« アイドルの夜明け2 | トップページ | RESET4 »

2015年3月12日 (木)

誰かのために9

 4年めの3月11日。


 当選しないだろうな、と思いながら応募したのだけれど、やはりダメでした。
 まあいつか呼ばれる日が来るでしょう。5年めか、10年めか。
 AKBと呼ばれる運動体が続く限り、この日は特別な日であり続けるでしょう。


 4年前。
 あの頃、僕は駆け出しのヲタでした。


 一人一人、メンバーの顔と名前を憶えていくのが楽しくて仕方ありませんでした。まるで新しいガールフレンドが増えていくような気分。
 とびきりのベッピンさんじゃないけど、それぞれ個性があって気のいい女の子たち。


 2011年3月11日、僕は館山界隈にいました。
 そう、「会いたかった」PVのロケ地。
 ダンスショットを撮影した灯台、麻里子さまたちがお茶していたカフェ、高橋と優子さんが駆け抜けた線路沿いの道と駅、そんなところを巡礼していました(仕事のついでに、ね)。


 昼過ぎ、何の問題もなく船で東京湾を渡り、高速道路でオフィスに戻りました。海は穏やかで、道はスムースに流れていました。
 デスクに座って仕事に取り掛かった午後3時少し前。

 
 揺れがすんだ後、オフィスのテレビに映っていた、空からの光景。
 海が陸をのみ込んでいく。家、畑、自動車、そして人を。


 それからの日々、直接被災したわけでも、身内やともだちを失ったわけでもなかったけれど、見上げた空からたくさんの剣がぶらさっているのが見えるような、不安な日々でした。その間、僕はバカみたいに彼女たちの曲を聴きながら過ごしていました。
 そうすることでやっと心の平安を保っていたのかも知れません。


 「誰かのために」。
 身内でも恋人でも友人でもない、それどころか一生会うことのない、ただ「人間」という属性を共有するだけの、どこかの「誰かのために」。
 今にして思えば彼女たちが歌う、その歌に込められた思いに支えられていました。
 感謝をしなければいけませんね。


 4年めの今日。
 我が敬愛する松村先輩は宮城に、最近会ったばかりの岡田(奈)と西野と岩立と彩希は岩手や宮城に行っています。
 僕らの代わりに、僕らの知らない「誰かのために」。

« アイドルの夜明け2 | トップページ | RESET4 »

地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480163/59239681

この記事へのトラックバック一覧です: 誰かのために9:

« アイドルの夜明け2 | トップページ | RESET4 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

無料ブログはココログ