« 会いたかった4 | トップページ | 夢を死なせるわけにいかない »

2016年4月18日 (月)

誰かのために9

words

   誰かのために/人は生きてる
   私に何が/できるのでしょう

 震災に遭われたみなさま、心よりお見舞い申し上げます。


 ちょうど5年前に東北に大地震が起こった時、僕が直感的に思ったのは、AKBに繋がっていることはきっと被災地のためになるだろう、ということでした。もちろん僕個人でできることもたくさんあったし、実際に被災地に行くこともしました。でもそれとは別に、あの大変だった日々の中で、AKBに「うつつを抜かしている」ことは決して無駄ではないという予感がありました。
 彼女たちはそういう存在だと。秋元康はそういう男だと。
 その後の日々、彼女たちは僕の代わりに、計り知れないほど多くの慰めを被災地に届け続けて来ました。もちろんこれからも届け続けるでしょう。
 世の中の多くの人たちは知らないかも知れませんが、僕たちはそれを知っているし、そのことを誇りに思っています。


 そして彼女たちは、今度の地震で傷ついた方々の慰めにもきっとなるはずです。 


 10年史の中で、しのぶさんがいみじくもおっしゃっています。
 「AKB48のファンは人間愛になっていく」と。
 最初はメンバーの誰かへの疑似恋愛のような気持ちで始まっても、やがてメンバー全体を支えたい、という「愛」に変わっていく。AKBにはそういう不思議なところがあります。


 僕にも「推し」の子とか贔屓筋のチームはあるのですが、その背景にはAKBという運動体そのものに対する「愛おしさ」が存在しています。
 べっぴんさんの子。ダンスのうまい子。一生懸命の子。だらだらやってる子。楽しそうな子。いつも不満そうな子。なんだか輝いてる子。どうしてもくすんで見える子。
 一人一人はみんな違っていて、でもAKBという大きな家族。


 そしてその向こう側、もう一歩だけ向こうに「人間」というもっと大きな家族が見え隠れしています。そこまで大きいと一人一人の顔は見えなくなってしまうのだけれど、でも間違いなくそこにいて生きている「誰か」。
 そう、見も知らない誰かのために人は生きている。

 
 九州で今も震えている見知らぬ誰かのために、その人の見知らぬ僕がここで祈っています。
 もう少ししたら彼女たちがまた、見知らぬ者どうしをつないでいくことでしょう。
 さあ、シアターに行ってささやかな気持ちを伝えてきましょうか。
 今、1年ぶりにシアターへの招待状が届いたというのは、たぶんそういうことなんでしょう。

« 会いたかった4 | トップページ | 夢を死なせるわけにいかない »

A3」カテゴリの記事

地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480163/68880638

この記事へのトラックバック一覧です: 誰かのために9:

« 会いたかった4 | トップページ | 夢を死なせるわけにいかない »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ