2014年8月18日 (月)

桜の花びらたち2014

words


 「桜の花びらたち」の話。
 まだお前は公演の余韻に浸っているのか、と言えばその通りなんですスミマセン。
 

 Team 8の公演を見て、この曲を聞いて、頭の鉢がまたぞろ開いてしまったみたい。
 

 僕、この曲好きなんですよ。「桜の花びらたち」。
 そりゃアヤをつけることもできますよ。秋元康だし。


 そもそも「花びらたち」ってなんだ「たち」って。
 「たち」ってのは人につける複数を表す接尾語であって、ものに「たち」をつけるのはおかしいだろ。
 百歩譲って、この「花びら」は「去って行く人」を象徴しているのだから、あえて人っぽく「たち」を付けました、てへ、というのならそれを受け入れてもいいが、「花びらが咲く」ってのはどういうことだ咲くのは「花」だろ花びらは咲かないだろ。


 なーんていろいろ文句言ってても、現場じゃでれっと見とれてたんですけどね、ちっちゃくフリコピしながら。


 そう、フリの話。


 この曲のフリは、比較的易しそうに見えます。というかハード的に難易度の高そうな動きはない。
 だから客はフリコピがしやすいよね。


 ただやる人にとってカンタンなフリなのかというと、ホントはそうじゃないのね。
 動きが速くて大きくて派手なダンスは、とにかく動きを憶えてその通りに動いてりゃまあ踊ってる風に見える。「フラゲ」のあっちゃんの真似とかね。
 反対に「桜の花びらたち」の所作は緩やかな分、粗が見えやすい。
 袖を通して帯を結べば浴衣着てますってことにはなるけど、要所がちゃんとしていないと、だらしない姿にしか見えないのと同じ。浴衣のだらしないのって、うんとカッコ悪いでしょ。
 

 でなきゃ夏先生に泣かされないよ。


 指でオーケーサインを作って、左右上下に振る、ってフリがあるでしょ。
 カンタンそうだよね。でもあれを雑にやると、指にばっちいのがついたのを振り払ってるように見えちゃう。
 この歌のPV、カットの半分くらいが練習風景なんだけど、この部分をみんなで真剣に合わせてるシーンがある。
 きっと夏先生に怒られたんだよね。
 「これは指で持ったベルを鳴らしてるの。そんなんじゃきれいな音しないでしょ!」って。


 僕が一番好きな部分は、ここ。 

   新しい世界のドアを/自分のその手で開くこと

 にも書いたけど、ここは手の動きで「扉」を開くところを表してる。


 スタンドマイクを使ったパフォーマンスの時は、「自分のその手で」のところで両手の甲を客席に向け、少し斜めに重ね合わせる。これが「扉」ね。
 その後手を下にくるりと回して、今度は客席に向かって手のひらを向けます。
 そしてさっき作った「扉」を開くように両手を広げる。この時歌詞はちょうど「開くこと」に当たってる。


 ハンドマイクを使っている時は、左手にマイクなので右手だけでこの動作をやります。


 いろんなTeam、いろんな人の「扉」を見たんだけど、僕がイチバン好きなのは、B2「会いたかった」公演での渡辺麻友。
 もしお手元に公演DVDがあれば、是非見て頂きたい。
 42分47秒あたり。左手にハンドマイクを持ってますので右手だけなんですけど、その所作の美しいこと優雅なこと。上手どなりの人(たぶん柏木)と比べると、その丁寧さがよく判ります。
 この場面だけ何回見直したことか。


 この部分、SKEバージョン(S1「PARTY」公演)では、最初から手のひらが客席に向いていました。これじゃ「扉」にならないじゃん。でもKII1「会いたかった」公演の「桜の花びらたち」ではちゃんと手の甲で「扉」を作ってたし、後にSKE全体で歌う時も、ちゃんと「扉」になってましたから、修正されたんでしょう。
 

 他のTeamではどうでしょう。
 

 難波では、二期生公演が「PARTYが始まるよ」でしたが、これは確認できませんでした。
 後のBII1公演につながる三期生公演が「会いたかった」で、この中で「桜の花びらたち」が歌われています。
 「会いたかった」の「桜の花びらたち」は、オリジナルではハンドマイクを使うのですが、BII1ではスタンドマイクを使っています。


 定跡通り手の甲を客席に向けて「扉」を作ります。
 作っているのは加藤夕夏。
 ずいぶん頑丈そうな「扉」ですよね、うーか。

Bii1


 ここから手を下にくるっと回して、

Bii2


 客席に向かって手のひらを開きます。

Bii3


 そこから両サイドに「扉」を開いて行く。

Bii4


 うーかは開くというより、「こじ開ける」感じ。


 次に博多。
 博多の研究生公演が「PARTYが始まるよ」でした。
 僕これ現場で見たもんね-。
 Team Hも、一周年記念公演で「桜の花びらたち」をやってます。宮脇が涙を必死にこらえながら歌った「桜の花びらたち」。
 その時の兒玉遥の「扉」。門扉が水平ですね、この「扉」。
 隣の村重がちゃんと斜めの「扉」を作ってますから、これははるっぴのクセなんでしょう。

Hk1


 くるっと回して表を向けて開く。

Hk2
Hk3
Hk4


 定跡通りです。

 でもこないだのTeam 8の公演、シアターであれっと思ったんです。
 ちょっと所作が違う。
 「扉」が見えない。

 家に帰ってオンデマの画像を確認しました。やっぱ「扉」が無い。

 栄での人見古都音(岡山県)です。
 すらっとしたべっぴんさんですよね、この人も。でもどっちが名前でどっちが名字なのかちょっと区別が難しい。ひとみことね。
 確認して見ると、やっぱり「扉」になってない。「ちょうだい」みたいな手の形。

81


 こっからくるっと回って手のひらをこっちに向けて開くのは同じ。

82
83
84


 この人だけのヴァライアンスかとも思ったんですが、そうじゃりませんでした。
 今日までのTeam 8の全公演をチェックしたんですが、やっぱり「扉」じゃなくて、みんな「ちょうだい」になってる。

80813
80805akb


 何でなんだろ?
 これが最新ヴァージョンってことなのかしら。


2012年6月11日 (月)

片思いの卒業式

words
video

 お祭り騒ぎはもうこの辺でお終いにして、日常生活に戻りましょう。
 僕の日常はまだK3あたりを漂っていたはずなんですが、もう1ヶ月以上もお留守にしていました。それくらお祭りが楽しかったってわけ。


 前曲「シアターパイレーツ」について書き残したことが三つ四つ二つくらいあるのだけれど、今更感がハンパないので、別の機会があればという大人の逃げ足でヨロシクです。


 と言うわけで、何事もなかったかのように「片思いの卒業式」。
 6月だというのに「片思いの卒業式」。
 アンコールはお約束ではあるものの、正規の曲はこれでお終い、区切りとなるM12。


 「シアターパイレーツ」の終り、「ヘイヘイヘイー」と拳を突き上げたメンバーは10人。気がついたらいつの間にか6人消えてます。全員曲のお終いのところで、何人か早退して裏で着替えてるの。A2であったよね、「JESUS」→「だけど…」のところ。
 急いで着替えた衣装はセーラー服。ここもA2の「だけど…」に似ている。アップテンポな曲の後の、ちょっと切ない学園ソングへの切り替え。


 ただ「だけど…」が服があくまでも「制服風」の衣装だったのに対して、「片思いの…」は間違えようのないセーラー服。Team Aよりは直球の学園メタファー。


 「友よ」のところでも触れたけれど、こういう衣装のちょっとした差違の中に、「お互いがライバル」からスタートしたTeam Aと、「Aチームに追いつくためのチームメイト」からはじまったTeam Kの違いが表われているようでもある(もっともTeam Aではわざわざデザインから起こして衣装を作ったが、Kではありもののセーラー服を使って経費を抑えた、という見方もあるけど。せめてスカーフ止めの刺繍くらい吊しのままじゃなく花文字のKとかにしてあげればよかったのにね)。


 歌い始めは上手から増田。それを受けて下手から大島(優)。

  目の前にいるのに/あなたは気づいていません
  こんなに大好きなこと/少しもわかっていません

 もうこの歌い出しだけで状況がわかる。まだ告白していない、すぐ近くにいる思い人。
 ちょっと引っ込み思案な女の子。いやいや、いつもは元気いっぱいな子なのに、自分の気持ちに気づいてから変わっちゃった? ひょっとしたら「彼」は「気になる転校生」だったのかも知れないね。
 なつかしのA1で言えば、「星の温度」(誰ですか、泣いている人は)。近くにいるのに気づいてくれない秘めた恋。


 ワンコーラスずつメンバーが歌い継いで行ってサビはコーラス。
 卒業式の「答辞」を聞いているようでもある。
 でもよく歌詞を読むと、これって卒業式の歌じゃないんだよね。タイトルは「卒業式」だけど、歌われているのは「もうすぐ卒業式」のある日の一コマ。


 もちろん二人っきりじゃない。何人かの仲間たち。部室かな。帰宅途中の喫茶店かな。誰かがココアを飲んでいる。
 そんな中、彼女はやっとの思いで話しかける。

  「もうすぐ 卒業式だね」/それしか言い出せなかった

 「うん、そうだね、何だかあっと言う間だったね」
 そこから話の穂を接ごうと思ったのに、誰かが横から口を挟む。
 「そういや、お前転校してきたばかりのこと憶えてっか?」
 「何よ?」
 「年末の忙しい時期に転校して来て、間の悪いヤツだなあってみんな言ってたんだぜ」
 「ええーそうなの、ひっでえな」…
 彼女の言葉は雑談の中に埋もれて彼には届かない。


 「その恋をあきらめるな」でも「頑張って上に行こう」でも「努力は必ず報われる」でもない、派手では無く、何の事件も無く、何の決意表明があるわけでもない。実ることのない少女の片思いを巡る小さな小さな日常のスケッチ。

  落書きされた教科書/貸したままのハンカチ
  けんかした文化祭

 誰にでも心当たりのある思い出の断片が、ちくりと胸を刺す。誰の心の中にもしまってある、成就しなかった幼い恋。

  今なら言えるのに/心が叫んでる
  思い出は いつも忘れものばかり

 そう、今なら言えるのに、今ではもう遅い。
 秋元康のペンは、こんな時とても優しい。やっぱ先聖先生ってば非モテ系だったんじゃないの?

  「春には 会えなくなるんだね?」/もう一度 言ってみたけれど
  その旅立ちに大人の顔をした

 せいいっぱいの思いを込めて、もう一度問いかけてみた言葉。
 「何言ってるんだよ、また会えるって」。
 そう答えなかった彼は、ひょっとしたら少女の思いに気づいていたのかも知れない。


 K3公演のDVDには、別の日に撮影された映像がちょくちょくインサートされている。でもこの曲に関していえば、少なくとも客席が映っている場面の白いサイリウム、泣き声の小野などのシアターの様子はさむ氏による千秋楽の記述の通りだ。


 白のサイリウムはこの曲のためだけに、有志が用意したものだという。
 曲のエンディング、ステージ後方から射す白いピンスポットに浮かび上がる16本の白いスカーフと客席の白いサイリウム。まるで夢の中の一コマのように美しい。
 

 K3千秋楽、この歌の時ステージには、Team Kの全メンバーが揃っていた。
 その中には長期療養中で戦列から離れていた梅田、その日を最後にAKBを「卒業」することになる今井と高田もいた。


  この時、K3の後、Team KとTeam Aは合流して「ひまわり組」を結成することが決まっていた。Aのエースであった中西と、Bのツインタワー秋元(オ)と宮澤からなる3人組スピンアウトユニット、「Chocolove from AKB48」は、K3の千秋楽を待たずにデビューしていた。KとAの融合はすでに始まっていたのだ。


 その後の歴史を知る僕らは、H1、H2という壮大な実験を経て、Team Kが再び立ち上がり、K4、K5という花を咲かせたことを知っている。

 しかし当時のメンバー&ファン(おそらく秋元御大も)にとってみれば、この日がTeam Kにとって最後の日だった。

チームKとしての活動は今日で終わってしまうのは、正直寂しい。
メンバー個々も好きであったし、それ以上にチームとしてのチームKが好きだった。ファンや会場の雰囲気も含めて。
(中略) チームとしての活動は終わってしまうが、チームKは16人だったという事実は今後も変わらない・・・

  だからこそ「卒業」の二文字には万感の思いが込められていたのだろう。

2011年3月27日 (日)

桜の木になろう2

words
video 

 に書いたときは、PVに引っ張られて「去っていった者=死んじゃったジュリ」の物語を読み取った。でもこの歌の主人公は「僕」なんだよね。この僕って誰? ってことを考えてなかった。

永遠の桜の木になろう/そう僕はここを動かないよ
もし君が心の道に迷っても/愛の場所がわかるように立っている

 別に難しい歌詞じゃない。これが「卒業ソング」であることを踏まえれば、この「僕」は、「一人歩き始める君」を送り出してここに留まる人=「先生」のことなんだとわかる。


 そっか、これは卒業生を送り出す先生の歌だったんだ。


 もう少し「卒業」の意味を広げるとするならば、たとえば「家庭からの卒業」。春になって、自立をはじめる全ての子どもたちを送り出してここ(家庭)に留まる人って言えば、お父さんだ。


 これはお父さんの歌でもある。
 ストレートに先生とかお父さんの歌じゃあちょっとマーケッティング的にナニだからそうは言わないんだろうけれどね。でも歌詞の意味を考えれば自然にそうなる。


 そういえば、PVにもちゃーんと出てきてたっけ。
 余計なことばっか言って、ちょっと空気が読めないけれど、亡くなった娘の友人にありったけの愛情を注ごうとする、ジュリのお父さん。


 突然やってきた卒業生に、気にしている薄くなった頭髪について突っ込まれて「泣いちゃうよ」と文字通りの泣き言を言う先生。花びら=髪の毛 とするならば、それが全て散ってしまっても、ちゃーんと 枝が両手=ハゲた頭 で待ってくれてるって。


 「僕」たちは、「ここ」に留まって君たちを見守っている。道に迷ったら戻っておいで。ここがスタートだよ。ここから辿り直せば、どんな迷路だって恐くない。
 そしてそれら全ての象徴が、校庭にたたずむ桜の木ということ。


 先生、そしてお父さん。
 ところでAKBの身近にそういう人はいないかな?

 
 そう、それは秋元康そのもの。


 そもそもAKBとは、そこがゴールなのではなくて、そこから巣立っていくもの、であった。最近はAKB自体が目的になりつつあるようだけど、本来はそうじゃない。AKBは、彼女たちが多彩な表現者として育っていくための学校だ、というのが秋元の考えだった。


 秋元のことを、「アイドルを食い物にする」などと悪く言う人がいる(まあ実際一人食っちゃったのはホントだけどさ。そのせいで今でも秋元許さないという男、もう40代だぜ、を一人知っている)。でも忘れちゃいけないのは、誰が何と言おうと、秋元康こそが永遠のトップアイドルヲタであるという事実。彼はアイドルが大好きで大好きで仕方ないんだ(もちろん算盤もはじく)。


 メンバーにはわからないかもしれない。でも秋元はおニャン子を体験し、モー娘。横目で眺め、その他ギョーカイの有象無象の流転を知っている。手塩にかけた、娘のような女の子たちの行く末を、彼が案じていないはずはがない(りなてぃんのことだってきっと忘れてないよ)。


 遠くない将来、AKBを卒業していくメンバーに対し、秋元からあらかじめ贈られたギフト。
 それが桜の木だ。

2011年3月26日 (土)

桜の木になろう

words
video 

 高校を卒業して2年後の春先のある日、交通事故で亡くなったクラスメート(ジュリ)の墓参りに仲良し5人が集まる。OLの敦子、高卒後すぐに出産した優子、大学生のみなみ、浪人中の春菜、ホテルのバーで働く友美。

 毎年の行事だったのだが、年々参加者が減っていくことや、参加したメンバーの中でも悲しみが薄れていくことに敦子は寂しさと憤りを隠せない。
 ジュリの両親の家へ行った後、5人は母校を訪れ、そこで懐かしい桜の木に再会した。
 

 亡くなった後もちょっとずつ生きている人に関わって来たジュリ。
 父の手に手を添えて母の肩を抱かせたり、試験問題に悩んでる春菜と一緒に頭をひねったり(でもジュリにもわからないので役に立たないね)、みなみの思い人に働きかけて隣に座らせて恋のアシストをしてみたり。


 でも優子の娘がむずがったときには、ジュリはどうしたらいいかわからなかった。そりゃそうだ。こんなのは母親じゃなきゃどうしようもできない。ジュリにできるのは見守ることだけだった。
 仕事中の友美を元気づけようとした時も、ジュリの出る幕は無かった。友美のかたわらには、生きて友美を支えてくれる人がいるのだから。

 ジュリは最後に敦子のもとを訪れる。敦子に、敦子にだけわかる「しるし」をたずさえて。
 それは桜の花びら。夢を思い出すための栞。それが舞っているのを見つけたら敦子はきっとジュリを思い出すだろう。


 でもジュリは花びらをそっとポケットにしまった。そう、もうジュリにできることはない。
 少しずつ時は流れ、少しずつ人は変わっていく。
 変わらないのは去っていった人と思い出だけ。


 校庭の懐かしい桜の木の下で、5人はジュリを見送る。ありがとう。さようなら、私たちはもう大丈夫。

永遠の桜の木になろう/そう僕はここを動かないよ
もし君が心の道にまよっても/愛の場所がわかるように立っている

 そういえば、ライダーさんもまた、「永遠の味方」だったっけ。
 生き残った者には、去っていった人の分も夢を見るという勤めがある。

人はみな胸に押し花のような/決心をどこかに忘れている


 ちょっと舌っ足らずな表現だけど、要は「人は誰でも胸に押し花のような決心を抱いているのに、それがどこに行ってしまったかのように忘れている」ということだよね。
 それを思い出させるのはもちろん桜の栞
 それにしても秋元康は、折にふれて夢を忘れていることを責めるよね。キビシイよね。
 

2011年3月16日 (水)

会いたかった3 

 こんなご時世だけど、今日もしつこく「会いたかった」。
 本当だったらA1の5曲目、「クラスメイト」の順番なんだが。

 昨日、一昨日と「会いたかった」の意味を考えるあまり、公演での「会いたかった」に触れることができなかった。今朝、全く動かない給油の列に並びながらもう一度見直した。

 2曲目の「涙の湘南」が終わって大島、折井、小島、佐藤、篠田がはけると、自転車のベルの音が鳴り、残りのメンバーが飛び出してくる。溌剌という言葉がこれほどぴったりくる登場はない。見ていると自然に笑みがこぼれてくるような。ライブで見た人は、どれほどか楽しかったろう。
 ダンスは、RiverとかBeginnerとかを知っている今からしてみれば、驚くほど稚拙で不器用だ。

そんな上手に/話せなくてもいい
ストレートでいい

 しかしそれが当時の、未熟だがエネルギーいっぱいのAKBに似つかわしかったのだろう。
 完成されてブラウン管(今日的表現では「モニター」だね)の向こうにいるアイドルではなく、未熟だが元気いっぱいで、「会いに行ける」アイドル。途中の、手を振るフリでは、本当にファンを見つけて手を得振っているようだ。好きならば好きだと言おう、のところで、先ほどはけた4人も着替えて入って来て、全メンバーが揃って歌い上げる。
 2番(第2スタンザ)のセンターは篠田だ。長身を生かして力強い。Beginner の篠田verもそうだが、彼女がセンターで熱唱していると他のメンバーはみんなバックダンサーに見えちゃうね。

 ファンたちの気持ちはまさに、「君たちに会いたかった」だったろう。
 AKBとファンたちの、幸福だった関係を象徴する1曲だねえ。
 
 ちなみにスタンド、今日は閉店でした。

 おまけ
 地震の直前に館山に行ったときの記録

 洲崎灯台:全員のダンスシーン、高橋&大島(優)が最初にいるところ。

 PVのシーンのプリントアウト:灯台にあるテラスの土台部分に貼り付けてあった。誰かのおみやげ。

 カフェ ハーフムーン:窓の外を駆け抜ける高橋&大島(優)を、篠田ほかが眺めていた店。閉まっていました。

 那古の踏切:高橋&大島(優)が走っている道に見えた踏切。

 那古船形駅:高橋&大島(優)のゴール地点。先輩の乗った電車には間に合いませんでした。ロケ当時は木造そのままの色でしたが、最近水色に塗り替えてしまって、イメージが少し違うかも。

ps. 2011-03-22
 「会いたかった」ロケ地についてアル氏の詳細なレポートを発見。なるほど、内田センセイの言うとおり「先行研究は贈り物」である。
 アルさん、すばらしい贈り物をありがとうございました。
 

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ