« 2016年11月 | トップページ | 2017年3月 »

2016年12月

2016年12月14日 (水)

森へ行こう3

words

   深い絶望にも/明日は来るように
   風が木漏れ日を/教えるだろう

 絶望を測る言葉は深さ。深い深い、深さ。
 その底で見上げた時に、枝の隙間からこぼれる光を捉えることが果たして彼女たちにできただろうか。


--


 西野未姫。
シアターに行くことがなければ決して知ることはなかっただろう、僕のアイドル。
 最初の出会いは、2012年11月14日。研究生による「僕の太陽」だった。
 当日まで全く見知らぬ人だった。幕が開いて、最初はよく動く子がいるなあ、という程度の認識だった。決して目を引くべっぴんさんではないけど、笑顔が印象的だった。
 そして、「向日葵」。
 手を挙げ天を仰ぐ彼女の視線の先に、一瞬確かに青空が見えた。
 ホントなんだってば。
 「向日葵」は(というか「僕太」公演は、オンデマの小さな画面を通じてだけれども)何十回も見てきた。でもそんな風に感じたことは今まで一度もなかったんだ。


 あれから4年。
 数えてみたら9回、彼女とシアターで出会った。たとえ柱が邪魔をしていても、西野がそこにいることは空気を伝わってわかった。
 「元気をもらう」なんて表現は好きではないが、ステージの西野を見ていると自然にほほえみが生まれ、活力が沸いて来た。
 「今日も西野は西野だった」。
 それを確認するだけで幸せな気持ちになった。


 ちきしょう。それが、それこそがアイドルの存在意義じゃないのか?
 それだけで十分じゃないか。


 言っても詮の無いことではある。
 せめて彼女が「卒業」を口にした瞬間を、その場で目撃できたことを光宗大明神に感謝しよう。


 予兆はあった。
 その夜、久しぶりに見た西野はでっぷりと肥えていた。
 噂には聞いていたが、あれだけ動くことに費やすエネルギーを、遥かに越えるカロリーを、彼女はとり続けていたのが、一目でわかった。
 喰うしかなかったんだ。そうしなければいられなかったんだ。
 17歳だぞ。たったそれしか生きていない子どもを、どれだけ追い詰めたら気が済むんだ。


 ちきしょう。


 それでも西野は明るかった。
 飛んで跳ねて、笑ってしゃべって。岡田(奈)の生誕祭をぎりぎりまで明るく取り仕切った。

 
 偉かった。偉かったぞ、西野。
 君がいないステージに慣れるまでどれくらいかかるのだろう。
 その前にせめて。いまひとたびの。


--

心に残った人々。こまごま記す気力が出ないので手短に。


もちろん岡田(奈)。
同じく彩希さん。
初めて出会った田北。朱い唇の。
野澤。緊張を吸い込んでいくブラックホールのような。
佐藤(妃)。かわいいかわいいだけの女の子かと思ったらさにあらず。


--

   そっと目を閉じて/思い出しましょう
   心に届く/神々しい
   光がある
   森へ行こうよ


いつかまた、森のどこかで。


森へ行こう2

 ちきしょう。
 西野が「卒業」する。
 どうしたらいいんだ。
 あの場所で西野を見ることが、もうすぐできなくなる。
 ちきしょう。


words

   いつも大人たちが言っていたわ
   「森の中で遊んではいけない」と

 鬱蒼と針葉樹が生い茂る黒い森。
 そこに住んでいるのは、子どもたちを大鍋で煮ようと待ち構えている魔女や、そのはらわたを喰らおうとする狼。
 でもそこにも必ず太陽の光はさしこみ、見たことも無い美しい花や、ひょっとしたらお菓子でできた家が建っているかもしれない。
 そんな、森。


 「大人」が禁じている森。
 それは何のメタファーだったんだろう。
 危険だけれど、あやしい魅力と無限の可能性が隠されている場所。大人が諦めたそこに行けるのは子どもだけ。
 そんな「森」を、僕は想像していた。


 でも今日、西野の「卒業」を聞いてからは、その森は、西野が迷い込んでしまった森としか思えなくなってしまった。ずっと前にはなっちゃんが呑み込まれた森。


--
 

 17時ちょっと前にシアターに到着。岡田(奈)へのささやかなプレゼントをインフォメに預けようとしたら、ルールが変わっていた。動揺した僕はいつものお賽銭を忘れてしまった。


 抽選は十何巡め。もう座れない。立ち見センターは生誕祭委員の面々でいっぱい。しかたなく上手立ち2列目くらいに場所を確保しようとしたら、係のお兄さんの「センターあとひとつ座席あります」の声。ためらうことなく着席。センターブロック座席最後方に着席できた。
 ほとんど立ち見センターと変わらない視界だ。こりゃすごい。


 生誕祭委員は、とても礼儀正しくていねいだった。それはおのれを律することでしか自分を愛することが出来ない岡田(奈)の有り様をを映しているかのようだった。


 アンコールの口上を述べたのは僕の斜め後ろに立つ女の子。
 岡田(奈)がいてくれたお陰で心に傷を抱えながらも何とかやって来られたファンがいてくれたからつらくても立ち続けることができた岡田(奈)がいてくれたお陰で…


 終わることのない支え合いの連鎖。決して陽性ではないが、アイドルとファンの幸福な絆だ。これこそ「会いに行ける」アイドルだけに許された特権なんだろう。

 
 岡田(奈)の生誕祭公演は過不足なく楽しかった。シアター中が親密な空気に包まれ、誰もが笑顔だった。


 涙をこらえた西野が意を決してその言葉を発する瞬間までは。
 ちきしょう。

森へ行こう

words

   どんな悲しみにも/希望があるように
   空の太陽は/見捨てはしないよ

 前回キャン待ち貰った時、「ふむふむ、そろそろご招待近いかな」という予感はあったんだけど、やっぱり嬉しい当選通知。しかも「うちの子」Team 4。6月以来3回目の「夢死な」公演ご招待。
 前回は彩希さんの生誕祭だった。今回は岡田(奈)の生誕祭。こりゃあついてる。


 最近田野ちゃんに痺れている僕だけれど、やっぱり古い付き合いのTeam 4は特別。西野もいるし。


 そういやあ西野、ちょっと前に「文春砲(プ」を喰らったって聞いたけど、元気かな。こっちはシアターで元気に飛び跳ねる西野を見に行くんだから頼むぞ西野。


 岡田(奈)は一時不調だったんだな。
 もともと食べられるものの少ない子で、4月の「夢死な」では座った場所のせいもあって、ほとんど見られなかった。6月に行った時には休演していた。


 岡田(奈)。
 かつてステージで「笑うのが苦手」と吐露した岡田(奈)。
 決して多くを語らず、ただ「ねだるな、勝ち取れ」と己を律してきた岡田(奈)
 彼女はその言葉通り選抜入りを勝ち取った。遅まきながら、よかったよかった。 


 明るさの底が抜けている西野と自分がどうしても好きになれない岡田(奈)。
 対照的だけど、ずっと気になっている2人に、また会える。
 ありがたいありがたい。
 もしもAKBにまだ語るべき物語があるとするならば、彼女たちは間違い無くその主人公であることは間違い無い。
 まだ語るべき物語はきっとある。あそこに行けばそれが実感できる。


 

 そう思っていたのに。
 ちきしょう。
 

« 2016年11月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ