。彼女にとってTeam 8でのアイドル活動はちょっとした脇道なのかもしれない。
 一方、横道侑里(静岡県)は、将来宮澤佐江、大島優子とともにタップダンスをすることが目標だと語った。それがアイドルとして、であるかは分からないが、彼女は「ダンスをする人」になろうと欲しているのだろう。


 キャンペーンが終わった時、全員がAKBに残ることはないだろう。
 自分で辞める子もいるだろうが、望んでも残れない子はきっと出てくる。いわゆる、セレクションだ。その時、この公演のアンケート結果は重要な意味を持つんだろう。


 仕方ないことには違いない。でもTeam 8の中心である13-14の少女たちにはちと重い荷物だよなあ。そしてそれを背負わせているのは、運営では無く僕らヲタなんだよなあ。
 

 気がついてないけど僕らがそれを望んでいる。運営はそれを掬い上げてるだけ。
 望んでいなければ、「総選挙」にあれだけ入れ込む理由がわからないもんなあ。


 と、アンケートに答えながら思いましたとさ。


 願わくはキャンペーンが終わる前に出来るだけ多くの人と、出来るだけたくさん会えますように。
 でもお呼ばれは一公演につき1回こっきりってのが最近のパターンなんだよねえ…。

2014年8月14日 (木)

PARTYが始まるよ8

words


 午後4時50分秋葉着。


 今はもう幻となってしまった最前列で「Only today」に号泣して以来はじめてのシアターだ。
 8階に上がると、エントランス前にはものものしいゲート型のメタルディテクターが鎮座ましましている。その前に並ぶお賽銭箱。


 4つ並んだ箱には、よく見ると見慣れない名前が書かれている。その代わり僕をここに導いてくれた光宗大明神の御神名を見ることはもうできない
 そうか、リニューアルしたんだね。

20140813_1655


 別にTeamごとの箱ってわけではないみたいだが、あっちこっちれなっちのサインをめっけて吉例通りお賽銭を投入。
 ちなみに金額は1300円。そのココロはチケ代1800円と合わせて計3100円也。正規Teamのチケ代と同額。たとえ運営が「研究生以下」と値踏みしても、いやしくも「Team」を名乗るからには正規Teamと同じ金額を払うのが礼儀ってもの。


 お兄さんにアピールして、11枚めのステッカーをゲット。そのうち一枚はキャン待ち干されロビ観の時の1枚だから、シアターへの入場は今日でちょうど10回目。おお、十分の一VIPじゃん。


 抽選は七巡とまずまず。入場すると椅子席はまだたくさん残っていたが、ためらわずに立ち見中央最前へ。
 目の前には遮るものの無い開けた視界。うわあ、何て広々とした景色なんだろう。何だか世界は全て俺のモノって感じじゃんこれ。座りの最前もよかったけど、ここもいいねえ。


 にやけながら待つことしばし。
 ウエストミンスターのベルが響き、はじまったのは紛う事なき「PARTY」。

  PARTY!/すべてを忘れて!

 はい。
 「すべて」では無いにせよ、普段自分を縛っているものを忘れられた時間でした。
 歌い、踊り、跳ね、しゃべる彼女たちを見ていると、自分の中のしおたれた部分が潤っていくのが判るようでした。「元気をもらった」って表現はあんま好きじゃ無いんですけど、そういうことってホントにあるんだなあ。


 声も出したよ。これまでの9回の公演、どちらかというと僕は静かにしてる方が多かったのだけれど、この日は違った。MCに大仰な返事をしたり、憶えたての名前をコールしたり。


 観覧場所がよかったというのは大きいのだけど、それに加えてシアター全体の雰囲気がとてもよかった。何というかインティメントで、シアターのみんなでひよっこを支えてやろうという気分が充満していた。だってほとんどの子が秋葉のシアター初舞台で、みんな「アイドル未満」なんだもの。
 メンバーもそういうお客の意思を感じるのか、最初ガチガチだった子もだんだんと笑みがこぼれるようになったようだった。


 あ、これって古参の人の言う、AKBの最初の頃と似てるのかな?
 ひょっとして僕の幸福感って、それの疑似体験?


 そんな夢想にひたる僕を現実に引き戻したのが、ダブルアンコールで披露された「恋するフォーチュンクッキー2」なる替え歌。
 要するにCMソング。
 方言が楽しい曲なんだけどさ、あからさまな宣伝文句を聞いていると、Team 8が宣伝企画前提の、まことに華奢な存在なんだ、ってことを否が応でも思い出してしまう。
 タニマチが企画に乗っからなかったら、この子たちはここには立てなかったんだからそれはしゃあないっちゃしゃあないんだけどさ、シアターで商品名を連呼されるとちょっとねえ。


 ウソウソ。ヲタはみーんな大好きですよ、充電プリウス。今度3台くらい買いますからね、Team 8から手を引かないでね、トヨタさん。


 最初は全く誰が誰だか分からない状態だったのだけど、県名とリンクするシステムは記銘力が減退しているオジサンには親切ですね。名前は覚えられなくても県名なら頭に入るもの。
 「お色気担当のおねえさんは三重県ね」とか。
 そうそう、全員がちゃんと自己紹介でひとネタやってて偉かった。まだ恥ずかしそうだけどさ。


 横道侑里(静岡県)
 「PARTY」から視線を奪われた。誰だありゃ。動きが他の子たちと全然違うぞ。
 子羊の群れに紛れ込んだ子鹿みたいに跳ね回ってる。身体はちっちゃいんだけど、大きなフリでカバーしていてる。
 「時間のない国へ」と、みんな顔をこちらに向けたままで天を指さすんだけど、この子だけはホントに天を向いていた。そこにそれがある、かのように。思わず僕も指さす先を見ちゃったぞ。
 ああ、これは「公演モンスター」西野と出会った時と同じだ。あの時西野が見上げた先に、確かに青空と向日葵が見えた。
 「DMT」「毒リンゴ」だと後列端っこでよく見えなかったんだけど、それでもポニテの舞い上がりかたが尋常じゃないので存在がわかる。お、都築りかちゅうの時もそうだったっけ。
 ユニットでは「スカひら」で大島ポジ、「星の温度」では川崎ポジ(かな。この曲の分担について僕はちょっと自信ない)。どちらもきちんと表現しようとしていた。特に「星の温度」。この曲の難しさは、前にも書いたけど、「静と動」「冷と熱」のコントラストの表現にある。そういう「歌の心」を、横道はわかって表現しようとしていたように、私には見えた(←カギさん風に言ってみました)。それがねえ、栄でやった8月5日の公演じゃあんまりできてないのよ。今見てみたんだけど。だからちょっとの間に進歩してるの。この子。
 本領発揮はアンコール後のメドレー。「言い訳Maybe」じゃあっちゃんポジ、「恋するフォーチュンクッキー2」では指原ポジとどっちもセンター。表情も多彩でいい動きだ。よく見てると、随所にいろいろ仕掛けている。
 「恋チュン」では、サビで腰を振りながらターンをするフリがあるのだが、身体を捻りながらなかなか顔はついていかない。ギリギリまで正面を向いてそこからクルリと回る。じらしてじらしてじらしてすっとターン。この緩急がいい。
 この人の「RESET」とか「手つな」とかを是非見てみたいなあ。


 ああ、まだ書ききれないや。

2014年8月13日 (水)

PARTYが始まるよ7

words
Tag:Greeting


 というわけで、Team 8による「PARTYがはじまるよ」。

 
 これまでのTeamが「会いに行けるアイドル」だったのに対し、Team 8は「(メンバーがファンのところに)会いに行くアイドル」なんだそうな。
 タニマチに超巨大企業を迎え、活動費用の多くをおそらくはその広告宣伝費でまかなっているんだと思う。イカサマ師錬金術師やすす御大の面目躍如だよなあ(ホントは栄のシマなんだけどねえ、本店のご威光だよねえ)。


 しかしもしタニマチが費用対効果に疑問を持って資金をカットしたら、Team 8はたちまち雲散霧消してしまうのだろう。


 だからTeam 8は「Team」を名乗っていても、ホントの正規扱いではない。
 そこはかとなく企画モノ、イロモノの匂いがどうしても漂う。


 公式サイトの序列では15期研究生の下、「大人AKB」の上。
 何よりも公演のチケットフィーが1800円(成人男性)とお安い。


 現在AKBのチケットは、正規の公演が3100円、かつての研究生公演に相当する割引公演が2100円となっている。それを踏まえたこの値段設定は、言っちゃ何だが運営が「Team 8は研究生よか下ですよ」と公言しているに等しい。
 まあキャリアとかスキルとか考えたら、運営の値踏みは妥当なのだろう(余談だが、難波ではTeam Nの公演チケットは3080円、Team MとBIIと研究生公演は2080円という値段設定をしている。需要と供給のバランスに基づくこのあからさまな格差は、いかにも吉本風味ではある)。


 でもやってる子や、それを見に来るヲタにしてみれば、そんな事情はカンケーない。
 そこで行われていることが、ホントに「PARATY」の名に値するのかどうか、それだけ。


 で、どうなの?

 
 Team 8の初日は8月5日だった。


 メトロポリス@尊師は声を大にしてX-large の赤フォントで「今夜の公演、それは紛れも無くPARTY公演そのものでありました!!」と叫んだ。

 
 メモリストさむさんは初日を見て「夢がぎっしり詰まった公演だった。本店劇場でこれだけ夢が詰まった公演を観劇できたのは何年ぶりだろうか」とべたぼめ、と思ったら二日目には「凄かった! とにかく感動。前日に続き、夢がぎっしり詰まったステージだった」とさらにヒートアップ。

 
 妄想カギさんは冷静を装うのだが、行間からにやにや笑いがこぼれてます


 古参の見巧者たちが揃いも揃ってガキに戻ってる純粋に喜んでいる。


 くっそーこれは見たい。見たいぞ-。
 でも当たんねーだろーなーちきしょー。


 そう思いながらしこしこ申し込みをしていたら……あっさり呼ばれちゃいました。


 うっひょー。

PARTYが始まるよ6

words
Tag:Greeting


 ダダダダダダダダダ

PARTY!

 
 DMMで「思い出せる君たちへ」が配信されはじめた。


 2013年5月。
 こいつは僕が干されに干されたコンサート。
 何日分何口申し込んだと思ってるのよ。
 前年の「見逃し2」でTeam Eとの幸福な初邂逅を果たしたものだから、どっか当たるだろそりゃって楽観してたのに。
 ぜーんぶ空振り。


 その代わりと言っちゃなんだが、HKTの研究生公演と、研究生武道館公演がぽんぽんと当たったってわけで、まあ禍福はあざなえる縄の如しってことなんだけどさ。


 どうせDVD化されるんだろって思ってたのだけれど、これがなかなか出ない。 
 「ファミリー劇場」で流したってんだからソースはもう仕上がってるはずなのに。
 それがやっとDMMからオンデマ配信されるようになったってわけ。
 


 初日はモチロン、「PARTYがはじまるよ」。


 見ちゃいましたよ。
 ここんとこずっとご無沙汰だったAKB、正直もう気持ちの中で何かが終わっちゃったのかな、と思ってたんですけど、つい見ちゃった。


 「PARTYがはじまるよ」。


 ああ、やっぱり最初のダダダダダダダダはマシンガンだったんだな。
   

 誰であるかを一瞬も考えることなくわかる、彼女たち。
 何の造作もなく思い出すことができる、というか「思い出す」という作業が全く必要のない、「よく知っている」面々。


 板野、小嶋、篠田、高橋、秋元(オ)、梅田、大島(優)、
コバヤシカナ大王陛下、松原、宮澤、柏木、片山、菊地、渡辺、北原、横山。


 去年の5月のことなのに、この半数がもうAKBにはおらず、日遠からずしてもう1人が脱退することになっている。
 ああ、「このAKB」はもうどこにもいないんだ。


 いやはや。


 そんな事実を噛みしめながらあのコスチュームの不似合い具合(いみじくも小嶋が吐露したように!)を鑑賞していると、なんだかなつかしい同窓会に参加しているみたいだった。
 

 同窓会だって?


 もうAKBも「PARTY」も過去のことになってしまった。そういうことなのかしらん。
 と思ってたら、また新たな「PARTY」が始まったって言うじゃないですか。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

無料ブログはココログ