4-2

2013年12月12日 (木)

手をつなぎながら

 「みなさん、こんばんは、AKB48 Team 4です!」


 シアターにその名が高らかに告げられた。
 かつてはシアターで名乗ることが許されなかった名。
 その名をここで聞くことができる日が、こんなに早く来るとは思ってなかったよ。
 だって誰に聞いても、AKBで今イチバンいけてる公演は「手をつなぎながら」だって言うんだもん。倍率考えると、そう簡単に当たるとは思わなかった。
 

 ありがとう、光宗大明神様。あと今日はいなかった峯岸坊主(もう坊主じゃねえや)観音様!
 ということで、12月11日、恐らく今年最後の公演当選。ちょっと早いクリスマスプレゼントを頂戴いたしました。


 シアター着17時ちょっと。
 インフォメでプレゼントを預ける。相笠さんに。なんか恒例になりつつあるけれど、昇格のお祝いのつもり。
 ほんとは16人全員にあげたかったのだけれど自重。
 相笠、僕が最初に見た「目撃者」公演で一番心に刻み込まれた人。
 あの頃はちっちゃかったけど、脊が伸びたよね。
 その後いっときはどうなるか心配なこともあったけど、「パジャマドライブ」からこっちまたよくなって来た。
 彼女は間違いなくAKBの宝だと思う。


 入場巡は憶えてません。ただ言えるのは、立ち見センター3列目が僕の定位置になりつつあるということ。なあに、ちゃんと両目で見えればいいさ。


 「手をつなぎながら」公演。


 オリジナルのS2とKII2はDVDで見てたし、Team H1はオンデマで何回も見てよく知ってるつもりだったんですが、やっぱり生で見ると違いますね。
 カワイらしい曲が全然カワイらしくないの。いや、見た目はカワイイんだけど、やってることがカワイクないというかハード。
 何ですか「チョコの行方」のあの高速ステップからの連続逆ターンからのもいちど高速ステップ、そしてジャンプ。あとスクワット。
 今まで気づかなかったけど、よく見るとスクワット多めだよねこのセトリ。カワイイカワイイ「大好き」でも軽くスクワット入ってるでしょ。半月板やっちゃうよおじさん。
 みんな要所要所ですげえ足上げるし。西野上げすぎ(うそうそ。もっとやりなさい)。


 梅田(た)。 
 うめだじゃないようめた。うめたん。
 「僕の太陽」公演では「愛しさのディフェンス」で相笠と、「パジャマドライブ」公演では「パジャマドライブ」で西野と組んでた梅田(た)。
 「手つな」公演では「Glory days」でついに相笠西野に取り囲まれちゃった梅田(た)。
 相笠のダンスは相変わらずキレキレ。見ようによっちゃ求道的でもある冴えたダンス。どこかに完成形のダンスがあって、そこに少しでも近づけよう、と努力しているかのような。客の目、というよりも相笠自身が厳しい目で見てる感じ。
 西野のダンスも相変わらずノリノリ。客の視線を爆釣りしながら楽しさを振りまくダンス。決まった形から常に離れようとしている。自由に、もっと自由にと言わんばかり。オーディエンスのスピリットと常に寄り添うような。
 パフォーマンスの点から言えば、間違いなくTeam 4のツートップですよね。
 うわあ、きっついなあ、この2人と一緒じゃあどうやったって埋没じゃん梅田(た)。
 そう思うでしょ。
 それがねえ、そうでもないの。梅田(た)、いけてるの。
 梅田(た)は相笠西野とは違う魅力で目を奪うんですよ。
 これまでじっくり見てこなかったからうまく言えないんだけど、カッコカワイイ、と言うべきなのかなあ。「うわうめたんイイじゃんカワイイじゃん」って瞬間が随所にあった。もうちょっとしっかり見なくっちゃだわうめたん。
 この「Glory days」、誰見ていいかわかんなくて困る。ホント困る。


 岩立。
 峯岸坊主観音様がお休みで「この胸のバーコード」センターでした。
 みぃちゃんには申し訳ないが、休んでくれてありがと。
 いいもの見た。
 さっほおー。男できただろ。できてない? 
 うっそだー。できたよー。
 何か前と違うぞ。あ、これ前に茂木でも感じました。
 とにかく色と艶がワンランクアップしてた。フルメンの曲だと目立たないんだけどね。


 岡田(奈)。
 「雨のピアニスト」じゃ野性バクハツだった。とにかくカッコいい。
 あと柔らかな笑顔がずいぶん増えた。
 「笑顔を作るのが苦手で」って悩んでたけど、そう、なぁちゃんは無理に笑わなくたっていいんだよ。ちゃんーんと花は咲きます。


 村山。
 「純情主義」では相笠に引っ張られてた感があったけど、もう完全独立ですよ彩希。
 「真っ赤なゆいりんご」やってたし。
 動きが格段によくなってる彩希。あんまりよくてカフスがスカートにひっかかっちゃたもの。
 「チョコ」じゃ14期を引っ張ってたもの。
 ハイタッチじゃ思わず声かけちゃったよ彩希。
 でもなんで「ゆいり」って読むのか、字の由来を尋ねてるんじゃないのに彩希。


--

 
 「鈴懸の木の道で『君の微笑みを夢に見る』と言ってしまったらちゃんちゃーらちゃんちゃんちゃんちゃん」が初日百万枚売り上げを達成しなかったとか、レコ大三連覇は絶望的とか、AKBは衰退期だとか、んなんどーでもどーでもいい。


 僕の言いたいのは、「パジャドラ」の時みたいに、お呼ばれはこれ1回きりというのは止めて下さいね、ということ。たのんますよホント。

2013年12月 8日 (日)

Glory days

words

   この今を青春と呼ぶのならば
   どうやって過ごせば輝くの?

 もうとうに「青春」という季節は過ぎ、「朱夏」どころか「白秋」、下手をすれば「玄冬」に差しかかっている身ではありますが、心の中に棲まう若者(ガキ)がお礼を言いたいと申しております。


 この1年遊んでいただきありがとうございました。
 さすがに涙に暮れるような出来事はありませんでしたが、公演には5回呼んでいただきました。
 松村先輩の晴れ舞台も目撃することができました。
 

 まだまだ先の話ですが、ヲタの血を引き継いだ孫ができたら、是非語りたいものです。
 「じいじはな、お前が今夢中になってるAKB48のいちばん最初の頃から見てたんだぞ。20年かけて、こないだやっとVIPにしてもらったんじゃぞ(認知症が進んでいるのか、ちょっと盛ってますね。ホントの最初は見てません)」と。


 8周年、おめでとうございます。
 次の1年もよろしくお願いします。

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ウェブページ

無料ブログはココログ