« 最終ベルが鳴る2 | トップページ | 会いに行こう »

2016年9月29日 (木)

最終ベルが鳴る3

うへえ。


じじいは泣いてばかりいるな。
やっぱ歳だわなあ。


 実際、10歳若かったら何とも感じなかったであろう、些細なことに、泣くわけではないがしみじみと心が震えるってことは多くなったのは確かだ。
 ああ、ご飯がうまいなあ、とかね。


 まあそんなことはもうどうでもよろしい。


 田野優花。


 記録を見ると、これまで僕はこの人とシアターで2回会っている。
 2014年の3月と10月。
 そしてそれ以前にも「大場」Team 4「僕の太陽」全公演をオンデマで見て、昔からよく知ってるつもりだった。踊りが上手くて、南方系の顔立ちのべっぴんさんなのに前思春期特有の鬱屈が時々見え隠れしていた。
 彼女の「愛しさのdefense」がイチバン好きだった。


 でも僕は彼女のことを全然知らなかったようだ。


 僕の目が節穴だったのか、彼女が変わったのか。
 たぶん両方。


 感涙にむせびながらも僕の目はずっと田野を追っていた。

 
 端的に言えば、彼女は子犬の群れに紛れ込んでしまった狼だった。
 愛らしいワンちゃんたちが、可愛いダンスをしてる中で、それに合わせようとしているんだとは思うんだけれど、時折隠しきれない爪や牙が空気と僕の胸を裂く。


 こりゃ孤独だろうな。


 自嘲なのか、それとも素直な本音なのか。彼女は自己紹介で自分には友だちがいない、と語った。たった一人の友だちが、この間卒業しちゃったんだと。
 あれ、武藤って卒業したんだっけ? と一瞬思ったが、真意はすぐにわかった。武藤は田野の「友だち」じゃない。たぶん彼女の「魂のもう半分」。きっと平田か岩田のことだったのだろう。
 それを聞いてた横の相笠が、「わたし、わたしは?」とアピールしていたが、田野はにべもなく否定した。「仕事仲間」だって。
 相笠も、かつては間違いなく狼の種だったのに。


 後半のMCで、「20歳以上」と「以下」に分かれて語り合うというお題があった。
 その間彼女は思う存分悪態をついていたが、話題の流れで「以上」代表のみぃちゃんが「じゃああなたたちは何ができる?」と尋ねた時、田野はためらいもなく即座に答えた。
 「何でも出来る」と。

 
 「何でも出来る」。
 歌でも。ダンスでも。シアターのヲタを沸かそうと思えばそれも。
 求められれば、それ以上のことをいつでも。
 躊躇なくそう答えられるだけの努力を、おそらく彼女は続けてきたのだろう。


 それなのに。


 アイドルとしての田野のキャリアパスは、贔屓目にみても順風満帆とは言い難い。ありていに言えば「干され」「鳴かず飛ばず」「その他大勢」。
 あれだけのパフォーマンスができる人が、この場所にいなければならないというのは、これはもう組織における根の深い病理だ。せめてもの救いは、彼女の魂の「もう半分」が選抜に入ったってことだろう。
 思春期はとっくに終わって、田野の鬱屈はさらに深くなっていったようだ。


 それでも。
 

 踊っている間は出口が見えない閉塞感なんか、みじんも感じさせなかった。
 ああ、この人を見るためだけでも、何度でもここに来よう(もちろん西野だって見たいし、彩希さんや茂木ちゃんだってそうさ)。


 終演後の「お見送り」で、僕は両手を重ねて彼女に賛辞を示し、「すばらしかった」と唇で伝えた。たったそれだけなのに、田野は驚いたように、素直に喜びを表して隣の子のマイクに手をぶつけてしまっていた。
 てっきり「あ、どーもー」程度の返事だろうな、と思っていたのに。
 どうやら彼女には賞讃が全然足りていない。


--


 みぃちゃん。
 行き遅れてこじらせたアラサー「女子」が、ちょっと間違った方向にはじけちゃったような髪色になってた。いや、似合うけどさ。


 島田。
 カワイクなってた。いまさらだが。ほんといまさらカワイクなってどうすんだ島田。


 阿部。
 どこにいても美しかった。どこでも美しく、いつでもぬーっとしていた。


 彩希さん。
 やっぱり可愛い、一生懸命の彩希さん。カギさんが褒めるだけのことはある。
 生誕祭お土産のゆいりんご人形を見せたら喜んでた。
 やっぱカワイイや彩希。


 市川(愛)。
 一瞬昔の相笠に見えた。時々噛みつきそうになる。田野がいなかったら、間違い無くこの人を追い続けていただろう。

« 最終ベルが鳴る2 | トップページ | 会いに行こう »

Ambition」カテゴリの記事

K4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1480163/68906386

この記事へのトラックバック一覧です: 最終ベルが鳴る3:

« 最終ベルが鳴る2 | トップページ | 会いに行こう »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ