なっちゃん

2015年5月29日 (金)

抱きしめちゃいけない

 うひゃあ。
 去る者日々に疎しとは言うものの。
 なっちゃんのバースデイを失念するっちゃどういうことよ。


 今日、仕事の帰りにふいに「マジジョテッペンブルース」が聞きたくなっちゃったの。
 で、その流れでシングルのカップリング曲をずっと聞いてた。
 しみじみ浸って聞いてた。
 タイトル曲よかカップリング曲のPVの方がずっと印象に残ってるなあ、「君について」とか何回見たろう、とか。
 「野菜シスターズ」の野菜、すいぶん忘れてるなあ、とか。


 で、流れてきた「抱きしめちゃいけない」。略して「めちゃいけ」。カット無し長撮りの絵がぽーんと頭に浮かんできて、その中にいた26位のなっちゃん。
 ブランコに座った瞬間にぶるんと揺れる木。

 
 やっべ、誕生日昨日だ。
 なに忘れてんだよなあ。
 ちょっと遅くなりましたが、お誕生日おめでとう、なっちゃん。


 「Vamos」でエキストラ役の男の子になってたなっちゃん。落とした鞄のチャームにちらりと写った小さな写真、たぶんあれなっちゃんだったよなあ。


 で流れた「羊飼いの旅」。
 どうか、迷える子羊を見捨てないで下さいって羊飼い秋元先聖先生に願ったんだっけなあ。そん時にはもうなっちゃんはいなかったけれど。


 その後流れてきた、耳に残るイントロ。「ぐぐたすの旅」だ。
 松村先輩の出世作。これも見たよね。何回も見た。

 
 「夢の河」。ああ、あっちゃんのこのファルセットの出し方好きだったな。
 そして「ドレミファ音痴」。疾走する松村先輩。
 この辺まではじっくり聞いてたんだけど、そっから先はスキップスキップでスルー。スキ!スキ!スキップ!で既読スルーじゃないぜ。

 
 やっとひっかかった「LOVE修行」。劇場盤なんでPVなかったんだっけこれ。アンパンマン西野のシュシュシュシュシュシュが見たかったのにな。
 そっから先はほとんど印象なし。かろうじて「Party is over」がちょっと思い出せるくらい。
 あ、名曲「2人はできてる」があったっけ。


 「僕たちは戦わない」、一枚も買ってないもんなあ。
 聞いたらがっかりするんかなあ。
 でも「うちの子」島崎がついに実力で「黄金センター」を掴んだ曲だからなあ。聞いてやんなきゃいかんよなあ。あ、横道と永野が出てるヤツだけでも買うかな。うん、そうしよ。

2014年5月28日 (水)

涙サプライズ!3

words
video


   Happy! Happy birthday/1人きりじゃないんだよ
   つらいことに巡り合ったって/ほら 見回せば
   僕たちがそばにいる

 いろんなことが、ビックリするように変わって行くけれども、変わって行かないこともあります。
 人を傷つけるのも、人を癒すのも、やっぱり人だってことですよね。


 おめでとう、なっちゃん。

2013年8月23日 (金)

パジャマドライブ

words
video
Tags:なっちゃん

  「どうしても会いたかった」と

   無茶ばかり言う人

 


 無茶というか無理というか無駄というか、願っても叶わないことだと思っていたのに。

2013年5月28日 (火)

涙サプライズ!2

words
video

   Happy! Happy birthday
   グッドラックを君に!

 また会えたことが、本当に嬉しいです。
 ありがとう。


 「痛み」もその人の一部。それを忘れるのはいいけれど、「なかったこと」にしてはいけない。
 AKBという組織にとってもそう。


 あなたが去って行ったこと、それはあなただけでなく、多くの人々に取って身が引き千切られるような痛みでした。
 その痛さは、癒され忘れ去られるべきこと。
 でもその痛みが「なかったこと」にされてはいけない。
 その痛みも、間違いなくAKBの一部なのだから。


 一番エライ人はそれがよく判っていて、決して「なかったこと」にはしないんだけどね。でもあのおっさん忙しすぎて目が届かないから。んで中途ハンパにエライ人が、「なかったこと」にしたがるんだよねえ。


 今度のあなたの「立候補」は、あなたと多くの人々の痛みが、ちゃーんとAKBの一部であることを思い出させてくれました。
 ひょっとしたら辛い決断だったかも知れません。
 でも、また会いに来てくれて、ありがとう。


 順位?


 秋葉原のシアターの舞台に聞いてごらんよ。
 出演回数838回。
 投票を待つまでもなく、あなたは輝く「シアターの女神」第1位です。


 ありがとう、なっちゃん。 

2013年4月 7日 (日)

うおおおおおおおおお

うおおおおおおおおお


落ち着け落ち着け>俺。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うおおおおおおおおお

2012年5月28日 (月)

涙サプライズ!

words
video

  Happy! Happy Birthday/1人きりじゃないんだよ
  つらいことに/巡り合ったって
  ほら、見回せば/僕たちが傍にいる

 ゆっくりでいいから、あなたの夢が叶いますように。

--

 選挙選挙で浮かれてたら、こんな拾っちゃった・゚・(ノД`)・゚・。

2012年2月 5日 (日)

忘れてしまう前に

少したらみんな忘れてしまうから
きっと僕もすっかり忘れてしまうから
そうなる前に書いておこう


なっちゃんのこと


2005年12月8日
はじまりの日
秋葉原の
シアターの舞台よ
あなたは覚えているだろう
きらきら輝く笑顔たちの陰
一番後ろの端の方で
ぴょんぴょんと跳ねていた女の子を


まるでそうすることによって
もっと高く
もっともっと高く
高い高いところの夢に手が届くといわんばかりに
ぴょんぴょんと
その日から毎日毎日
ぴょんぴょんと跳ね続けていた女の子を
流し続けた
その汗を
その涙を


シアターの舞台よ
あなたは覚えているだろう
それがなっちゃんだった


眩しいスポットライトを
浴びることはあまりなかったが
他の誰よりも多くシアターに立ち続けた
それがなっちゃんだった


とびっきりのべっぴんさんというわけではなかった
かかとに羽根が生えたような軽やかなステップは踏めなかった
一輪車は得意だったけど)
歌い出しを時々間違えた
でもその声は遠くまで届いた
遠く遠く離れた僕たちのところまで
それがなっちゃんだった


ある者は美しさを誇り
ある者は澄んだ声を響かせ
ある者は彫像のようにたたずみ
ある者は華やかに踊り
ある者は溢れんばかりの恩寵を受けた
それら以外の者
それがなっちゃんだった


大人の都合に振り回され
こどものわがままをなだめすかし
遅れる者の手を引き
傷ついた者をいたわり
涙流す者を抱きしめ
去ってゆく者を見送り続けた
それがなっちゃんだった


暗い夜空に星々がきらめく
その傍らにひっそりと光る
小さな青白い星
目立たない星
でも僕たちは知っていた
その星の温度を
そばにいる者を温める穏やかなぬくもりと
何もかも焼き尽くす内に秘めた熱を
その星がなっちゃんだった


はじまりの日から
二千と二百五十日め
2012年2月5日
お別れがやって来た
今日


今日から先も
賑やかなバンドを引き連れて
PARTYは続く
たくさんの水を後ろに残して
船は進む
そして少ししたら僕たちは忘れてしまうだろう
そこにはなっちゃんがいないことを


そこにはなっちゃんがいない
そこにはなっちゃんがいない
そこにはもうなっちゃんはいない


夜空の片隅の黒い黒い場所
かつてそこに確かにそれはあった
まるで何者かが闇の底を切り取って
べっとりと貼りつけたように
絶望と同じ色になった夜空のその場所に
かつて目立たない小さな星が
確かにあった


少ししたら僕たちは忘れてしまうだろう
そこにそれがなくなっていることを
そこになっちゃんがいないことを


秋葉原の
シアターの舞台よ
あなたは覚えていてくれるのだろうか
夢に向かって
ぴょんぴょんと
ぴょんぴょんと跳ね続けていた女の子が
誰よりも
あなたを愛していた
一人の
小さな女の子が
もういないことを


それがなっちゃんだった

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ